出版案内
福祉事業団
47NEWS

イノシシの皮剥ぎ、獣害考える 滋賀・東近江で調理体験

堀田さん(左から2人目)らの指導で、ナイフを使ってイノシシの皮を剥ぐ体験をする参加者=滋賀県東近江市北須田町
堀田さん(左から2人目)らの指導で、ナイフを使ってイノシシの皮を剥ぐ体験をする参加者=滋賀県東近江市北須田町

 イノシシの皮剥ぎ作業や調理の体験を通して獣害について考える催しがこのほど、滋賀県東近江市北須田町の繖(きぬがさ)山で開かれた。

 近くの農家片山恵美さん(32)が、料理研究家堀田裕介さん(38)=大阪府豊中市=と協力して開き、2回目。県内外から約50人が参加し、繖山で猟師が捕らえ、内臓を除いて数日間熟成させた後のイノシシ1頭の毛皮を剥ぐ作業をした。

 参加者は交代で、甘みのある脂身を切り落とさないようにしながら、皮と肉との間に専用ナイフで切り離した。事前に解体したイノシシ肉で、串焼きや、熱した石を使った蒸し焼きなどの調理も体験したり、地元産の野菜と味わったりした。

 片山さんはイノシシに田畑を荒らされた体験や、県内で数億円の被害がある現状を説明し、「山に入る人が減ったことなどで獣害が増えている。農業を続けるには猟師になってくれる人が必要」と話した。

【 2016年03月24日 15時00分 】

ニュース写真

  • 堀田さん(左から2人目)らの指導で、ナイフを使ってイノシシの皮を剥ぐ体験をする参加者=滋賀県東近江市北須田町
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      原爆小頭症患者70歳祝う
      胎内被爆者、総会で

      20160625000056

       1945年の原爆投下時に母親の胎内で被爆し、知能や身体に障害がある「原爆小頭症」の患者..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      上原は1回三者凡退で2セーブ目
      メジャー通算500三振

      20160625000064

       ▽レンジャーズ―レッドソックス(24日・アーリントン) レッドソックスの上原は8―7の九..... [ 記事へ ]

      経済

      新鮮京野菜、東京へ直行 営農者が売値、運送会社とタッグ

      20160625000038

       若手の営農者を育てようと京都府京丹波町和知地域で活動する農業生産法人「たんば村」が、京..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      茅の輪くぐり無病息災願う 京都・北野天満宮

      20160625000046

       本格的な夏の到来を前に、無病息災を願う「大茅(ち)の輪くぐり」が25日、京都市上京区の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ハロー!英語通じたよ 京都・大山崎、児童ら米の高校生と交流

      20160625000042

       米国カリフォルニア州のファウンテンバレー高の生徒7人と教員が24日、京都府大山崎町円明..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      衣服の模様、よく見ると… 京大で細胞写真使った作品展示

      20160625000032

       研究で撮影した細胞の写真を使った衣服などの展示「imagination2・0」が24日..... [ 記事へ ]