出版案内
福祉事業団

ES細胞、iPSと比較の契機 京大、再生医療に新選択肢

ES細胞とiPS細胞
ES細胞とiPS細胞

 京都大ウイルス・再生医科学研究所はこのほど、再生医療用のES細胞(胚性幹細胞)をストックする計画の本格始動を表明した。本年度中に医療機関へ分配を始めるといい、日本の再生医療に新たな選択肢が加わった形だ。会見した末盛博文准教授は「ES細胞とiPS細胞(人工多能性幹細胞)はよく似た性質で、どちらが再生医療に適しているかは未解明」と解説。二つの幹細胞を合わせて研究する重要性を強調した。

 ES細胞は、不妊治療の際にできた受精卵の中から廃棄が決まった胚を使って作る。子宮に戻せば個体になり得る胚を利用するため、ES細胞を使った研究には規制が多く、日本の再生医療研究者は比較的規制の緩やかなiPS細胞研究に流れてきた。今回のES細胞のストック計画も、iPS細胞の研究に合わせ再生医療に関する法整備が進んだことが背景にある。

 だが、研究の進展につれて、iPS細胞の技術面での特色が薄れてきつつあるのも事実だ。

 iPS細胞は当初、ES細胞と違って患者自身の細胞から作れるため拒絶反応が少なく、利点があるとされた。しかしコストや時間がかかるとして、拒絶反応の起こりにくいタイプの他人のiPS細胞を使う方向にシフト。必ずしも拒絶反応の起こりにくいタイプを使う必要はないと考える研究者もおり、結果としてES細胞との違いはなくなりつつある。また、海外ではES細胞の再生医療への応用が先行しているという指摘も多い。

 ただ依然として、倫理面から受精卵を使うES細胞に抵抗を示す声は根強い。京都大の山中伸弥教授も先月下旬の京都新聞の取材に「受精卵の利用は最小限にするべきだ。10年前も今も強く思っている」と強調。iPS細胞と比較するためにもES細胞の研究の必要性は認めつつ、不必要な使用には抵抗感を示した。

 一方で同研究所に受精した胚を提供する足立病院(京都市中京区)の中山貴弘副院長は、「病院では年間600個くらいの受精した胚を廃棄している。できるならES細胞などに使ってほしいと望むカップルは多いのではないか」と話す。ES細胞の是非を論じるには、不妊治療が定着している現状も見据えるべきという。

 二つの細胞のいずれを使うのが望ましいのか。技術面でも倫理面でも結論は容易には出ない。再生医療が現実味を帯びる中、今回の計画開始をきっかけに、二つの細胞の特質を見極める知見の積み重ねを期待したい。

【 2017年07月17日 12時35分 】

ニュース写真

  • ES細胞とiPS細胞
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      北朝鮮拉致問題で協力要請へ
      日モンゴル外相会談で

      20180222000166

       河野太郎外相は22日夜、モンゴルのツォグトバータル外相と会談し、北朝鮮による日本人拉致..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ドーピング「ジュニア期に教育を」 JADA斎藤さんに聞く

      20180222000172

       スポーツの公平性や尊厳を揺るがすドーピング問題が国内外で相次ぐ。開催中の平昌冬季五輪で..... [ 記事へ ]

      経済

      野崎染色、婚礼カラードレス事業に参入 京都・亀岡

      20180222000174

       繊維染色加工の野崎染色(京都府亀岡市)は、結婚式で着るカラードレスの製造販売に乗り出す..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      重文邸宅、眺望楽しんで 京都・旧三井家別邸で特別公開

      20180222000138

       明治、大正期の近代和風建築の伝統を伝える国重要文化財の旧三井家下鴨別邸(京都市左京区下..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      植物のDNA修復メカニズム解明 京産大教授ら

      20180222000076

       植物がDNAを修復するメカニズムの一端を、京都産業大総合生命科学部の木村成介教授や愿山..... [ 記事へ ]