出版案内
福祉事業団

暖冬影響? 水鳥の姿激減 滋賀・草津の琵琶湖岸

琵琶湖岸で餌をついばむ水鳥。湖面にはほとんど姿が見られない(草津市志那町)
琵琶湖岸で餌をついばむ水鳥。湖面にはほとんど姿が見られない(草津市志那町)

 今冬、滋賀県草津市の琵琶湖岸に飛来する水鳥が激減している。「冬の使者」と呼ばれる渡り鳥コハクチョウは2015年度に累計で251羽が確認されたのに対し、今シーズンはわずか3羽のみ。湖面を埋めるはずのカモやオオバンも少なく、地元の愛鳥家たちは「さみしい限り。ここの冬が冬らしくない」と気をもんでいる。

■コハクチョウ3羽、琵琶湖全体では例年並み

 「一目見ただけで水鳥が少ない。訪れた人からも『今年はどうなっているの?』と心配される」。環境ボランティア団体「草津湖岸コハクチョウを愛する会」の吉岡美佐子理事長(69)はそう打ち明ける。

 同会の調べによると、コハクチョウは3羽が1月8日に初めて飛来したきり、姿を見せていない。05年度にはのべ5415羽が飛来したが、その後は減少傾向。今季は低調ぶりに拍車が掛かり、過去10年で最少だった12年度(のべ79羽)を下回るペースだ。カモ科の水鳥も昨年度は1日に計2千~4千羽が確認されたが、今季の最多は12月20日の1729羽。千羽前後いたクイナ科のオオバンは100羽にも満たない。

 減少の大きな原因として挙げられているのは、1月上旬まで続いた暖かい気候だ。湖北野鳥センター(長浜市)は「暖冬で、北陸などで雪が少なかったことが影響しているのかもしれない」と指摘し「この大雪を受けて移動してくるものもいるのでは」とみる。コハクチョウは琵琶湖全体では例年並みの400羽以上が確認されている。草津に寄りつかない一因には、琵琶湖の水位が高く餌となる水草が食べられないことも考えられ、同センターは「高島などの餌の状況が良ければ、草津まで行かない可能性もある」と話す。

 草津市志那町にある観察所には、カメラを手にした人たちが連日訪れている。同会は鳥インフルエンザへの正しい理解を呼びかけつつ、「ここは数メートルの距離から水鳥を見られ、景色もきれいな場所。コハクチョウを楽しみにしている人も多い。雪も降ったので、飛んできてくれたら」と願っている。

【 2017年01月19日 09時21分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖岸で餌をついばむ水鳥。湖面にはほとんど姿が見られない(草津市志那町)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      豊洲市場の追加工事始まる
      地下の床、コンクリで覆う

      20171218000155

       2018年10月中旬に予定される築地市場(東京都中央区)からの移転を前に、豊洲市場(江..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ソフトB内川新たに4億2年契約
      通算2千安打まで残り25本

      20171218000159

       今季が4年契約の最終年だったソフトバンクの内川聖一選手が18日、福岡市のヤフオクドーム..... [ 記事へ ]

      経済

      無人車両の自動走行実験、石川
      産業技術総合研究所

      20171218000147

       産業技術総合研究所(茨城県つくば市)は18日、石川県輪島市で、無人の車両が公道を自動走..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      スイス村でスキー場開き 京都・京丹後

      20171218000056

       京都府京丹後市弥栄町野中のスイス村スキー場で17日、スキー場開きが行われ、関係者がシー..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      同志社大と文化庁が包括協定 文化芸術都市の指標研究

      20171218000108

       文化庁地域文化創生本部と同志社大は17日、研究に関わる交流や情報交換を促進する包括協定..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      重水漏れ、がん療法臨床研究中断
      京大原子炉、運転再開直後1

      20171218000089

       8月末に運転を再開した京都大原子炉実験所の研究炉「KUR」(大阪府熊取町、出力5メガワ..... [ 記事へ ]