出版案内
福祉事業団

「不安」の脳内物質を特定 生物進化に関係も

 大脳皮質の層構造を作り出すタンパク質「Reeli(リーリィン)n-Da(ダブ)b1」(Dab1)が統合失調症などの精神疾患や不安情動に関係していることを滋賀医科大の勝山裕教授(神経解剖学)らが突き止めた。このタンパク質の研究が進むと、精神疾患発症の解明や治療法の確立に役立つとしている。英科学誌に発表した。

 実験では、正常なマウスと大脳皮質のDab1が欠損したマウスを用意し、音を鳴らした後に電気が流れる実験箱に入れた。正常なマウスは、箱に入ると体を緊張させるようになった。

 一方、Dab1が欠損したマウスは箱に入っても体は緊張しなかった。統合失調症や自閉症などの症状にもみられる、文脈依存的な記憶の機能低下が起きたことを示した。

 また、マウスは高い場所を嫌がる傾向があるが、高所を橋で渡る行動実験で、Dab1を欠損したマウスは高所を怖がることなく行き来した。Dab1の欠如が不安を低下させていると分かった。

 勝山教授は「不安を感じることで大脳皮質が発達した可能性があり、動物の進化に関係するかもしれない。生物学的にも興味深い結果を得られた」と話した。今後、Dab1の分子機構の解明を目指す。

【 2016年03月17日 12時15分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      民進「牙城」に自民公募挑む 衆院京都2区、党府連が繁本氏擁立

      20170118000158

       自民党京都府連は18日、次期衆院選で京都2区の立候補予定者に、衆院議員秘書の繁本護氏(..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大坂なおみ、2回戦で敗れる
      全豪テニス第4日

      20170119000037

       【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第4日は19日、メルボルンで行われ、女子シングル..... [ 記事へ ]

      経済

      米、年前半の追加利上げも
      FRB議長「景気次第」

      20170119000028

       【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は18日、米西部サンフラ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      3年ぶり、節分の夜に火柱 京都・吉田神社、古札焚き上げ復活

      20170119000022

       京都市左京区の吉田神社は、立春を迎える神事の火炉祭を従来の形に戻し、今年から再び、大量..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      獅童さん、歌舞伎のこころ語る 京都文教大で講演

      20170119000046

       歌舞伎俳優の中村獅童さん(44)が「歌舞伎と日本的精神性」をテーマに語る講演会が18日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      暖冬影響? 水鳥の姿激減 滋賀・草津の琵琶湖岸

      20170119000030

       今冬、滋賀県草津市の琵琶湖岸に飛来する水鳥が激減している。「冬の使者」と呼ばれる渡り鳥..... [ 記事へ ]