出版案内
福祉事業団

ハス消滅、謎深まる 滋賀県など調査も原因不明

烏丸半島周辺の琵琶湖で、ハスの群生地だった地域を調査する滋賀県と草津市の職員(草津市)
烏丸半島周辺の琵琶湖で、ハスの群生地だった地域を調査する滋賀県と草津市の職員(草津市)

 滋賀県草津市の烏丸半島で名物のハスが姿を消した問題で、滋賀県と市が27日、原因究明のため合同調査を行った。水中の茎や根を採取したが、明確な食害の痕跡などは確認できず、担当者は「さらに謎が深まった」と頭を抱えている。一方で、民間業者の遊覧船が予約を打ち切るなど、観光面での影響が出ている。

 ハスの群生地は約13ヘクタール以上で国内最大規模。例年なら7、8月にピンクの花が一面に咲くが、今年は湖面の葉がほとんど見られない事態となっている。

 水深1メートル近くの半島周辺で、4時間かけて茎や根を採取した。潜水した県職員らによると、水中は泥が厚く堆積していた。ハスの株が少なく、枯れている根も多いという。

 生育不良の原因として、カメやザリガニなどの食害、過剰な繁茂による成長障害の可能性などが取り沙汰されてきた。今回の調査で、食害の跡ははっきり見られなかった。県や市の職員は採取したハスを湖岸に並べて、「これほど朽ちているのは、食害以外の要因では」「土中の環境が悪化している可能性もある」などと話し合った。

 県と市は採取した茎や根を分析し、県外の専門家にも協力を求めながら、調査を続ける方針。市公園緑地課は「これほどの被害が出ていると、原因を改善したとしても、来年すぐ全面的に再生するとは考えにくい」としている。

 市商工観光労政課によると、例年7、8月に約3万8千人の見物客がハス群生地を訪れる。だが今年は県内の花の名所を巡るバスツアーのコースから現地を外す観光業者もおり、減少は避けられない見通し。ボートで遊覧する民間業者の「ハスクルージング」は16日から1カ月間行われる予定だったが、15日に予約受け付けを中止した。予約客には事情を説明し、約950人がキャンセルしたという。運営する畑源さん(49)は「本当に困っている。原因を調べて、再び復活させてほしい」と願っている。

【 2016年07月27日 22時10分 】

ニュース写真

  • 烏丸半島周辺の琵琶湖で、ハスの群生地だった地域を調査する滋賀県と草津市の職員(草津市)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      醍醐駅だけ乗客減、人口減影響か 京都市地下鉄、烏丸線好調

      20170722000187

       2016年度までの8年間で1日当たりの乗客数が5万人増えた京都市営地下鉄の全31駅で、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      神戸ポドルスキ、別格の存在感
      実戦デビューでアシスト

      20170722000183

       J1神戸に加入した元ドイツ代表FWポドルスキが22日、仙台市のユアテックスタジアム仙台..... [ 記事へ ]

      経済

      ロボットで基盤接続、対応コネクタ 京セラが新製品

      20170722000140

       京セラは、基板同士をつなぐ部品コネクタで、ロボットによる取り付けに対応した製品を発売し..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      宵々山、雨上がりの鉾町にお囃子 京都・祇園祭後祭

      20170722000192

       祇園祭の後祭は山鉾巡行(24日)を前に、22日宵々山を迎えた。京都市中心部では、市民や..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都の学生、知的国際交流 テーブル囲み3年目

      20170722000106

       観光や仕事で京都を訪れる外国人の中で、特定の分野に秀でたアーティストや研究者らを招き、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      南半球海域にマンボウ新種
      日豪研究チームが確認

      20170722000018

       オーストラリアやニュージーランド近海など南半球の温帯海域に、新種のマンボウが生息すると..... [ 記事へ ]