出版案内
福祉事業団

シカ食害、防ぐには「防護柵を」 滋賀・草津でシンポ

荒廃した森林の生態系を再生させるには約30年が必要と話す日置教授(右から2人目)=草津市下物町・県立琵琶湖博物館
荒廃した森林の生態系を再生させるには約30年が必要と話す日置教授(右から2人目)=草津市下物町・県立琵琶湖博物館

 森の生物多様性について考える「山門(やまかど)水源の森2050シンポジウム」が8日、滋賀県草津市下物町の県立琵琶湖博物館で開かれた。管理の行き届かない森林でシカの食害をどのように防げばいいかについて講演や討論があり、参加した約70人が熱心に聞き入った。

■「土砂流出の可能性」と警鐘

 2050年まで多様な生物が生きる森林を守っていこうと、長浜市西浅井町で自然保全活動に取り組む市民団体「山門水源の森を次の世代に引き継ぐ会」が主催した。

 同会の藤本秀弘理事が「山門水源の森の生態系異変」と題して講演し、「2010年ごろから急激に増えたシカがササやキノコを食べることで下層植生が減少し、土砂流出が起きる可能性がある」と警鐘を鳴らした。

 続いて、京都大の高柳敦講師が、シカは2歳から出産が可能で、少なくとも毎年1頭を産むとした上で、「シカの食害が大きい場所や出現状況を調査し、大規模な防護柵の設置を検討すべき」と指摘した。

 参加者とのパネル討論では、鳥取県の大山で自然保護に取り組む鳥取大の日置佳之教授が「食害などで荒れ果てた森林の生態系を再生させるには約30年が必要になる。そのためには息の長い活動が求められる」と語った。

【 2016年10月09日 12時03分 】

ニュース写真

  • 荒廃した森林の生態系を再生させるには約30年が必要と話す日置教授(右から2人目)=草津市下物町・県立琵琶湖博物館
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      醍醐駅だけ乗客減、人口減影響か 京都市地下鉄、烏丸線好調

      20170722000187

       2016年度までの8年間で1日当たりの乗客数が5万人増えた京都市営地下鉄の全31駅で、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      神戸ポドルスキ、別格の存在感
      実戦デビューでアシスト

      20170722000183

       J1神戸に加入した元ドイツ代表FWポドルスキが22日、仙台市のユアテックスタジアム仙台..... [ 記事へ ]

      経済

      ロボットで基盤接続、対応コネクタ 京セラが新製品

      20170722000140

       京セラは、基板同士をつなぐ部品コネクタで、ロボットによる取り付けに対応した製品を発売し..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      宵々山、雨上がりの鉾町にお囃子 京都・祇園祭後祭

      20170722000192

       祇園祭の後祭は山鉾巡行(24日)を前に、22日宵々山を迎えた。京都市中心部では、市民や..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都の学生、知的国際交流 テーブル囲み3年目

      20170722000106

       観光や仕事で京都を訪れる外国人の中で、特定の分野に秀でたアーティストや研究者らを招き、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      南半球海域にマンボウ新種
      日豪研究チームが確認

      20170722000018

       オーストラリアやニュージーランド近海など南半球の温帯海域に、新種のマンボウが生息すると..... [ 記事へ ]