出版案内
福祉事業団

iPS基礎研究「終盤」 理研百周年式典、山中氏連携訴え

理化学研究所100年の記念式典であいさつする松本紘理事長(中央)=東京都千代田区・東京国際フォーラム
理化学研究所100年の記念式典であいさつする松本紘理事長(中央)=東京都千代田区・東京国際フォーラム

 理化学研究所(松本紘理事長)の創立百周年記念式典が26日、東京都内で開かれ、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の臨床応用などで協力している京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長が講演した。iPS細胞の基礎研究について「終盤の勝負をかける段階に来た」と述べ、海外との激しい競争の中で連携強化の必要性を訴えた。

 山中氏は移植の拒絶反応が少ない特殊な免疫を持つ人から作製したiPS細胞を提供し、3月に理研などが網膜の細胞を移植した臨床応用につなげた事例を紹介。細胞組織を移植する再生医療と、iPS細胞で効能を試す薬の開発は「(方向性を)読み間違えると大逆転で負ける」とし、「一日も早く一般的な治療で使えるよう理研の協力を得て進めたい」と強調した。

 理研は1917年、産業振興への貢献を目指す研究所として政府、皇室からの資金と民間の寄付で設立された。式典には天皇皇后両陛下をはじめ、松野博一文部科学相や国内外の研究者が出席した。

【 2017年04月27日 08時10分 】

ニュース写真

  • 理化学研究所100年の記念式典であいさつする松本紘理事長(中央)=東京都千代田区・東京国際フォーラム
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      醍醐駅だけ乗客減、人口減影響か 京都市地下鉄、烏丸線好調

      20170722000187

       2016年度までの8年間で1日当たりの乗客数が5万人増えた京都市営地下鉄の全31駅で、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      神戸ポドルスキ、別格の存在感
      実戦デビューでアシスト

      20170722000183

       J1神戸に加入した元ドイツ代表FWポドルスキが22日、仙台市のユアテックスタジアム仙台..... [ 記事へ ]

      経済

      ロボットで基盤接続、対応コネクタ 京セラが新製品

      20170722000140

       京セラは、基板同士をつなぐ部品コネクタで、ロボットによる取り付けに対応した製品を発売し..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大本開祖・出口なお生誕地発信へ 京都、没後100年に向け

      20170722000146

       大本の出口なお開祖(1837~1918年)が生まれた京都府福知山市上紺屋の土地を、宗教..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都の学生、知的国際交流 テーブル囲み3年目

      20170722000106

       観光や仕事で京都を訪れる外国人の中で、特定の分野に秀でたアーティストや研究者らを招き、..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      南半球海域にマンボウ新種
      日豪研究チームが確認

      20170722000018

       オーストラリアやニュージーランド近海など南半球の温帯海域に、新種のマンボウが生息すると..... [ 記事へ ]