出版案内
福祉事業団
47NEWS

600年前の移住、桜が記憶 伊賀と滋賀・若宮神社に同じ珍種

三重県伊賀市予野の八重桜(左)と、若宮神社の八重桜=いずれも予野八重桜保存会のホームページから
三重県伊賀市予野の八重桜(左)と、若宮神社の八重桜=いずれも予野八重桜保存会のホームページから

 600年前の南北朝時代に三重県伊賀市予野から多くの人々が移住したとされる滋賀県高島市安曇川町北船木の若宮神社を25日、予野の住民が訪れ、地元住民と交流した。同神社境内には予野と同種の珍種の八重桜があり、双方の住民が桜の木を眺め、お互いの縁を確認していた。

 同神社境内の八重桜は、めしべが二つある珍しいカスミザクラの八重品種で、全国にも20株ほどしかないとされる。

 神社が所蔵する大般若経600巻に「伊賀国予野、池辺寺」「暦応2(1339)年」など伊賀から運ばれたことを示す記述がある。

 北船木の地域史「輪ノ内の昔」を編集した民俗学者故橋本鉄男さんらが、1980年に予野を訪れ、若宮神社と同種の桜を確認、移住の“生き証人”である可能性が高まった。

 移住の理由としては、南北朝の争乱で、伊賀は南朝が主導権を握ったため、北朝方の人々が、北朝側の上賀茂神社の社領だった北船木に逃れたのではと指摘されている。

 この日は、予野で農業公園を管理運営する「明日が楽しみな里づくり委員会」のメンバー26人が神社を訪れ、桜を見学した。北船木の住民10人ほどが出迎え、35年前の調査に参加した駒井正見さん(88)が地域の歴史を説明、「伊賀町」という町名があることなどを紹介した。

 予野八重桜保存会会長の勝島正さん(67)は「伊賀からこちらに移った歴史を知り、親近感を感じた。これからも交流を続けたい」と話していた。

【 2016年03月26日 11時31分 】

ニュース写真

  • 三重県伊賀市予野の八重桜(左)と、若宮神社の八重桜=いずれも予野八重桜保存会のホームページから
  • 三重県伊賀市予野から訪れ、予野からもたらされたとみられる八重桜を眺める人々(高島市安曇川町北船木・若宮神社)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      屋台の油かかり10人やけど
      北九州の祭り、5歳児重傷

      20160725000002

       24日午後9時ごろ、北九州市戸畑区で開かれた祭り「戸畑祇園大山笠」の会場付近で、調理用..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      F1、ハミルトンが3連勝
      ハンガリーGP

      20160725000001

       【モジョロード(ハンガリー)共同】自動車のF1シリーズ第11戦、ハンガリー・グランプリ..... [ 記事へ ]

      経済

      子牛増産へ京都府が対策本腰 TPP見据え反転狙う

      20160724000025

       京都府内で子牛の生産頭数が減少する中、府は本年度から、妊娠しにくくなった雌牛を引き取っ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      金銀の龍、海上に舞う 京都・天橋立で出船祭

      20160724000124

       天橋立の伝統行事「出船祭」が24日夜、京都府宮津市文珠の智恩寺などで催された。寺近くの..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自由研究どうすればいい? 京都4施設の職員に相談

      20160724000061

       京都市動物園、府立植物園、京都水族館、市青少年科学センターによる「夏休みの宿題いきもの..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      水の大切さ、環境保全を考える 大津でイベント

      20160724000038

       水の大切さや環境保全などを考えるイベント「水辺の匠(たくみ)」が23日、大津市黒津4丁..... [ 記事へ ]