出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

山中教授、iPS創薬に期待 治験前、京都で講演

講演でiPS細胞を使った創薬の臨床応用への期待を語る山中教授(京都市左京区・ロームシアター京都)
講演でiPS細胞を使った創薬の臨床応用への期待を語る山中教授(京都市左京区・ロームシアター京都)

 京都大iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授が5日、京都市左京区のロームシアター京都で講演し、来月にも始まるiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った希少難病の創薬に向けた治験について、「患者への有効性や副作用についてはまだ分からないが、研究段階では期待を持てる効果が出ている」と語った。

 山中教授は、iPS細胞による医療では、組織を作って移植する再生医療とともに、病態を再現して多くの化合物の効果を試す創薬応用が二本柱と強調。創薬分野で応用に近い事例として、筋肉の中に骨が生じる希少難病「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」の治療薬を挙げ、「『一日も早く薬を』という患者さんの心の叫びを受けた研究。何とか効果があることを祈っている」と述べた。

 また、運動神経が変性して全身の筋力が低下する難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の治療薬候補が見つかったことに、「これをとっかかりにして克服したい」と述べ、早期実用化への期待感を示した。

 講演では、理化学研究所などが行っている目の難病「加齢黄斑変性」の患者への手術なども紹介。京大iPS細胞研の教職員の安定雇用や研究環境の改善のため、寄付の重要性も語った。講演会は京都東山ロータリークラブが創立50周年を記念して開催し、約2千人が集まった。同クラブは300万円を同研究所に寄付した。

【 2017年08月05日 23時20分 】

ニュース写真

  • 講演でiPS細胞を使った創薬の臨床応用への期待を語る山中教授(京都市左京区・ロームシアター京都)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      カジノ、19日に内閣委採決
      与党方針で攻防激化

      20180718000165

       与党は18日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案の参院内閣委員会での採決を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ソ5―12西(18日)
      西武が快勝

      20180718000178

       西武が快勝。一回に山川の適時打、外崎の2点三塁打で3点を先行し、二回も山川の2点打など..... [ 記事へ ]

      経済

      EU、グーグル制裁5700億円
      スマホに自社アプリ強制

      20180718000120

       【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は18日、米IT大手グーグルが基本ソフト..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      炎天下、山鉾町に再び鉾 祇園祭・後祭山鉾建て

      20180718000170

       祇園祭の後祭(あとまつり)巡行(24日)に向けて、京都市中心部で18日、山鉾建てが始ま..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ライチョウひな3羽目死ぬ、栃木
      那須の動物園、残り1羽に

      20180718000071

       栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」は18日、人工繁殖に取り組む国の特別天然記念物..... [ 記事へ ]