出版案内
福祉事業団
47NEWS

「不安」の脳内物質を特定 生物進化に関係も

 大脳皮質の層構造を作り出すタンパク質「Reeli(リーリィン)n-Da(ダブ)b1」(Dab1)が統合失調症などの精神疾患や不安情動に関係していることを滋賀医科大の勝山裕教授(神経解剖学)らが突き止めた。このタンパク質の研究が進むと、精神疾患発症の解明や治療法の確立に役立つとしている。英科学誌に発表した。

 実験では、正常なマウスと大脳皮質のDab1が欠損したマウスを用意し、音を鳴らした後に電気が流れる実験箱に入れた。正常なマウスは、箱に入ると体を緊張させるようになった。

 一方、Dab1が欠損したマウスは箱に入っても体は緊張しなかった。統合失調症や自閉症などの症状にもみられる、文脈依存的な記憶の機能低下が起きたことを示した。

 また、マウスは高い場所を嫌がる傾向があるが、高所を橋で渡る行動実験で、Dab1を欠損したマウスは高所を怖がることなく行き来した。Dab1の欠如が不安を低下させていると分かった。

 勝山教授は「不安を感じることで大脳皮質が発達した可能性があり、動物の進化に関係するかもしれない。生物学的にも興味深い結果を得られた」と話した。今後、Dab1の分子機構の解明を目指す。

【 2016年03月17日 12時15分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      舛添氏の疑惑調査に元検事2人
      政治資金問題

      20160525000116

       東京都の舛添要一知事は25日、自身の政治資金疑惑などに対する調査を、元検事の弁護士2人..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      福知山成美の阪本・津本組、韓国でV2 ソフトテニス・女子個人

      20160524000123

       韓国・聞慶市で行われたソフトテニスの大会「第94回東亜日報旗」(10~15日)で、京都..... [ 記事へ ]

      経済

      トヨタ、マレーシア工場新設発表
      中間層に厚み、需要拡大見込

      20160525000079

       【クアラルンプール共同】トヨタ自動車は25日、マレーシアに新工場を建設すると発表した。..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      真宗仏光寺派、新門に渋谷覚氏 

      20160525000080

       真宗仏光寺派(本山・仏光寺、京都市下京区)は、次の門主となる新門に、渋谷恵照(えしょう..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生数低迷、老朽化…京大など原子力教育先細りも

      20160524000131

       東京電力福島第1原発事故後、約2年間止まっている京都大と近畿大の研究用原子炉が原子力規..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      がん治療薬、効くかどうか判別 京大、手法確立つながる成果

      20160525000086

       がん治療薬「抗PD―1抗体」(一般名ニボルマブ)が良く効く患者を選ぶことが期待できる方..... [ 記事へ ]