出版案内
福祉事業団

「再稼働、容認できない」 滋賀知事が大飯原発視察 

関西電力大飯原発の新たな安全対策を視察する三日月知事(左から3人目)=福井県おおい町
関西電力大飯原発の新たな安全対策を視察する三日月知事(左から3人目)=福井県おおい町

 滋賀県の三日月大造知事は20日、関西電力大飯原発(福井県おおい町)を視察した。早ければ夏にも再稼働が見込まれる3、4号機の新たな防災対策について、関電側から説明を受けた。

 国は、被ばく回避のための防護措置や避難計画など、同原発の緊急時対応の取りまとめを進めている。視察は、原発が集中立地する福井県の隣接県知事として、同原発の安全対策や事故時の課題を探るのが目的。三日月知事が同原発を訪れたのは初めて。

 三日月知事は3、4号機で事故が起きた際の現場指揮所となる緊急時対策所を視察した。現在1、2号機の建屋内にある対策所と、新たに構内に設ける対策所の建設現場を確認した。電源を失っても原子炉を冷やすための海水を注入できるよう導入された大容量ポンプや電源車の説明も受けた。

 約2時間の視察を終えた三日月知事は「福島の事故を教訓に、さまざまな課題を克服すべく対策を取っていた」とする一方、「実効性のある多重防護体制の確立はまだ道半ば。滋賀県として、3、4号機の再稼働を容認できる環境にはない」と従来の立場をあらためて表明した。

 この日は原発視察に先立ち、大飯原発から半径約30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)にある滋賀県高島市今津町保坂のモニタリングポストや、UPZ内の山間地にあり9世帯12人が暮らす同町の天増(あます)川区も訪れ、避難ルートの現状などを確認した。

【 2017年03月20日 23時00分 】

ニュース写真

  • 関西電力大飯原発の新たな安全対策を視察する三日月知事(左から3人目)=福井県おおい町
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      合掌造り包む柔らかな光、岐阜
      白川郷ライトアップ

      20180121000106

       岐阜県白川村の白川郷で21日、世界文化遺産に登録されている合掌造り集落がライトアップさ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      男子回転、大越は平昌出場逃す
      アルペンスキーW杯第8戦

      20180122000007

       【キッツビューエル(オーストリア)共同】アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は21日..... [ 記事へ ]

      経済

      伏見の搾りたて新酒飲み比べ 京都で酒蔵開き

      20180121000098

       京都市伏見区の伏見銘酒協同組合は21日、今シーズンの新酒を提供する「酒蔵開き」を組合の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      暖かい朝、手合わせ無病息災願う 京都・東寺で初弘法

      20180121000097

       京都市南区の東寺(教王護国寺)で21日、今年最初の縁日「初弘法」が開かれた。市内は3月..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      遺骨87体未返還、尊厳無視 <医の倫理根源 京大の収集>

      20180121000089

       京都大は、大正時代から京都帝国大医学部の清野謙次教授らが収集したアイヌ民族の遺骨のほか..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      31日に全国で「皆既月食」
      妖しい色、観察チャンス

      20180121000076

       月が地球の影にすっぽり隠れる「皆既月食」が今月31日夜に日本各地で起きる。夜中までの比..... [ 記事へ ]