出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

豪雨「どこでも起こり得る」 京大防災研教授

 九州豪雨では、梅雨前線が長時間にわたって九州北部に停滞し、そこに湿った空気が流れ込んで狭い範囲に記録的な大雨を降らせた。京都大防災研究所の中北英一教授(水文気象学)は「梅雨時期における典型的な線状降水帯が形成されていた」と説明する。2012年8月の京都府南部豪雨も同様の仕組みで発生しており、「どこでも起こり得る現象」と注意を呼びかけている。

 線状降水帯は積乱雲が最大で数百キロにわたって連続的に発生し、大雨の原因となる。今回の九州豪雨では、梅雨前線が南側にある太平洋高気圧に押されて長時間停滞し、東シナ海から水蒸気を大量に含んだ空気が流れ込み、線状降水帯ができた。

 中北教授によると、梅雨期の九州は地理的に特に湿った空気が入りやすい。このため15年6月の熊本・長崎の豪雨をはじめ過去にも多くの豪雨被害が出ている。

 京都でも府南部豪雨のほか、14年8月の府北部豪雨などで線状降水帯が形成されたといい、「前線の停滞と湿った空気の流入という条件が重なると局地的な豪雨がもたらされることがある。普段からの備えが必要だ」と話している。

【 2017年07月06日 23時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      京大立て看撤去「表現の自由脅かす」 出身弁護士連名で声明

      20180522000161

       京都市の屋外広告物条例に違反するとして、京都大が吉田キャンパス(左京区)の周辺で立て看..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本、意図的な指示また否定
      「言葉足らずだった」

      20180522000202

       日本大広報部は22日、アメリカンフットボール部の宮川泰介選手が記者会見を行ったことを受..... [ 記事へ ]

      経済

      4K録画テレビ、18年秋に発売 三菱電機、京都で開発

      20180522000167

       三菱電機は22日、今年12月に高精細映像の4K・8Kの衛星放送が始まるのに合わせ、今秋..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ビーチブランコ、夕日ケ浦海岸にお目見え 京都・京丹後

      20180522000034

       京都府京丹後市網野町の夕日ケ浦海岸に、ビーチブランコ「ゆらり」が今年もお目見えし、観光..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京都・宮津沿岸にミナミハンドウイルカ 海洋高生ら調査奮闘

      20180522000204

       京都府宮津市上司の海洋高の生徒たちが、先月から宮津市の沿岸に出現しているミナミハンドウ..... [ 記事へ ]