出版案内
福祉事業団

iPS作製効率向上、2遺伝子発見 京大グループ

 マウスiPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製効率を大幅に向上させる二つの遺伝子を、京都大iPS細胞研究所の山本拓也講師や曽根正光研究員のグループが見つけた。iPS細胞ができるメカニズムの解明につながる成果で、米科学誌で3日発表する。

 細胞内でのエネルギー生産にかかわる遺伝子Zic3とEssrbを、山中伸弥教授が見つけた四つの初期化遺伝子のうちの三つとともにマウスの皮膚細胞に導入すると、iPS細胞の作製効率が数%から50%以上になった。

 iPS細胞は普通の体細胞とは異なった仕組みで細胞内のエネルギーを生産していることが分かっているが、今回見つけた二つの遺伝子は、iPS細胞特有のエネルギー生産を活性化していた。

 山本講師は「細胞のエネルギー生産が細胞の初期化にどのように関係しているかを解明していきたい」と話している。

【 2017年05月03日 08時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      首相、小平選手にインスタで祝意
      「威風堂々の金メダル」

      20180218000129

       安倍晋三首相は18日、韓国・平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ヘントの久保裕也は終盤退く
      ベルギー1部サッカー

      20180219000001

       【ヘント(ベルギー)共同】サッカーのベルギー1部リーグ、ヘントの久保裕也は18日、ホー..... [ 記事へ ]

      経済

      イオン、21年に新施設開業へ
      スペースワールド跡地

      20180218000090

       昨年末に閉園した北九州市のテーマパーク「スペースワールド」の跡地活用を巡り、土地を所有..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      バー「サンボア」、100年祝う 京都、裏千家家元ら発起人

      20180218000102

       京都市内や大阪、東京で営業するバー「サンボア」の100周年を祝う会が18日、京都市中京..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      15の春へ1万1千人超挑む 京都で公立高前期選抜

      20180216000075

       京都府内の公立高入試の前期選抜が16日始まり、中学3年生が第1志望への合格を目指して引..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      甲状腺がん支援の輪を広げて
      新宿の寺で演奏会、患者の手紙も

      20180217000073

       東京電力福島第1原発事故後に甲状腺がんと診断された子どもの療養費を支援するNPO法人「..... [ 記事へ ]