出版案内
福祉事業団

野菜かす液肥で栽培…エコな京野菜発信 京都・亀岡

野菜かすで作った液肥を用いて、春菊を育てる若手農家ら(亀岡市保津町)
野菜かすで作った液肥を用いて、春菊を育てる若手農家ら(亀岡市保津町)

 京都府亀岡市在住の若手農家が、スーパーで余った野菜かすを液体肥料に変え、再び野菜を育てるプロジェクトに乗り出した。収穫物は店頭に戻し、「エコな京野菜」として販売する珍しい試みだ。環太平洋連携協定(TPP)の発効が見通せない中、販路を確保する狙いもある。

 プロジェクトは、20~60代の専業農家約10人が取り組む。食品リサイクルのマツダ(神戸市)に液肥作りを依頼する。当面は、兵庫県の大型量販店と連携し、野菜かすの提供を受けたり、出来上がった野菜を販売したりする予定。

 野菜を発酵させた液肥は、アミノ酸が豊富に含まれ、農作物の成長を促す効果などがあるという。これまで燃焼処理していた残りかすを有効活用することで、環境への負荷も減らす。TPPなど貿易自由化を踏まえ、農家にとっては販路を担保できるメリットもあるという。

 各農家が所有する市内の田畑計約2ヘクタールで、ブロッコリーやサニーレタス、菜の花、そら豆、ネギなどを栽培する。保津町のビニールハウスでは10月に液肥をまき、すでに春菊を育て始めている。大井町の江南陽平さん(30)は「野菜で野菜を育てる面白い試み。エコな手法で商品に付加価値が付き、京野菜をよりPRできる」と期待を寄せる。

 今後、提携する店舗を増やし、米作りなどにも応用したい考えで、販売する野菜のブランド化も検討する。

 プロジェクトを企画した農事組合法人「ほづ」の上田潤さん(39)=保津町=は「野菜を作って売ることが農家の仕事。若手を中心に、販路を拡大する取り組みにどんどん挑戦したい」と意気込む。

【 2016年11月26日 10時12分 】

ニュース写真

  • 野菜かすで作った液肥を用いて、春菊を育てる若手農家ら(亀岡市保津町)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      対北、中国に影響力行使求める
      岸田外相と英外相が戦略対話

      20170721000079

       岸田文雄外相は21日、東京都内の飯倉公館で英国のジョンソン外相と戦略対話を開き、北朝鮮..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      松山は8番終え3アンダー
      全英OPゴルフ第2日

      20170721000160

       【サウスポート(英国)共同】男子ゴルフのメジャー第3戦、全英オープン選手権は21日、英..... [ 記事へ ]

      経済

      平和堂、他社商業施設に出店 京都・MOMOテラス

      20170721000142

       平和堂は21日、京都市伏見区のショッピングセンター(SC)「MOMOテラス」内に、メー..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      豪華懸想品眺めそぞろ歩き 祇園祭後祭・宵々々山

      20170721000174

       祇園祭は21日、後祭(あとまつり)の宵々々山を迎えた。京都市中心部では、夜になると山と..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「福島の子、着実に成長」 京都の支援者ら中学生に語る

      20170721000060

       原発事故があった福島県への支援を続ける京都府向日市のボランティア団体「ミンナソラノシタ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖でアオコ発生 今年初、これまでで最も早く

      20170721000153

       滋賀県は21日、今年初めてとなる琵琶湖でのアオコの発生を、草津市下物町の烏丸半島北側で..... [ 記事へ ]