出版案内
福祉事業団
47NEWS

iPS細胞でがん化再現 京大、肉腫の治療薬に期待

肉腫から作製したiPS細胞(上)は、骨(赤い部分)へと変化する割合が、正常なiPS細胞(下)に比べて小さかった=山田研究室提供
肉腫から作製したiPS細胞(上)は、骨(赤い部分)へと変化する割合が、正常なiPS細胞(下)に比べて小さかった=山田研究室提供

 骨や筋肉のがんである肉腫のマウスからiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り、がん化を再現することに京都大iPS細胞研究所の山田泰広教授や大学院生の河村真吾さんのグループが成功した。肉腫の治療薬の開発などにつながる成果で、米科学誌ステムセル・リポーツで18日発表した。

 子どもに発症する骨のがんで2番目に多い「ユーイング肉腫」では、特定の二つの遺伝子の断片が融合した遺伝子が患者の8~9割に見つかっており、がんの原因の一つとされている。

 グループは、融合遺伝子に加え、さらに複数の遺伝子変異を持つことでユーイング肉腫を発症するマウスの細胞から、iPS細胞を作製した。このiPS細胞を骨に誘導しようとすると、がん化することを確認した。融合遺伝子が働かない状態ではがん化しない一方で、がん化しても融合遺伝子の働きを阻害すれば、がんが骨へと変化することも分かった。

 山田教授は「融合遺伝子に加え、骨への変化を阻害するような遺伝子の傷も肉腫の形成の大きな要因になっていると考えられる。今回開発したモデルを利用して、がん化を抑える化合物を探すことができる」と話している。

【 2016年03月18日 08時22分 】

ニュース写真

  • 肉腫から作製したiPS細胞(上)は、骨(赤い部分)へと変化する割合が、正常なiPS細胞(下)に比べて小さかった=山田研究室提供
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      首相、真珠湾訪問を否定
      「現在、計画はない」

      20160526000006

       安倍晋三首相は25日夜の記者会見で、旧日本軍が1941年に攻撃したハワイの真珠湾への訪..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      水上と水中で美しく躍動 シンクロ日本代表、大阪で公開練習

      20160525000139

       リオデジャネイロ五輪に出場するシンクロナイズドスイミングの日本代表は25日、大阪府門真..... [ 記事へ ]

      経済

      三菱自、ユーザー補償191億円
      ガソリンと減税分

      20160525000125

       三菱自動車は25日、燃費不正問題の影響で、4月下旬に公表した2016年3月期連結決算を..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      染めや織りの多彩な技巧、鮮やかに 京都で日本伝統工芸染色展

      20160525000158

       創意に満ちた着物や帯を紹介する「日本伝統工芸染織展」(京都新聞、日本工芸会など主催)が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生数低迷、老朽化…京大など原子力教育先細りも

      20160524000131

       東京電力福島第1原発事故後、約2年間止まっている京都大と近畿大の研究用原子炉が原子力規..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      韓国でコウノトリひな誕生
      ルーツは兵庫・豊岡

      20160525000111

       兵庫県立コウノトリの郷公園(兵庫県豊岡市)は25日、韓国西部の忠清南道・礼山にある飼育..... [ 記事へ ]