出版案内
福祉事業団

iPS細胞でがん化再現 京大、肉腫の治療薬に期待

肉腫から作製したiPS細胞(上)は、骨(赤い部分)へと変化する割合が、正常なiPS細胞(下)に比べて小さかった=山田研究室提供
肉腫から作製したiPS細胞(上)は、骨(赤い部分)へと変化する割合が、正常なiPS細胞(下)に比べて小さかった=山田研究室提供

 骨や筋肉のがんである肉腫のマウスからiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り、がん化を再現することに京都大iPS細胞研究所の山田泰広教授や大学院生の河村真吾さんのグループが成功した。肉腫の治療薬の開発などにつながる成果で、米科学誌ステムセル・リポーツで18日発表した。

 子どもに発症する骨のがんで2番目に多い「ユーイング肉腫」では、特定の二つの遺伝子の断片が融合した遺伝子が患者の8~9割に見つかっており、がんの原因の一つとされている。

 グループは、融合遺伝子に加え、さらに複数の遺伝子変異を持つことでユーイング肉腫を発症するマウスの細胞から、iPS細胞を作製した。このiPS細胞を骨に誘導しようとすると、がん化することを確認した。融合遺伝子が働かない状態ではがん化しない一方で、がん化しても融合遺伝子の働きを阻害すれば、がんが骨へと変化することも分かった。

 山田教授は「融合遺伝子に加え、骨への変化を阻害するような遺伝子の傷も肉腫の形成の大きな要因になっていると考えられる。今回開発したモデルを利用して、がん化を抑える化合物を探すことができる」と話している。

【 2016年03月18日 08時22分 】

ニュース写真

  • 肉腫から作製したiPS細胞(上)は、骨(赤い部分)へと変化する割合が、正常なiPS細胞(下)に比べて小さかった=山田研究室提供
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      熊本電鉄、藤崎宮前駅付近で脱線
      発車直後、乗客約50人けが

      20170222000170

       22日午後9時半ごろ、熊本市中央区の熊本電鉄藤崎宮前駅付近で、同駅発御代志行き電車が脱..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      アルペンで小山が金メダル
      札幌冬季アジア第4日

      20170222000118

       札幌冬季アジア大会第4日(22日)アルペンスキーの男子大回転で小山陽平(北海道・双葉高..... [ 記事へ ]

      経済

      指紋決済、大規模展開へ
      インドネシアで本格運用

      20170223000006

       ITベンチャー、リキッド(東京)がインドネシアで指紋認証による大規模な決済サービスの展..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「ちはやふる」舞台の大津市、ロケ大賞グランプリ受賞

      20170222000155

       映画やドラマのロケ地をまちおこしに生かしている地域に贈られる「第7回ロケーションジャパ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      一足早い春、京都で笑顔弾ける 公立高前期選抜で合格発表

      20170222000159

       京都府内の公立高入試で前期選抜の合格発表が22日、54校であった。全日制と定時制の計5..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      建設中の中間貯蔵施設公開、福島
      除染廃棄物を保管

      20170222000120

       環境省は22日、東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土壌や草木などの廃棄物を保管す..... [ 記事へ ]