出版案内
福祉事業団
47NEWS

iPS細胞でがん化再現 京大、肉腫の治療薬に期待

肉腫から作製したiPS細胞(上)は、骨(赤い部分)へと変化する割合が、正常なiPS細胞(下)に比べて小さかった=山田研究室提供
肉腫から作製したiPS細胞(上)は、骨(赤い部分)へと変化する割合が、正常なiPS細胞(下)に比べて小さかった=山田研究室提供

 骨や筋肉のがんである肉腫のマウスからiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り、がん化を再現することに京都大iPS細胞研究所の山田泰広教授や大学院生の河村真吾さんのグループが成功した。肉腫の治療薬の開発などにつながる成果で、米科学誌ステムセル・リポーツで18日発表した。

 子どもに発症する骨のがんで2番目に多い「ユーイング肉腫」では、特定の二つの遺伝子の断片が融合した遺伝子が患者の8~9割に見つかっており、がんの原因の一つとされている。

 グループは、融合遺伝子に加え、さらに複数の遺伝子変異を持つことでユーイング肉腫を発症するマウスの細胞から、iPS細胞を作製した。このiPS細胞を骨に誘導しようとすると、がん化することを確認した。融合遺伝子が働かない状態ではがん化しない一方で、がん化しても融合遺伝子の働きを阻害すれば、がんが骨へと変化することも分かった。

 山田教授は「融合遺伝子に加え、骨への変化を阻害するような遺伝子の傷も肉腫の形成の大きな要因になっていると考えられる。今回開発したモデルを利用して、がん化を抑える化合物を探すことができる」と話している。

【 2016年03月18日 08時22分 】

ニュース写真

  • 肉腫から作製したiPS細胞(上)は、骨(赤い部分)へと変化する割合が、正常なiPS細胞(下)に比べて小さかった=山田研究室提供
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      新パナマ運河、日本の大型船通航
      LPG船

      20160627000160

       【パナマ市共同】新たな水門建設などの拡張工事が終わり26日に開通式が行われたパナマ運河..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大リーグ、週間MVPにコレア
      ア・リーグ、ナはブラックマン

      20160628000034

       米大リーグは27日、週間MVP(20~26日)を発表し、ア・リーグはアストロズの遊撃手..... [ 記事へ ]

      経済

      京たんごメロン、京阪神中心に出荷 「京都ブランド」認定後初

      20160628000021

       「京のブランド産品」として新たに認定を受けた「京たんごメロン」の初出荷作業が27日、京..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      文化財、眺望…決戦の地・天王山は宝の山

      20160627000152

       決戦の地としてPRされている天王山(京都府大山崎町)だが、現在はハイキングコースが整備..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      子ら暗算実力競う 右京で「全京都オリンピック」

      20160627000020

       京都府内の子どもたちが暗算の正確さと速さを競う「全京都あんざんオリンピック」が26日、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      拡大竹林、侵食防げ 京都・長岡京、伐採、整備に注力

      20160628000027

       人の管理を離れた放置竹林が雑木林や人工林を侵食していく「拡大竹林」が、京都府長岡京市西..... [ 記事へ ]