出版案内
福祉事業団

滋賀のカワウ、9年ぶり増加 駆除困難化で今年7700羽

安曇川沿いの竹やぶで群れるカワウ。営巣地の分散で駆除ペースの鈍化が懸念されている(2015年1月、高島市新旭町太田)
安曇川沿いの竹やぶで群れるカワウ。営巣地の分散で駆除ペースの鈍化が懸念されている(2015年1月、高島市新旭町太田)

 滋賀県内で減少を続けてきたカワウが今春、9年ぶりに増加に転じていたことが関西広域連合の調査で分かった。個体数はピーク時の5分の1に減ったが、営巣地が県内各地に分散して効率的な駆除ができなくなっていることが要因とみられる。県はさらにカワウの生息数を減らす方針だが、駆除ペースの鈍化が予想されている。

 県によると、県内でカワウの生息数(春季)が最も多かったのは2008年の約3万8千羽。漁業被害やふんで樹木を枯らす被害などが深刻化して駆除を進め、16年には6538羽まで順調に減らしていた。

 ところが、今年は速報値で7767羽と前年より増えた。県が要因とみるのは営巣地の分散化だ。08年には98%が竹生島(長浜市)と伊崎半島(近江八幡市)に営巣していたが、現在は4割に減少。安曇川や野洲川、愛知川など各地へ営巣地が分散するようになり、猟銃が使えない市街地に近かったり、小規模になって警戒心が強まったりして対策が困難になっているという。

 一方で、県は来年度以降のカワウ対策をまとめた鳥獣管理計画の検討に6月から着手。今後5年間でカワウを4千羽まで減らして被害防止と保護のバランスをとる目標を示し、検討を始めた。県鳥獣対策室は「今後はさらに個体数を減らしにくい状況になる。新しいコロニー(繁殖地)は早期に対策すれば効果も高く、追い払いを進めていきたい」としている。

【 2017年07月09日 13時28分 】

ニュース写真

  • 安曇川沿いの竹やぶで群れるカワウ。営巣地の分散で駆除ペースの鈍化が懸念されている(2015年1月、高島市新旭町太田)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      対北、中国に影響力行使求める
      岸田外相と英外相が戦略対話

      20170721000079

       岸田文雄外相は21日、東京都内の飯倉公館で英国のジョンソン外相と戦略対話を開き、北朝鮮..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      松山は8番終え3アンダー
      全英OPゴルフ第2日

      20170721000160

       【サウスポート(英国)共同】男子ゴルフのメジャー第3戦、全英オープン選手権は21日、英..... [ 記事へ ]

      経済

      平和堂、他社商業施設に出店 京都・MOMOテラス

      20170721000142

       平和堂は21日、京都市伏見区のショッピングセンター(SC)「MOMOテラス」内に、メー..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      豪華懸想品眺めそぞろ歩き 祇園祭後祭・宵々々山

      20170721000174

       祇園祭は21日、後祭(あとまつり)の宵々々山を迎えた。京都市中心部では、夜になると山と..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「福島の子、着実に成長」 京都の支援者ら中学生に語る

      20170721000060

       原発事故があった福島県への支援を続ける京都府向日市のボランティア団体「ミンナソラノシタ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖でアオコ発生 今年初、これまでで最も早く

      20170721000153

       滋賀県は21日、今年初めてとなる琵琶湖でのアオコの発生を、草津市下物町の烏丸半島北側で..... [ 記事へ ]