出版案内
福祉事業団

アユ産卵激減、原因は餌不足 2012年の琵琶湖

琵琶湖から安曇川をさかのぼる途中、「やな」で捕らえられたアユ(高島市安曇川町北船木)
琵琶湖から安曇川をさかのぼる途中、「やな」で捕らえられたアユ(高島市安曇川町北船木)

 琵琶湖で2012年にアユの産卵が激減した原因について、滋賀県は、春先の餌不足によって産卵期の9~10月に親魚が少なかった可能性が高い、との調査結果を明らかにした。

 県は毎年、琵琶湖の各河川でアユの産卵量調査をしているが、12年は前年の約108億粒から約7億粒まで激減。平年値のわずか6%にとどまり、県は人工河川に親魚を追加放流するなど対応に追われた。

 その後の県水産試験場(彦根市)の調査では、体長と体重の値から計算して栄養状態を示す「肥満度」が、12年は極端に低い時期があったことを確認した。肥満度は02年以降、冬から夏にかけて常に「2」を超えているが、同年の3月下旬は「1・82」まで低下。過去30年で最低の値を記録していた。餌を与えない実験では小型の個体が死んでしまう数値で、絶食後に餌を与えても、半数近くが体力を回復できない水準だと分かった。

 琵琶湖の水質調査では同年1~4月に、ミジンコなど餌になる動物プランクトンが例年より少ない状態が観測されており、アユの肥満度低下につながったとみられるという。県水産課は「今後は肥満度を継続的に観察し、アユの状態把握に努めたい。異変をキャッチした際は、迅速に対策を取る」としている。

【 2016年03月25日 17時00分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖から安曇川をさかのぼる途中、「やな」で捕らえられたアユ(高島市安曇川町北船木)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      乳がん啓発、各地でライトアップ
      姫路城など希望のピンクに

      20161001000124

       乳がんの正しい知識の普及や検診による早期発見の大切さを呼び掛ける「乳がん月間」が1日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      セ・リーグ観客動員数が史上最多
      1384万8988人

      20161001000147

       セ・リーグはレギュラーシーズンが終了した1日、交流戦を含む今季の観客動員数を発表し、総..... [ 記事へ ]

      経済

      「通りすがる駅から立ち寄る駅に」 JR大津駅がリニューアル

      20161001000052

       JR大津駅(大津市春日町)に1日、複合商業施設「ビエラ大津」がオープンした。カフェとカ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      夜の京都、現代アート彩る パリの祭典と連携

      20161001000133

       現代アートを街中で楽しむ一夜限りの祭典「ニュイ・ブランシュKYOTO2016」が1日夜..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      GLM 2車種目EVカー 京大発ベンチャー 走行距離など向上

      20160929000167

       京都大発の電気自動車(EV)製造ベンチャー、GLM(京都市左京区)は29日、量産車とし..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ジカ熱感染で小頭症、アジアでも
      「楽観論」吹き飛ぶ

      20161001000094

       【シンガポール共同】小頭症で生まれたタイの赤ちゃん2人が母親のジカ熱感染と関連があると..... [ 記事へ ]