出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

よーい・どんで最大0.04秒差 立命大、走りに影響調査

スタート実験を再現した様子。セットからピストル音までの時間による被験者の反応時間の違いを解析した(大塚助教提供)
スタート実験を再現した様子。セットからピストル音までの時間による被験者の反応時間の違いを解析した(大塚助教提供)

 陸上競技短距離走における競技者のスタート反応は、ピストル音が鳴るタイミングが早いか遅いかによって左右されることを、立命館大スポーツ健康科学部の大塚光雄助教らのグループが現役選手による実験で突き止めた。ピストル音が鳴るのが早い場合より遅い場合の方が、最大0.04秒早く反応できた。国際科学誌で18日発表した。

 短距離走では「よーい」を意味する「セット」の掛け声を経て、「どん」に当たるピストル音が鳴らされるが、「よーい」と「どん」の間隔に明確なルールはない。

 グループが2012年から15年までの五輪、世界選手権の83レースについてセットからピストル音までの間隔を調べたところ、約1・45秒から約2・30秒までさまざまだったことから、間隔のばらつきがスタート反応に及ぼす影響を調べた。

 実験には20代男性で国際大会の経験もある7人の選手が参加し、セットとピストル音の間隔が1・465~2・096秒の間の5通りでスタート反応を調べた。筋肉の動きを感知するセンサーやハイスピードカメラ映像の分析から、ピストル音から体が動き出すまでの時間は、「よーい」と「どん」の間隔が1・465秒の際は平均0・156秒だったのに対し、同2・096秒では0・117秒しかかからなかった。間隔が長いほど選手の緊張感が高まり、好スタートの要因になると考えられるという。

 ピストル音の鳴るタイミング次第で反応時間が0・01秒の単位で変わるという結果に、大塚助教は「レースごとにスタートの公平性を期すのであれば、セットとピストル音の間隔をルールで一定にする対策が必要になる」と話している。

【 2017年05月18日 12時33分 】

ニュース写真

  • スタート実験を再現した様子。セットからピストル音までの時間による被験者の反応時間の違いを解析した(大塚助教提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      3日連続で米軍射撃訓練、市民ら抗議 京都・福知山

      20180419000151

       米軍経ケ岬通信所(京都府京丹後市)の軍人・軍属が19日、陸上自衛隊福知山射撃場(福知山..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      3人制バスケ、滋賀にプロチーム「ニンジャエアーズ」誕生

      20180419000196

       3人制バスケットボールのプロリーグ「3×3(スリーバイスリー)」に滋賀から参入するチー..... [ 記事へ ]

      経済

      27年度に契約数2割増へ
      第一生命、新商品軸に

      20180420000001

       第一生命ホールディングス(HD)の稲垣精二社長(54)は19日までに共同通信のインタビ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      約60年ぶり再興、賀茂斎院神霊社で奉祝祭 京都・下鴨神社

      20180419000172

       京都市左京区の下鴨神社で19日、葵祭で賀茂の神に仕えた歴代35人の斎王をまつる末社「賀..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      豪グレートバリアリーフが壊滅死
      16年の水温上昇で全体の3

      20180419000170

       【シドニー共同】オーストラリアの研究チームは19日、2016年に長期間続いた海水温の極..... [ 記事へ ]