出版案内
福祉事業団

「不安」の脳内物質を特定 生物進化に関係も

 大脳皮質の層構造を作り出すタンパク質「Reeli(リーリィン)n-Da(ダブ)b1」(Dab1)が統合失調症などの精神疾患や不安情動に関係していることを滋賀医科大の勝山裕教授(神経解剖学)らが突き止めた。このタンパク質の研究が進むと、精神疾患発症の解明や治療法の確立に役立つとしている。英科学誌に発表した。

 実験では、正常なマウスと大脳皮質のDab1が欠損したマウスを用意し、音を鳴らした後に電気が流れる実験箱に入れた。正常なマウスは、箱に入ると体を緊張させるようになった。

 一方、Dab1が欠損したマウスは箱に入っても体は緊張しなかった。統合失調症や自閉症などの症状にもみられる、文脈依存的な記憶の機能低下が起きたことを示した。

 また、マウスは高い場所を嫌がる傾向があるが、高所を橋で渡る行動実験で、Dab1を欠損したマウスは高所を怖がることなく行き来した。Dab1の欠如が不安を低下させていると分かった。

 勝山教授は「不安を感じることで大脳皮質が発達した可能性があり、動物の進化に関係するかもしれない。生物学的にも興味深い結果を得られた」と話した。今後、Dab1の分子機構の解明を目指す。

【 2016年03月17日 12時15分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      熊本電鉄、藤崎宮前駅付近で脱線
      発車直後、乗客約50人けが

      20170222000170

       22日午後9時半ごろ、熊本市中央区の熊本電鉄藤崎宮前駅付近で、同駅発御代志行き電車が脱..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      アルペンで小山が金メダル
      札幌冬季アジア第4日

      20170222000118

       札幌冬季アジア大会第4日(22日)アルペンスキーの男子大回転で小山陽平(北海道・双葉高..... [ 記事へ ]

      経済

      指紋決済、大規模展開へ
      インドネシアで本格運用

      20170223000006

       ITベンチャー、リキッド(東京)がインドネシアで指紋認証による大規模な決済サービスの展..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「ちはやふる」舞台の大津市、ロケ大賞グランプリ受賞

      20170222000155

       映画やドラマのロケ地をまちおこしに生かしている地域に贈られる「第7回ロケーションジャパ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      一足早い春、京都で笑顔弾ける 公立高前期選抜で合格発表

      20170222000159

       京都府内の公立高入試で前期選抜の合格発表が22日、54校であった。全日制と定時制の計5..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      建設中の中間貯蔵施設公開、福島
      除染廃棄物を保管

      20170222000120

       環境省は22日、東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土壌や草木などの廃棄物を保管す..... [ 記事へ ]