出版案内
福祉事業団

「再稼働、容認できない」 滋賀知事が大飯原発視察 

関西電力大飯原発の新たな安全対策を視察する三日月知事(左から3人目)=福井県おおい町
関西電力大飯原発の新たな安全対策を視察する三日月知事(左から3人目)=福井県おおい町

 滋賀県の三日月大造知事は20日、関西電力大飯原発(福井県おおい町)を視察した。早ければ夏にも再稼働が見込まれる3、4号機の新たな防災対策について、関電側から説明を受けた。

 国は、被ばく回避のための防護措置や避難計画など、同原発の緊急時対応の取りまとめを進めている。視察は、原発が集中立地する福井県の隣接県知事として、同原発の安全対策や事故時の課題を探るのが目的。三日月知事が同原発を訪れたのは初めて。

 三日月知事は3、4号機で事故が起きた際の現場指揮所となる緊急時対策所を視察した。現在1、2号機の建屋内にある対策所と、新たに構内に設ける対策所の建設現場を確認した。電源を失っても原子炉を冷やすための海水を注入できるよう導入された大容量ポンプや電源車の説明も受けた。

 約2時間の視察を終えた三日月知事は「福島の事故を教訓に、さまざまな課題を克服すべく対策を取っていた」とする一方、「実効性のある多重防護体制の確立はまだ道半ば。滋賀県として、3、4号機の再稼働を容認できる環境にはない」と従来の立場をあらためて表明した。

 この日は原発視察に先立ち、大飯原発から半径約30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)にある滋賀県高島市今津町保坂のモニタリングポストや、UPZ内の山間地にあり9世帯12人が暮らす同町の天増(あます)川区も訪れ、避難ルートの現状などを確認した。

【 2017年03月20日 23時00分 】

ニュース写真

  • 関西電力大飯原発の新たな安全対策を視察する三日月知事(左から3人目)=福井県おおい町
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      加計問題、野党攻勢強める
      「共謀罪」29日に参院審議

      20170527000090

       国会は参院で29日に本会議が開かれ、安倍晋三首相が出席して「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      池田勇太、33位で予選通過
      米男子ゴルフ第2日

      20170527000054

       米男子ゴルフのディーン&デルーカ招待は26日、テキサス州フォートワースのコロニアルCC..... [ 記事へ ]

      経済

      難問続々、鉄道ファンら挑戦 京阪でクイズラリー開催

      20170527000076

       京阪電気鉄道は27日、京阪本線東福寺-三条間の「京都地下線」開通30周年を記念して主要..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      飛鳥時代から奈良時代の集落跡見つかる 滋賀・甲良

      20170527000047

       滋賀県甲良町在士の法養寺遺跡と横関遺跡で、飛鳥時代から奈良時代の集落跡が26日までに見..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ロープや音頼りに全力疾走 滋賀・彦根

      20170527000052

       滋賀県彦根市西今町の県立盲学校で26日、陸上記録会が行われた。手に握ったロープや、音を..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      最高齢、21歳の雄トキが繁殖
      人間では80歳、新潟・佐渡

      20170527000077

       新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターは27日、21歳の雄トキ友友と雌のペアから、ひなが生..... [ 記事へ ]