出版案内
福祉事業団

摩訶不思議、葉っぱに実なる 京都・右京で珍イチョウ発見

全国的に珍しい葉っぱに実がなったオハツキイチョウ(31日午後2時、京都市右京区・平岡八幡宮)
全国的に珍しい葉っぱに実がなったオハツキイチョウ(31日午後2時、京都市右京区・平岡八幡宮)

 全国的に珍しい葉っぱに実がなるイチョウ「オハツキイチョウ」1本が、京都市右京区の平岡八幡宮で見つかった。市内で確認されたのは初めて。府内では2例目となる。

 参道を歩いていた近所の女性が1週間ほど前、「珍しいイチョウを見つけた」と神社に持ち込み、佐々木俊輔宮司(61)が京都府立植物園に調査を依頼。確認した同園の西原昭二郎副園長によると、推定樹齢は100年から200年で、「市内でオハツキイチョウの例は聞いたことがない。種子を育て、観察していきたい」としている。

 佐々木宮司は「昨年もイチョウの木を見たけど、気づかなかった。今まで15個ぐらい見つけ、びっくりしている」と話した。

 オハツキイチョウはイチョウの変種で、全国に約20例確認されている。多くが国や地方自治体の天然記念物に指定され、府内では亀岡市の丹波国分寺跡で1本、滋賀県でも守山市の東門院で見つかっている。

【 2016年10月31日 22時40分 】

ニュース写真

  • 全国的に珍しい葉っぱに実がなったオハツキイチョウ(31日午後2時、京都市右京区・平岡八幡宮)
  • 京都市内で初めて確認されたオハツキイチョウ(31日午後2時15分、京都市右京区・平岡八幡宮)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      「構図は多くが破綻」 滋賀・日野町事件、弁護士が指摘

      20170424000167

       滋賀県日野町で1984年に酒店の女性経営者が殺害された「日野町事件」で、阪原弘元受刑者..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大学スポーツ振興目指す 関西で連携組織発足へ

      20170424000156

       米国をモデルに日本の大学スポーツの振興を目指す国の指針を踏まえ、京滋など関西の大学教員..... [ 記事へ ]

      経済

      心も満たす幸せ社食 京都の企業、おしゃれに充実

      20170424000151

       ランチは午後からの仕事の活力源だ。外食もいいけれど、やっぱり第一の選択肢は懐に優しい社..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      楼門照らす温和な明かり 西本願寺で試験点灯

      20170424000170

       京都市下京区の西本願寺(浄土真宗本願寺派本山)で、25日から国宝や重要文化財の建造物を..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      企業、地元学生の心つかめ 大津で採用のフォーラム

      20170424000166

       2018年春に卒業予定の大学生採用に向けた会社説明会が本格化する中、滋賀県内の企業を対..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      偽肝炎薬が病院にも流通
      和歌山市、患者には渡らず

      20170424000051

       C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品15本が1月、東京都や奈良県で相次いで見つかった問..... [ 記事へ ]