出版案内
福祉事業団

脳卒中、年間29万人と推計 滋賀医大、死者の2.3倍

日本の脳卒中発症者数推計
日本の脳卒中発症者数推計

 日本で脳卒中になるのは年間29万人で、脳卒中による死亡者数の2・3倍に上るとの初の推計を、滋賀医科大(大津市)が13日、発表した。2011年に1年間、滋賀県で脳卒中を扱う全41病院のデータを調査して発症率を導き、全国の発症数を試算した。同大学は「一つの地域全体をカバーした脳卒中の実態調査はほかに例がない」とし、発症者の半数以上が亡くなるか介護が必要になっていることから、「予防と早期治療が依然として重要」としている。

 脳卒中の発症率や治療の現状などは情報が少なく、同大学では県の補助を受け、各病院や関係機関と11年に「琵琶湖ブレインアタックコンソーシアム」を立ち上げ、実態調査を開始。大学職員が実際に各病院に出向き、カルテなどを調査する手法で発症時の症状や既往歴などのデータを集めた。その結果、年間の発症者は2956人で、うち新たに発症したのは2176人(脳梗塞64%、脳出血25%、くも膜下出血9%)だったことが判明した。

 年齢構成などの違いを統計学的に調整した人口10万人当たりの新規発症率は166。これを日本の人口に当てはめて試算すると、22万人が新たに脳卒中を患い、再発も含めると29万人が発症したと推計された。厚生労働省の調査で11年の脳卒中による死亡者は約12万人なので、発症数はその2・3倍にのぼる。

 血管内治療や手術を受けた患者は9・1%で、73%がリハビリを受けていた。入院中に亡くなったのは17%で、46%で介護が必要になっていた。

 会見した同大学脳神経外科学講座の野崎和彦教授(60)は「郡部も都市部もある滋賀県は人口バランスもとれたデータを集めやすい県で、うまく調査できた。予後も含めやっと脳卒中の実態が分かった。不足している施策なども検討し、県民にデータを還元したい」と話した。

【 2017年06月13日 22時08分 】

ニュース写真

  • 日本の脳卒中発症者数推計
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      米空母と海自が共同訓練
      北朝鮮けん制、28日まで

      20170922000155

       海上自衛隊は22日、米海軍の原子力空母ロナルド・レーガンと海自の護衛艦が太平洋で共同訓..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、ムグルサが準決勝進出
      ケルバーも4強、東レ第5日

      20170922000180

       女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン第5日は22日、東京・有明テニスの森公園で..... [ 記事へ ]

      経済

      洗濯機もデザインにこだわり
      シャープ新製品、扉は鏡面仕立て

      20170922000164

       シャープは22日、天板やドアに鏡面仕立てのガラスを採用し、デザインにこだわった洗濯乾燥..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      1日10食限定、高級ステーキ丼 リーガロイヤル京都

      20170922000175

       リーガロイヤルホテル京都(京都市下京区)は、近江牛などの高級牛100グラムをご飯の上に..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ロボットで世代交流活性化 同女大がシステム共同開発

      20170921000198

       同志社女子大京田辺キャンパス(京都府京田辺市興戸)の学生と地域の高齢者が、世代を超えた..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      入場者が100万人を突破
      熊本県の水俣病資料館

      20170922000101

       水俣病の歴史と患者らの苦難を伝えてきた熊本県水俣市の市立水俣病資料館は22日、開館以来..... [ 記事へ ]