出版案内
福祉事業団

「人格」より「行動」で善悪判断 自閉スペクトラム症の子

 コミュニケーション障害などがある「自閉スペクトラム症」(ASD)の小中学生は、相手の「人格」よりも、目に見える「行動」で良い人か悪い人かを判断する傾向があることが、京都大白眉センターの米田英嗣准教授や福井大などのグループの研究で分かった。英科学誌サイエンティフィック・リポーツで29日発表した。

■京大など研究、詐欺被害防止策に役立つ?

 米田准教授は「ASDの人は、相手が本当は悪い人であっても、見せかけの良い行動を信じてしまいやすいという結果で、詐欺被害の防止策の検討などに役立つ」と話している。

 グループは、11~14歳のASDの19人に、ある子どもの人格と行動を説明した文章を読んでもらった後、その子が良い子かどうかを尋ねた。

 例えば、「ともお君」という人物について、「わがままで自分のことばかり考える子です」と「人格」について説明した後、「お父さんが好きなサッカーの試合をいっしょに見に行こうと言いました」と、父親に配慮して「行動」したことを示すと、ともお君は「良い子だ」と答えたのがASDの小中学生は約97%だったが、ASDでない小中学生は約72%にとどまった。

【 2016年11月29日 22時55分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      浜岡原発再稼働「反対」
      静岡知事、初めて明言

      20170627000166

       静岡県の川勝平太知事は27日の記者会見で、中部電力が再稼働を目指す浜岡原発3、4号機(..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      柔道、ウルフが了徳寺学園へ
      今夏の世界選手権代表

      20170627000178

       柔道の世界選手権(8~9月・ブダペスト)男子100キロ級代表のウルフ・アロン(東海大)..... [ 記事へ ]

      経済

      夏バテ牛に「着る端末」開発
      グンゼ、体温下げ乳量増

      20170627000111

       グンゼは乳牛向けのウエアラブル端末を開発した。夏の暑さによるストレスで乳量が落ちるのを..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      太川陽介さん、古里の観光大使に 京都・京丹後

      20170627000153

       京都府京丹後市大宮町出身で俳優・タレントの太川陽介さん(58)が27日、同市初の観光大..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      不当要求に対する基本方針策定 京都府立医大で調査委会合

      20170626000131

       京都府立医科大付属病院の虚偽診断疑惑などを検証する府公立大学法人の調査委員会の第3回会..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      H2Aロケット胴体を公開
      日本版GPSの衛星搭載

      20170627000131

       三菱重工業は27日、H2Aロケット35号機の胴体部分を飛島工場(愛知県飛島村)で報道陣..... [ 記事へ ]