出版案内
福祉事業団

琵琶湖の伝統漁「やな」ピンチ 空梅雨で川干上がり、アユ上らず

下流(左)に向かってアーチを描くように設置された安曇川のやな。川は干上がり、水をせき止める「す」(手前)は取り外されている=高島市安曇川町北船木
下流(左)に向かってアーチを描くように設置された安曇川のやな。川は干上がり、水をせき止める「す」(手前)は取り外されている=高島市安曇川町北船木

 川をせき止め、琵琶湖から上ってきたアユを生け捕りにする滋賀県の伝統漁法「やな」が記録的な不漁となっている。今年は遡上(そじょう)が遅れた上、ピークとなる5月以降に雨が少なく、アユが上るほどの水量が川にないからだ。近畿地方は空梅雨が続き、漁業者は「早く雨が降ってほしい」と願っている。

 高島市の安曇川に設置されたやなは、水をせき止める「す」が外され、稼働していない状態が続く。やながある河口付近は川が干上がり、白く乾いた川底の石が広がっている。

 やなを運営する北船木漁協の木村常男組合長(69)は、「例年ならこの時期までに20トンくらい取れるが、まだ2~3トン。私が知る限り、過去にこんなことはなかった」とあきれたように話す。

 県水産課によると、県内では安曇川のほか石田川、知内川(以上高島市)、姉川、田川(以上長浜市)、天野川(米原市)の5河川にやなが設置されているが、どこも渇水で不漁という。

 アユは川の水が雨で増えると活発に上がってくる。だが県内は5月から雨が少なく、同月の降水量は平年の約半分にとどまった。6月も同様で、7日に近畿の梅雨入りが発表されて以降もほとんど雨が降っておらず、川はやせ細っている。

 アユは成長した群れから接岸し、3~4月から川を上り始める。今年はアユの成育が遅く、春の遡上が少なかったことも不漁の一因という。

 県水産課は「雨が降って川の水が増えればアユは上ってくると思うが、まだ小さい魚が多いと聞くので、例年並みに取れるかどうかは分からない」と話す。

 彦根地方気象台によると、県内は21日にまとまった雨が降る見込みで、以降は梅雨らしい天気になるという。

【 2017年06月20日 08時54分 】

ニュース写真

  • 下流(左)に向かってアーチを描くように設置された安曇川のやな。川は干上がり、水をせき止める「す」(手前)は取り外されている=高島市安曇川町北船木
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      原発事故避難者の思い、冊子に 京都の医療従事者ら作成

      20170823000061

       福島第1原発事故によって京都府内に避難する人々が健康への思いをつづった冊子「避難者集団..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      F東京・中島がポルトガル1部へ
      リオ五輪代表MF、期限付き

      20170823000050

       J1のFC東京は23日、MF中島翔哉(23)がポルトガル1部リーグのポルティモネンセに..... [ 記事へ ]

      経済

      待ってたで、新米! 滋賀・高島、「ハナエチゼン」初出荷

      20170823000037

       滋賀県内のトップを切り、本年度産「ハナエチゼン」が22日、高島市今津町日置前のJA今津..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      古式ゆかしく、催し多彩に 10月1日、京都・宇治茶まつり

      20170823000042

       茶の礎を築いた先人に感謝する「宇治茶まつり」が、10月1日に京都府宇治市宇治の宇治川周..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      違法薬物、刑事が危険性訴え 京都の小学校で講演

      20170823000036

       違法薬物の危険性について理解を深める教諭対象の研修会が22日、京都市右京区の嵯峨小で開..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      脳科学で子どもの能力開発 京都で産学公プロジェクト

      20170822000199

       京都府が、企業や研究機関、NPO法人と連携し、脳科学などの最先端技術を活用して子どもの..... [ 記事へ ]