出版案内
福祉事業団

アユ産卵激減、原因は餌不足 2012年の琵琶湖

琵琶湖から安曇川をさかのぼる途中、「やな」で捕らえられたアユ(高島市安曇川町北船木)
琵琶湖から安曇川をさかのぼる途中、「やな」で捕らえられたアユ(高島市安曇川町北船木)

 琵琶湖で2012年にアユの産卵が激減した原因について、滋賀県は、春先の餌不足によって産卵期の9~10月に親魚が少なかった可能性が高い、との調査結果を明らかにした。

 県は毎年、琵琶湖の各河川でアユの産卵量調査をしているが、12年は前年の約108億粒から約7億粒まで激減。平年値のわずか6%にとどまり、県は人工河川に親魚を追加放流するなど対応に追われた。

 その後の県水産試験場(彦根市)の調査では、体長と体重の値から計算して栄養状態を示す「肥満度」が、12年は極端に低い時期があったことを確認した。肥満度は02年以降、冬から夏にかけて常に「2」を超えているが、同年の3月下旬は「1・82」まで低下。過去30年で最低の値を記録していた。餌を与えない実験では小型の個体が死んでしまう数値で、絶食後に餌を与えても、半数近くが体力を回復できない水準だと分かった。

 琵琶湖の水質調査では同年1~4月に、ミジンコなど餌になる動物プランクトンが例年より少ない状態が観測されており、アユの肥満度低下につながったとみられるという。県水産課は「今後は肥満度を継続的に観察し、アユの状態把握に努めたい。異変をキャッチした際は、迅速に対策を取る」としている。

【 2016年03月25日 17時00分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖から安曇川をさかのぼる途中、「やな」で捕らえられたアユ(高島市安曇川町北船木)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      滋賀・米原市長に平尾氏3回目当選、松﨑氏破る

      20170219000126

       任期満了に伴う滋賀県米原市長選は19日投開票され、無所属現職の平尾道雄氏(66)が、無..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      キャンプ地誘致、大津の魅力訴え ラグビーW杯

      20170219000128

       ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の公認キャンプ地誘致に向けた機運を盛..... [ 記事へ ]

      経済

      イトーヨーカドー六地蔵店、惜しまれ19年間に幕 京都・宇治

      20170219000115

       京都府宇治市六地蔵のイトーヨーカドー六地蔵店が19日、閉店した。最終日は大勢の買い物客..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      絵から飛び出すドクターイエロー 京都鉄博でトリックアート展

      20170219000112

       目の錯覚を利用することで立体的に見える絵画「トリックアート」の展示会が19日、京都市下..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      府立工と峰山高初参加、研究成果発表 ポリテクカレッジ京都

      20170219000043

       京都府舞鶴市上安のポリテクカレッジ京都(京都職業能力開発短期大学校)の「ポリテックビジ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「カナダ水俣病」被害訴え
      先住民3人、熊本で

      20170218000102

       カナダ・オンタリオ州の製紙工場が1960年代に河川に流した排水に水銀が含まれ、水俣病と..... [ 記事へ ]