出版案内
福祉事業団

600年前の移住、桜が記憶 伊賀と滋賀・若宮神社に同じ珍種

三重県伊賀市予野の八重桜(左)と、若宮神社の八重桜=いずれも予野八重桜保存会のホームページから
三重県伊賀市予野の八重桜(左)と、若宮神社の八重桜=いずれも予野八重桜保存会のホームページから

 600年前の南北朝時代に三重県伊賀市予野から多くの人々が移住したとされる滋賀県高島市安曇川町北船木の若宮神社を25日、予野の住民が訪れ、地元住民と交流した。同神社境内には予野と同種の珍種の八重桜があり、双方の住民が桜の木を眺め、お互いの縁を確認していた。

 同神社境内の八重桜は、めしべが二つある珍しいカスミザクラの八重品種で、全国にも20株ほどしかないとされる。

 神社が所蔵する大般若経600巻に「伊賀国予野、池辺寺」「暦応2(1339)年」など伊賀から運ばれたことを示す記述がある。

 北船木の地域史「輪ノ内の昔」を編集した民俗学者故橋本鉄男さんらが、1980年に予野を訪れ、若宮神社と同種の桜を確認、移住の“生き証人”である可能性が高まった。

 移住の理由としては、南北朝の争乱で、伊賀は南朝が主導権を握ったため、北朝方の人々が、北朝側の上賀茂神社の社領だった北船木に逃れたのではと指摘されている。

 この日は、予野で農業公園を管理運営する「明日が楽しみな里づくり委員会」のメンバー26人が神社を訪れ、桜を見学した。北船木の住民10人ほどが出迎え、35年前の調査に参加した駒井正見さん(88)が地域の歴史を説明、「伊賀町」という町名があることなどを紹介した。

 予野八重桜保存会会長の勝島正さん(67)は「伊賀からこちらに移った歴史を知り、親近感を感じた。これからも交流を続けたい」と話していた。

【 2016年03月26日 11時31分 】

ニュース写真

  • 三重県伊賀市予野の八重桜(左)と、若宮神社の八重桜=いずれも予野八重桜保存会のホームページから
  • 三重県伊賀市予野から訪れ、予野からもたらされたとみられる八重桜を眺める人々(高島市安曇川町北船木・若宮神社)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      義母殺害容疑で男逮捕、岐阜
      妻の遺体も発見、大垣署

      20170324000073

       24日午前7時半ごろ、岐阜県大垣市古知丸の住宅で、男の声で「家族を殺してしまった」と1..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      新国立競技場、工事は「順調」
      4月から本体の基礎へ

      20170324000078

       日本スポーツ振興センター(JSC)は24日、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン..... [ 記事へ ]

      経済

      デザインと伝統美、化粧品箱を海外客へ 京都の23歳起業

      20170324000071

       京都の大学でデザインを学んだ男性が卒業後1年足らずで起業し、第1弾商品として化粧品箱を..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      漂着ごみをアートに、琴引浜を美しく 京都・網野高生

      20170324000075

       京都府京丹後市網野町の網野高美術部が、地元の琴引浜に打ち寄せられたごみを使った「漂着ご..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      6年間の思い出胸に、巣立ちの春 京都府内公立小で卒業式

      20170323000066

       京都府内の多くの公立小学校で23日、卒業式が行われた。児童が6年間の思い出や中学校生活..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      鳥インフル宮城で22万羽殺処分
      千葉も6万羽、高病原性確認

      20170324000004

       宮城県は24日、同県栗原市の養鶏場で21日以降に死んだ鶏を遺伝子検査した結果、H5型の..... [ 記事へ ]