出版案内
福祉事業団

iPS細胞でがん化再現 京大、肉腫の治療薬に期待

肉腫から作製したiPS細胞(上)は、骨(赤い部分)へと変化する割合が、正常なiPS細胞(下)に比べて小さかった=山田研究室提供
肉腫から作製したiPS細胞(上)は、骨(赤い部分)へと変化する割合が、正常なiPS細胞(下)に比べて小さかった=山田研究室提供

 骨や筋肉のがんである肉腫のマウスからiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り、がん化を再現することに京都大iPS細胞研究所の山田泰広教授や大学院生の河村真吾さんのグループが成功した。肉腫の治療薬の開発などにつながる成果で、米科学誌ステムセル・リポーツで18日発表した。

 子どもに発症する骨のがんで2番目に多い「ユーイング肉腫」では、特定の二つの遺伝子の断片が融合した遺伝子が患者の8~9割に見つかっており、がんの原因の一つとされている。

 グループは、融合遺伝子に加え、さらに複数の遺伝子変異を持つことでユーイング肉腫を発症するマウスの細胞から、iPS細胞を作製した。このiPS細胞を骨に誘導しようとすると、がん化することを確認した。融合遺伝子が働かない状態ではがん化しない一方で、がん化しても融合遺伝子の働きを阻害すれば、がんが骨へと変化することも分かった。

 山田教授は「融合遺伝子に加え、骨への変化を阻害するような遺伝子の傷も肉腫の形成の大きな要因になっていると考えられる。今回開発したモデルを利用して、がん化を抑える化合物を探すことができる」と話している。

【 2016年03月18日 08時22分 】

ニュース写真

  • 肉腫から作製したiPS細胞(上)は、骨(赤い部分)へと変化する割合が、正常なiPS細胞(下)に比べて小さかった=山田研究室提供
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      民進「牙城」に自民公募挑む 衆院京都2区、党府連が繁本氏擁立

      20170118000158

       自民党京都府連は18日、次期衆院選で京都2区の立候補予定者に、衆院議員秘書の繁本護氏(..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大坂なおみ、2回戦で敗れる
      全豪テニス第4日

      20170119000037

       【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第4日は19日、メルボルンで行われ、女子シングル..... [ 記事へ ]

      経済

      米、年前半の追加利上げも
      FRB議長「景気次第」

      20170119000028

       【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は18日、米西部サンフラ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      3年ぶり、節分の夜に火柱 京都・吉田神社、古札焚き上げ復活

      20170119000022

       京都市左京区の吉田神社は、立春を迎える神事の火炉祭を従来の形に戻し、今年から再び、大量..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      獅童さん、歌舞伎のこころ語る 京都文教大で講演

      20170119000046

       歌舞伎俳優の中村獅童さん(44)が「歌舞伎と日本的精神性」をテーマに語る講演会が18日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      暖冬影響? 水鳥の姿激減 滋賀・草津の琵琶湖岸

      20170119000030

       今冬、滋賀県草津市の琵琶湖岸に飛来する水鳥が激減している。「冬の使者」と呼ばれる渡り鳥..... [ 記事へ ]