出版案内
福祉事業団
47NEWS

iPS細胞でがん化再現 京大、肉腫の治療薬に期待

肉腫から作製したiPS細胞(上)は、骨(赤い部分)へと変化する割合が、正常なiPS細胞(下)に比べて小さかった=山田研究室提供
肉腫から作製したiPS細胞(上)は、骨(赤い部分)へと変化する割合が、正常なiPS細胞(下)に比べて小さかった=山田研究室提供

 骨や筋肉のがんである肉腫のマウスからiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り、がん化を再現することに京都大iPS細胞研究所の山田泰広教授や大学院生の河村真吾さんのグループが成功した。肉腫の治療薬の開発などにつながる成果で、米科学誌ステムセル・リポーツで18日発表した。

 子どもに発症する骨のがんで2番目に多い「ユーイング肉腫」では、特定の二つの遺伝子の断片が融合した遺伝子が患者の8~9割に見つかっており、がんの原因の一つとされている。

 グループは、融合遺伝子に加え、さらに複数の遺伝子変異を持つことでユーイング肉腫を発症するマウスの細胞から、iPS細胞を作製した。このiPS細胞を骨に誘導しようとすると、がん化することを確認した。融合遺伝子が働かない状態ではがん化しない一方で、がん化しても融合遺伝子の働きを阻害すれば、がんが骨へと変化することも分かった。

 山田教授は「融合遺伝子に加え、骨への変化を阻害するような遺伝子の傷も肉腫の形成の大きな要因になっていると考えられる。今回開発したモデルを利用して、がん化を抑える化合物を探すことができる」と話している。

【 2016年03月18日 08時22分 】

ニュース写真

  • 肉腫から作製したiPS細胞(上)は、骨(赤い部分)へと変化する割合が、正常なiPS細胞(下)に比べて小さかった=山田研究室提供
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      「渋滞」「人員」課題山積み 高浜原発 広域避難訓練

      20160827000126

       高浜原発(福井県高浜町)の重大事故時、30キロ圏の住民約18万人は避難できるのか。広域..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      レスター岡崎、後半35分に退く
      サッカー英プレミアリーグ

      20160828000001

       【レスター(英国)共同】サッカーのイングランド・プレミアリーグで27日、岡崎慎司のレス..... [ 記事へ ]

      経済

      MRJ飛行、28日以降に延期
      空調不具合、点検に時間

      20160827000095

       三菱航空機(愛知県豊山町)は27日、開発を進める国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リー..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      能楽体験の成果 息ぴたり 京都・下鴨神社で発表会

      20160827000107

       能楽の魅力に触れる「夏休み能楽体験教室」で稽古を重ねてきた子どもらによる発表会が27日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      薬学教育の未来議論 学会設立、京都薬科大で大会

      20160827000125

       教育に関わる大学教員や薬剤師らで作る「日本薬学教育学会」が27日、設立された。薬学分野..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      沖縄のサンゴ白化、調査の9割
      石西礁湖、海水温の上昇原因か

      20160827000091

       石垣島と西表島の間にある国内最大のサンゴ礁「石西礁湖」で起きている大規模な白化現象で、..... [ 記事へ ]