出版案内
福祉事業団

新たに空中遊歩道など整備へ 琵琶湖博物館、第2期リニューアル

「樹冠トレイル」と名付けられた空中遊歩道のイメージ図(県提供)
「樹冠トレイル」と名付けられた空中遊歩道のイメージ図(県提供)

 滋賀県は、県立琵琶湖博物館(草津市下物町)の第2期リニューアルの実施設計素案を明らかにした。はく製に触れたり、学芸員の資料整理作業を見学できる学びのスペースや、親子で楽しむ体験展示の場所を設ける。屋外には湖に向かって伸びる高さ約8メートル、総延長148メートルの空中遊歩道を造る。2018年度の完成予定。

 第2期は交流空間を中心に改装する。本館1階につくるスペース「おとなのディスカバリー」では、標本やはく製の実物に触れたり、顕微鏡や図鑑で調べものができたりする。学芸員がふだんの作業を実演するなど、大人の探求心を満たす空間を目指す。レストランは地元特産品を味わえる料理やドリンクメニューを充実させるほか、ミュージアムショップも一新する。

 空中遊歩道は「樹冠トレイル」と名付けられ、屋外展示の森を高い位置から観察できるようにし、琵琶湖岸の観光スポットを目指す。学校などの団体利用者が屋内で昼食や休憩できる場所も整備する。

 第2期の総事業費は6億3千万円で、年間57万人の来館者数を見込んでいる。第3期は18~20年度に二つの展示室をリニューアルする予定となっている。

 同博物館は1996年に開館。現在、14年に策定した基本計画に沿って、3期に分けて再整備を進めている。第1期が今年完了し、7月にリニューアルオープンした。

【 2016年12月17日 09時30分 】

ニュース写真

  • 「樹冠トレイル」と名付けられた空中遊歩道のイメージ図(県提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      醍醐駅だけ乗客減、人口減影響か 京都市地下鉄、烏丸線好調

      20170722000187

       2016年度までの8年間で1日当たりの乗客数が5万人増えた京都市営地下鉄の全31駅で、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      神戸ポドルスキ、別格の存在感
      実戦デビューでアシスト

      20170722000183

       J1神戸に加入した元ドイツ代表FWポドルスキが22日、仙台市のユアテックスタジアム仙台..... [ 記事へ ]

      経済

      ロボットで基盤接続、対応コネクタ 京セラが新製品

      20170722000140

       京セラは、基板同士をつなぐ部品コネクタで、ロボットによる取り付けに対応した製品を発売し..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      宵々山、雨上がりの鉾町にお囃子 京都・祇園祭後祭

      20170722000192

       祇園祭の後祭は山鉾巡行(24日)を前に、22日宵々山を迎えた。京都市中心部では、市民や..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都の学生、知的国際交流 テーブル囲み3年目

      20170722000106

       観光や仕事で京都を訪れる外国人の中で、特定の分野に秀でたアーティストや研究者らを招き、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      南半球海域にマンボウ新種
      日豪研究チームが確認

      20170722000018

       オーストラリアやニュージーランド近海など南半球の温帯海域に、新種のマンボウが生息すると..... [ 記事へ ]