出版案内
福祉事業団

滋賀のカワウ、9年ぶり増加 駆除困難化で今年7700羽

安曇川沿いの竹やぶで群れるカワウ。営巣地の分散で駆除ペースの鈍化が懸念されている(2015年1月、高島市新旭町太田)
安曇川沿いの竹やぶで群れるカワウ。営巣地の分散で駆除ペースの鈍化が懸念されている(2015年1月、高島市新旭町太田)

 滋賀県内で減少を続けてきたカワウが今春、9年ぶりに増加に転じていたことが関西広域連合の調査で分かった。個体数はピーク時の5分の1に減ったが、営巣地が県内各地に分散して効率的な駆除ができなくなっていることが要因とみられる。県はさらにカワウの生息数を減らす方針だが、駆除ペースの鈍化が予想されている。

 県によると、県内でカワウの生息数(春季)が最も多かったのは2008年の約3万8千羽。漁業被害やふんで樹木を枯らす被害などが深刻化して駆除を進め、16年には6538羽まで順調に減らしていた。

 ところが、今年は速報値で7767羽と前年より増えた。県が要因とみるのは営巣地の分散化だ。08年には98%が竹生島(長浜市)と伊崎半島(近江八幡市)に営巣していたが、現在は4割に減少。安曇川や野洲川、愛知川など各地へ営巣地が分散するようになり、猟銃が使えない市街地に近かったり、小規模になって警戒心が強まったりして対策が困難になっているという。

 一方で、県は来年度以降のカワウ対策をまとめた鳥獣管理計画の検討に6月から着手。今後5年間でカワウを4千羽まで減らして被害防止と保護のバランスをとる目標を示し、検討を始めた。県鳥獣対策室は「今後はさらに個体数を減らしにくい状況になる。新しいコロニー(繁殖地)は早期に対策すれば効果も高く、追い払いを進めていきたい」としている。

【 2017年07月09日 13時28分 】

ニュース写真

  • 安曇川沿いの竹やぶで群れるカワウ。営巣地の分散で駆除ペースの鈍化が懸念されている(2015年1月、高島市新旭町太田)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      元米軍属に無期懲役求刑、沖縄
      女性殺害事件、弁護側は殺意否

      20171124000044

       沖縄県うるま市で昨年4月、女性会社員=当時(20)=を暴行し殺害したとして、殺人などの..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      広島がリーグ連覇のお礼参り
      小窪「報告できて良かった」

      20171124000073

       広島が24日、リーグ連覇を果たしたお礼のため、広島市内の護国神社を参拝した。松田オーナ..... [ 記事へ ]

      経済

      ファミマ、コインランドリー参入
      集客増を狙い、500店展開

      20171124000075

       ファミリーマートは24日、コインランドリー事業に参入すると発表した。駐車場がある敷地の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      祇園小唄「舞妓として必須」 京都で歌碑に献花

      20171124000013

       京都の四季の風情や舞妓の心情を詠み、花街で親しまれ続ける歌舞曲をたたえる祇園小唄祭が2..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オンラインゲームでおすすめ図書推薦 同大教授ら開発

      20171123000048

       個々の関心に合う本を紹介する小中学生対象のオンラインゲームを、同志社大の原田隆史教授(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中間貯蔵施設、18年に計画地点
      大飯再稼働、福井県知事同意

      20171123000109

       関西電力の岩根茂樹社長は23日、福井県内に持つ原発の使用済み核燃料を一時保管する中間貯..... [ 記事へ ]