出版案内
福祉事業団

脳卒中、年間29万人と推計 滋賀医大、死者の2.3倍

日本の脳卒中発症者数推計
日本の脳卒中発症者数推計

 日本で脳卒中になるのは年間29万人で、脳卒中による死亡者数の2・3倍に上るとの初の推計を、滋賀医科大(大津市)が13日、発表した。2011年に1年間、滋賀県で脳卒中を扱う全41病院のデータを調査して発症率を導き、全国の発症数を試算した。同大学は「一つの地域全体をカバーした脳卒中の実態調査はほかに例がない」とし、発症者の半数以上が亡くなるか介護が必要になっていることから、「予防と早期治療が依然として重要」としている。

 脳卒中の発症率や治療の現状などは情報が少なく、同大学では県の補助を受け、各病院や関係機関と11年に「琵琶湖ブレインアタックコンソーシアム」を立ち上げ、実態調査を開始。大学職員が実際に各病院に出向き、カルテなどを調査する手法で発症時の症状や既往歴などのデータを集めた。その結果、年間の発症者は2956人で、うち新たに発症したのは2176人(脳梗塞64%、脳出血25%、くも膜下出血9%)だったことが判明した。

 年齢構成などの違いを統計学的に調整した人口10万人当たりの新規発症率は166。これを日本の人口に当てはめて試算すると、22万人が新たに脳卒中を患い、再発も含めると29万人が発症したと推計された。厚生労働省の調査で11年の脳卒中による死亡者は約12万人なので、発症数はその2・3倍にのぼる。

 血管内治療や手術を受けた患者は9・1%で、73%がリハビリを受けていた。入院中に亡くなったのは17%で、46%で介護が必要になっていた。

 会見した同大学脳神経外科学講座の野崎和彦教授(60)は「郡部も都市部もある滋賀県は人口バランスもとれたデータを集めやすい県で、うまく調査できた。予後も含めやっと脳卒中の実態が分かった。不足している施策なども検討し、県民にデータを還元したい」と話した。

【 2017年06月13日 22時08分 】

ニュース写真

  • 日本の脳卒中発症者数推計
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      京都移住で「半農半X」を 東京・秋葉原でフェア

      20180120000104

       京都への移住に関心がある人たちを対象にした京都府の「移住・交流フェア」が20日、東京・..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マインツの武藤が2得点
      サッカーのドイツ1部

      20180121000004

       【マインツ(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは20日、各地で行われ、マインツの..... [ 記事へ ]

      経済

      ドローンビジネス「視界良好」 京都の企業、データ収集活用

      20180120000065

       小型無人機ドローンを活用したビジネスが広がりを見せている。ドローンの販売や関連サービス..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新春の濃茶、もてなし和やかに 武者小路千家が東京初釜

      20180120000114

       茶道武者小路千家の東京初釜が20日、東京都文京区の東京稽古場で始まった。訪れた各界の招..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「軍機」医学、歴史の闇に <731部隊軍医の博士論文>

      20180119000140

       京都府精華町の国立国会図書館関西館で閲覧した731部隊の平澤正欣軍医の博士論文には不自..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]