出版案内
福祉事業団

チンパンジーの快眠、人類に 京大が「進化ベッド」開発

「人類進化ベッド」で横になる山極寿一京都大総長。「頭と足が上がって、抜群に気持ちいい」と評価は上々だ(京都市左京区・京大総合博物館)
「人類進化ベッド」で横になる山極寿一京都大総長。「頭と足が上がって、抜群に気持ちいい」と評価は上々だ(京都市左京区・京大総合博物館)

 チンパンジーのベッドにヒントを得て究極の快適睡眠を目指した「人類進化ベッド」を、京都大や寝具メーカーのグループが開発した。心地よい「揺れ」と体を包み込むような「くぼみ」が絶妙な寝心地を生むといい、市販を目指す。6日から京大総合博物館(京都市左京区)で始まる「ねむり展」で公開する。

 ベッドは1・6メートルと1・2メートルの楕円(だえん)形で、高さは45センチ。枠組みが木質繊維を原料とした成形板「MDF」、中央の網目部分が樹脂を含んだ紙ひも「ペーパーコード」を材料としており、どの方向にもゆりかごのように揺れる。専用の敷布団も合わせて開発した。

 旬の果実を求めて移動するチンパンジーは樹上で枝を折り重ねて、真ん中がくぼんだ皿型のベッドを毎日作る。アフリカでチンパンジーを研究する座馬耕一郎・京大研究員が残されたベッドで横になると、「今までで一番の寝心地」だったという。「人の寝具にも応用できるのではないか」との思いから、デザイナーの石川新一さんや寝具メーカーのイワタ(中京区)の岩田有史社長と、ベッドの開発プロジェクトを立ち上げた。

 完成したベッドを試した座馬研究員は「チンパンジーのベッドの気持ちよさをうまく再現していて、どんな寝相にもなじむ」と話す。「ねむり展」は6月26日まで(月・火曜と同18日は休館)。要入館料。

【 2016年04月05日 23時20分 】

ニュース写真

  • 「人類進化ベッド」で横になる山極寿一京都大総長。「頭と足が上がって、抜群に気持ちいい」と評価は上々だ(京都市左京区・京大総合博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      最南端スキー場、存続へ
      宮崎、入場者最低でも経営改善

      20170329000074

       宮崎県五ケ瀬町は29日、入場者の減少を理由に閉鎖を検討していた日本最南端のスキー場「五..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカーW杯、ブラジルが出場権
      南米予選、世界最速で突破

      20170329000032

       サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会南米予選は28日、各地で行われ、首位のブラジ..... [ 記事へ ]

      経済

      東証もみ合い、終値は14円高
      1万9217円

      20170329000077

       29日の東京株式市場は利益確定の売りと円高一服を好感した買いが交錯し、日経平均株価(2..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・嵐山に美術館構想 アイフル創業者が私財

      20170329000059

       京都・嵐山の渡月橋近くで、近現代日本画を中心とする民営美術館を2019年夏以降にオープ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      叡電に環境ラッピング列車 京都

      20170329000054

       米国で地球温暖化対策の規制を見直す方針が示され、パリ協定の行く末が懸念される中、地球温..... [ 記事へ ]