出版案内
福祉事業団

カヤネズミ「イネの食害なし」 滋賀県立大がフン解析

今回の研究成果を分かりやすくまとめ、地元農家や学校に配布した小冊子を見せる畠さん(彦根市八坂町・滋賀県立大)
今回の研究成果を分かりやすくまとめ、地元農家や学校に配布した小冊子を見せる畠さん(彦根市八坂町・滋賀県立大)

 日本最小のネズミで、田んぼなどに巣を作る「カヤネズミ」のフンをDNA解析したところ、イネをほとんど食べないことが、滋賀県立大(彦根市)非常勤講師で「全国カヤネズミ・ネットワーク」代表の畠佐代子さんと、同大学の高倉耕一准教授の共同研究で分かった。

 農家の中にはイネを食い荒らす害獣としてカヤネズミを捕殺する例もあるが、研究結果から「イネの食害はほとんどないと言える」とし、レッドリストで滋賀県で「希少種」、京都府で「準絶滅危惧種」となっているカヤネズミの保護を呼び掛けている。

 カヤネズミは体長が大人の親指大(約6センチ)、体重も五百円硬貨1枚分(7~8グラム)しかない、旧大陸由来のネズミ。国内では、北は宮城県から南は鹿児島県まで広く分布し、オギやススキなど背の高いイネ科の植物を編んで巣を作る。

 畠さんらは昨年6~11月に、彦根市開出今町の水田約5ヘクタール(休耕田含む)を対象にカヤネズミの巣を探し、巣の中に残っているフンをイネなど6種類の食べ物に絞ってDNA解析した。

 その結果、発見した29個の巣のうち21個からスズメノヒエ、8個からイヌビエのDNAを検出。一方、イネのDNAを確認したのはわずか1個で、他もオンブバッタを1個から検出しただけだった。

 畠さんらは研究の成果を分かりやすくまとめた小冊子を千部作成し、地元農家や小中学校に配布した。畠さんは「カヤネズミは良好な水辺や草地など、多様な生物がすむ環境指標となる生き物。京滋でも生息地が減っており、カヤネズミがすめる環境を保全管理し、保護を図る必要がある」と訴える。

【 2016年07月09日 09時23分 】

ニュース写真

  • 今回の研究成果を分かりやすくまとめ、地元農家や学校に配布した小冊子を見せる畠さん(彦根市八坂町・滋賀県立大)
  • カヤネズミと巣=畠さん提供
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      千葉市長に熊谷氏3選
      大差で共産推薦の新人破る

      20170528000102

       任期満了に伴う千葉市長選は28日投開票の結果、無所属の現職熊谷俊人氏(39)が、無所属..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      全仏、ダニエルが2回戦進出
      クビトバが復帰戦白星

      20170528000116

       【パリ共同】テニスの四大大会第2戦の全仏オープンは28日、パリのローランギャロスで開幕..... [ 記事へ ]

      経済

      歴史も味も日本一! 開設90年の京都卸売市場、新鮮食べ歩き

      20170528000064

       京都府民の食を支えてきた京都市中央卸売市場が今年、開設90年を迎える。下京区の第一市場..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      八坂の稲、優雅に手植え 京丹波で御田祭

      20170528000126

       京都市東山区の八坂神社に奉納する稲を植える御田(おんだ)祭が28日、京都府京丹波町下山..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      【時のひと】龍谷大の新学長に4月に就任した 入澤崇さん

      20170528000054

       仏教遺跡の研究者として、アフガニスタンなどで調査を続けてきた。現場の多くは紛争地帯だが..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      外来魚“大漁”48キロ 滋賀・琵琶湖で駆除釣り大会

      20170528000032

       市民らで外来魚を駆除する催し「もりやま・びわ湖・ブルーギル撲滅釣り大会」が27日、滋賀..... [ 記事へ ]