出版案内
福祉事業団

滋賀のカワウ、9年ぶり増加 駆除困難化で今年7700羽

安曇川沿いの竹やぶで群れるカワウ。営巣地の分散で駆除ペースの鈍化が懸念されている(2015年1月、高島市新旭町太田)
安曇川沿いの竹やぶで群れるカワウ。営巣地の分散で駆除ペースの鈍化が懸念されている(2015年1月、高島市新旭町太田)

 滋賀県内で減少を続けてきたカワウが今春、9年ぶりに増加に転じていたことが関西広域連合の調査で分かった。個体数はピーク時の5分の1に減ったが、営巣地が県内各地に分散して効率的な駆除ができなくなっていることが要因とみられる。県はさらにカワウの生息数を減らす方針だが、駆除ペースの鈍化が予想されている。

 県によると、県内でカワウの生息数(春季)が最も多かったのは2008年の約3万8千羽。漁業被害やふんで樹木を枯らす被害などが深刻化して駆除を進め、16年には6538羽まで順調に減らしていた。

 ところが、今年は速報値で7767羽と前年より増えた。県が要因とみるのは営巣地の分散化だ。08年には98%が竹生島(長浜市)と伊崎半島(近江八幡市)に営巣していたが、現在は4割に減少。安曇川や野洲川、愛知川など各地へ営巣地が分散するようになり、猟銃が使えない市街地に近かったり、小規模になって警戒心が強まったりして対策が困難になっているという。

 一方で、県は来年度以降のカワウ対策をまとめた鳥獣管理計画の検討に6月から着手。今後5年間でカワウを4千羽まで減らして被害防止と保護のバランスをとる目標を示し、検討を始めた。県鳥獣対策室は「今後はさらに個体数を減らしにくい状況になる。新しいコロニー(繁殖地)は早期に対策すれば効果も高く、追い払いを進めていきたい」としている。

【 2017年07月09日 13時28分 】

ニュース写真

  • 安曇川沿いの竹やぶで群れるカワウ。営巣地の分散で駆除ペースの鈍化が懸念されている(2015年1月、高島市新旭町太田)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      北朝鮮拉致問題で協力要請へ
      日モンゴル外相会談で

      20180222000166

       河野太郎外相は22日夜、モンゴルのツォグトバータル外相と会談し、北朝鮮による日本人拉致..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ドーピング「ジュニア期に教育を」 JADA斎藤さんに聞く

      20180222000172

       スポーツの公平性や尊厳を揺るがすドーピング問題が国内外で相次ぐ。開催中の平昌冬季五輪で..... [ 記事へ ]

      経済

      野崎染色、婚礼カラードレス事業に参入 京都・亀岡

      20180222000174

       繊維染色加工の野崎染色(京都府亀岡市)は、結婚式で着るカラードレスの製造販売に乗り出す..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      重文邸宅、眺望楽しんで 京都・旧三井家別邸で特別公開

      20180222000138

       明治、大正期の近代和風建築の伝統を伝える国重要文化財の旧三井家下鴨別邸(京都市左京区下..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      植物のDNA修復メカニズム解明 京産大教授ら

      20180222000076

       植物がDNAを修復するメカニズムの一端を、京都産業大総合生命科学部の木村成介教授や愿山..... [ 記事へ ]