出版案内
福祉事業団
47NEWS

「不安」の脳内物質を特定 生物進化に関係も

 大脳皮質の層構造を作り出すタンパク質「Reeli(リーリィン)n-Da(ダブ)b1」(Dab1)が統合失調症などの精神疾患や不安情動に関係していることを滋賀医科大の勝山裕教授(神経解剖学)らが突き止めた。このタンパク質の研究が進むと、精神疾患発症の解明や治療法の確立に役立つとしている。英科学誌に発表した。

 実験では、正常なマウスと大脳皮質のDab1が欠損したマウスを用意し、音を鳴らした後に電気が流れる実験箱に入れた。正常なマウスは、箱に入ると体を緊張させるようになった。

 一方、Dab1が欠損したマウスは箱に入っても体は緊張しなかった。統合失調症や自閉症などの症状にもみられる、文脈依存的な記憶の機能低下が起きたことを示した。

 また、マウスは高い場所を嫌がる傾向があるが、高所を橋で渡る行動実験で、Dab1を欠損したマウスは高所を怖がることなく行き来した。Dab1の欠如が不安を低下させていると分かった。

 勝山教授は「不安を感じることで大脳皮質が発達した可能性があり、動物の進化に関係するかもしれない。生物学的にも興味深い結果を得られた」と話した。今後、Dab1の分子機構の解明を目指す。

【 2016年03月17日 12時15分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      北陸新幹線ルート、京都と滋賀“火花” 県効果試算に府が不快感

      20160926000161

       北陸新幹線の敦賀-大阪間延伸で、国がルート調査の検討対象としている3案について、滋賀県..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、クルム伊達が離婚
      膝の手術からリハビリ中

      20160927000005

       女子テニスのクルム伊達公子(エステティックTBC)が27日付の自身のブログで、自動車レ..... [ 記事へ ]

      経済

      シーシーエス新社長に大西氏

      20160926000144

       シーシーエスは26日、各務嘉郎社長(69)が退任し、後任に大西浩之常務(51)を充てる..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      チョコ色香る着物 京都の和装デザイナー、丹後ちりめんで制作

      20160926000070

        チョコレートの原料のカカオ粉末を使って生地を染め、特有の香りも残した丹後ちりめんの着..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      植民地史料、ウェブで共有 立命大教授ら計画 

      20160923000038

       日本の植民地支配に関する史料の情報を、韓国や台湾などの研究者とウェブ上で共有する取り組..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      乾電池で飛行、ギネスに挑戦
      パナと東海大、10キロ以上目標

      20160926000145

       パナソニックは26日、東海大の学生と組み、乾電池を動力源とした固定翼航空機による飛行距..... [ 記事へ ]