出版案内
福祉事業団
47NEWS

「不安」の脳内物質を特定 生物進化に関係も

 大脳皮質の層構造を作り出すタンパク質「Reeli(リーリィン)n-Da(ダブ)b1」(Dab1)が統合失調症などの精神疾患や不安情動に関係していることを滋賀医科大の勝山裕教授(神経解剖学)らが突き止めた。このタンパク質の研究が進むと、精神疾患発症の解明や治療法の確立に役立つとしている。英科学誌に発表した。

 実験では、正常なマウスと大脳皮質のDab1が欠損したマウスを用意し、音を鳴らした後に電気が流れる実験箱に入れた。正常なマウスは、箱に入ると体を緊張させるようになった。

 一方、Dab1が欠損したマウスは箱に入っても体は緊張しなかった。統合失調症や自閉症などの症状にもみられる、文脈依存的な記憶の機能低下が起きたことを示した。

 また、マウスは高い場所を嫌がる傾向があるが、高所を橋で渡る行動実験で、Dab1を欠損したマウスは高所を怖がることなく行き来した。Dab1の欠如が不安を低下させていると分かった。

 勝山教授は「不安を感じることで大脳皮質が発達した可能性があり、動物の進化に関係するかもしれない。生物学的にも興味深い結果を得られた」と話した。今後、Dab1の分子機構の解明を目指す。

【 2016年03月17日 12時15分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      選挙へ若人、語る伝える 京都のラジオ、市民団体企画

      20160627000016

       7月10日投開票の参院選に向けて、京都市内の市民グループが、若者の声を発信するラジオ番..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日比野、リオ五輪推薦打診に感激
      女子テニス

      20160627000013

       【ウィンブルドン共同】テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権に出場する女子シング..... [ 記事へ ]

      経済

      市場安定へG20の協調訴え
      中国、指導力発揮狙う

      20160626000089

       【天津共同】中国の李保東外務次官は26日、英国の欧州連合(EU)離脱問題をきっかけに混..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      キキョウ、晴れ間の彩り 京都・天得院

      20160626000116

       京都市東山区の東福寺塔頭・天得院で、キキョウが見頃を迎えている。連日の雨で深みを増した..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      大規模私大、定員増の動き 国の抑制策控え、京都の2校も

      20160626000005

       文部科学省による大規模大学の定員超過抑制策の本格導入を前に、大規模校(収容定員8千人以..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      群大手術死、医師に説明要求へ
      遺族会を結成

      20160626000103

       群馬大病院で男性医師(退職)の手術を受けた患者が相次いで死亡した問題で、一部の遺族らが..... [ 記事へ ]