出版案内
福祉事業団

iPS基礎研究「終盤」 理研百周年式典、山中氏連携訴え

理化学研究所100年の記念式典であいさつする松本紘理事長(中央)=東京都千代田区・東京国際フォーラム
理化学研究所100年の記念式典であいさつする松本紘理事長(中央)=東京都千代田区・東京国際フォーラム

 理化学研究所(松本紘理事長)の創立百周年記念式典が26日、東京都内で開かれ、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の臨床応用などで協力している京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長が講演した。iPS細胞の基礎研究について「終盤の勝負をかける段階に来た」と述べ、海外との激しい競争の中で連携強化の必要性を訴えた。

 山中氏は移植の拒絶反応が少ない特殊な免疫を持つ人から作製したiPS細胞を提供し、3月に理研などが網膜の細胞を移植した臨床応用につなげた事例を紹介。細胞組織を移植する再生医療と、iPS細胞で効能を試す薬の開発は「(方向性を)読み間違えると大逆転で負ける」とし、「一日も早く一般的な治療で使えるよう理研の協力を得て進めたい」と強調した。

 理研は1917年、産業振興への貢献を目指す研究所として政府、皇室からの資金と民間の寄付で設立された。式典には天皇皇后両陛下をはじめ、松野博一文部科学相や国内外の研究者が出席した。

【 2017年04月27日 08時10分 】

ニュース写真

  • 理化学研究所100年の記念式典であいさつする松本紘理事長(中央)=東京都千代田区・東京国際フォーラム
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      北朝鮮拉致問題で協力要請へ
      日モンゴル外相会談で

      20180222000166

       河野太郎外相は22日夜、モンゴルのツォグトバータル外相と会談し、北朝鮮による日本人拉致..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ドーピング「ジュニア期に教育を」 JADA斎藤さんに聞く

      20180222000172

       スポーツの公平性や尊厳を揺るがすドーピング問題が国内外で相次ぐ。開催中の平昌冬季五輪で..... [ 記事へ ]

      経済

      野崎染色、婚礼カラードレス事業に参入 京都・亀岡

      20180222000174

       繊維染色加工の野崎染色(京都府亀岡市)は、結婚式で着るカラードレスの製造販売に乗り出す..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      重文邸宅、眺望楽しんで 京都・旧三井家別邸で特別公開

      20180222000138

       明治、大正期の近代和風建築の伝統を伝える国重要文化財の旧三井家下鴨別邸(京都市左京区下..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      植物のDNA修復メカニズム解明 京産大教授ら

      20180222000076

       植物がDNAを修復するメカニズムの一端を、京都産業大総合生命科学部の木村成介教授や愿山..... [ 記事へ ]