出版案内
福祉事業団

ツシマヤマネコ誕生に秘話 京都、「陣痛、時間との勝負」

生後2カ月を過ぎ、繁殖棟での生活にも慣れてきたツシマヤマネコ(7月16日)=京都市動物園提供
生後2カ月を過ぎ、繁殖棟での生活にも慣れてきたツシマヤマネコ(7月16日)=京都市動物園提供

 京都市動物園(左京区)で5月に生まれた国の天然記念物、ツシマヤマネコの赤ちゃん2頭が、全国初の試みとなる人工飼育で元気に育っている。希少動物の絶滅を防ごうと、国内各地の動物園などで保護・繁殖し、将来野生に戻すことを目指す国のプロジェクトの一環。繁殖の成功までには関係者のさまざまな苦労があり、誕生した今も手探りの子育てが続いている。

 母親のメイ(現在3歳)は2015年1月、福岡市動物園から来園。同年11月に同じく福岡市動物園から来た雄のキイチ(同10歳)との間に子をもうけた。

 メイは、実は昨年も一度キイチの子を出産したが、陣痛が長引き、生後すぐに亡くなった。同じ悔しさを繰り返さないため、京都市動物園は今回、メイの妊娠が分かった3月から綿密な準備を整えてきた。

 おなかを触ったり聴診器を当てたりといった検査でストレスを与えないよう、動物行動学や心理学を駆使したトレーニングを続ける一方、外部の獣医師らとも連絡を取り合い24時間態勢で出産に備えた。

 メイの陣痛が始まったのは5月11日午後5時すぎ。だが、2時間以上たっても生まれる兆しがなく、待機していた獣医師が帝王切開を決断、同7時半ごろ無事にオスとメスの2頭が生まれた。「手術を始めたら5~10分で赤ちゃんを取り出さねばならず、時間との勝負でした」。種の保存展示課係長の長尾充徳さん(54)が、緊迫した出産時の状況を振り返る。

 帝王切開で生まれたため、赤ちゃんはイエネコ用のミルクで人工飼育することに。これは全国初の試みで、「ミルクの量や回数を含め全てが手探りだった」と長尾さん。ただ、栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」がイエネコの人工飼育に取り組んだ例があり、その時のデータが参考になったという。

 生後70日を超えた2頭は現在、専用施設で暮らす。これまでに「ちょっと下痢や便秘があったくらいで、(生育状況は)順調すぎるほど」。そう話す長尾さんが次の課題に挙げるのは、「餌を自力で捕れるようになる」ことだ。

 餌はこれまで、離乳食に軟らかいミンチ肉、次は肉の塊を少し混ぜて-と成長に応じて変えてきた。野生なら餌となる小動物を捕るすべを親が子に教えるが、人工飼育下では試行錯誤が続く。「肉をかみ切るのもいつの間にかできるようになった。狩りも本能でするのでは」。飼育を担当する高木直子さん(47)は当面は静観するつもりだ。

 また健康面では、種々の感染症にかかる恐れが低くなり、安心と言えるまで、もう一息とも。8月には2回目のワクチン接種も予定している。ただ全国の施設で飼育する個体に心臓疾患の症例が増加している点が気に掛かる、と高木さん。「何か遺伝的な問題があるのかも」とし、「生まれた直後は大丈夫でも、大きくなるにつれて心臓への負担が増す。この子たちも注意して見守りたい」と話す。

 京都市動物園は、ツシマヤマネコの繁殖に成功した本州で初の動物園となった。とはいえ、そのノウハウはまだ発展途上。京都大と協力して設置している研究センターで今後ゲノム解析も進め、繁殖率向上や飼育動物の長寿命化に役立てる計画もある。

■ツシマヤマネコ 長崎県対馬市だけに生息する野生のネコ。ベンガルヤマネコの亜種とされる。額に白黒の縦じま模様があり、尾は太くて長く、耳の先が丸いのが主な特徴。1971年に国の天然記念物に指定された。環境省のレッドリストで絶滅の恐れが極めて高い「絶滅危惧ⅠA類」となっている。

【 2017年08月02日 22時10分 】

ニュース写真

  • 生後2カ月を過ぎ、繁殖棟での生活にも慣れてきたツシマヤマネコ(7月16日)=京都市動物園提供
  • 生まれた直後にメイの母乳を吸う赤ちゃん。目は見えなくても、頭を動かして母親の乳首を探していた(5月11日)=京都市動物園提供
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      国内最大ハッカー大会で日本3位
      韓国チーム優勝、米が2位

      20180219000165

       サイバー攻撃対策に役立つ技術を競う日本最大のハッカー大会「SECCON(セクコン)20..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      女子団体が準決勝へ
      スピードスケート・19日

      20180219000167

       スピードスケート女子団体追い抜き1回戦で、世界記録を持つ高木美帆(日体大助手)、高木菜..... [ 記事へ ]

      経済

      トヨタ、テストコースに3千億円
      山岳路模し19年4月一部完

      20180219000129

       トヨタ自動車の寺師茂樹副社長は19日、愛知県豊田市と岡崎市にまたがる山間地に造る大型テ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      グンゼ創業者鶴吉の生涯、社員と市民熱演 没後100年で

      20180219000057

       繊維大手グンゼの創業者波多野鶴吉(1858~1918年)が23日で没後100年を迎える..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      契約は慎重、相談早め 京都、高校生が悪徳商法の対応学ぶ

      20180219000059

       卒業を控えた高校3年生を対象に、契約に関わるトラブルや悪徳商法の被害を防ぐための教室が..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      九電、玄海3号機の燃料装填公開
      安全性アピール

      20180219000128

       九州電力は19日、玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の再稼働に向けた核燃料の装填作業を報道..... [ 記事へ ]