出版案内
福祉事業団

壁柱補強の木造住宅、震度7耐える 京大防災研で実験

壁柱工法の耐震実験。木造建物1階の四隅の柱を挟むように計8枚の壁柱を設置して行った(京都府宇治市・京都大防災研究所)
壁柱工法の耐震実験。木造建物1階の四隅の柱を挟むように計8枚の壁柱を設置して行った(京都府宇治市・京都大防災研究所)

 間伐材を壁のようにつなぎ合わせた「壁柱」を用いた耐震実験が9日、京都府宇治市の京都大防災研究所で行われた。木造2階建ての建物の1階部分に壁柱を設置しておくと、震度7クラスの揺れに対しても倒壊しないことが確かめられた。

 壁柱は、耐震性の低い木造住宅の耐震補強のための工法として、京大防災研の川瀬博教授のグループと大阪府木材連合会が2008年に共同開発した。9本のスギ間伐材を立てた状態で横につなぎ合わせたパネルを、倒壊を防ぎたい部屋の四隅に設置する。筋交いなどの従来工法に比べて建物の変形に強く、費用も安いメリットがあるという。

 実験では、1階と2階に1部屋ずつある木造建物の1階部分の四隅に壁柱計8枚を設置して、最大で震度7の横揺れを起こした。その結果、建物は一定の変形が生じたが倒壊せず、補強した1階部分は守られた。壁柱の間伐材同士がこすれ合って地震の衝撃を逃がす仕組みがうまく機能したと考えられるという。

 川瀬教授は「壁柱で1部屋だけでも補強すれば、大地震の時はそこに逃げ込むことで圧迫死を避けられる。南海トラフの巨大地震の備えにもなる」と話している。

【 2017年08月09日 22時50分 】

ニュース写真

  • 壁柱工法の耐震実験。木造建物1階の四隅の柱を挟むように計8枚の壁柱を設置して行った(京都府宇治市・京都大防災研究所)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      子ども食堂、地域住民と交流も 滋賀「人口比」全国最多

      20170816000157

      子ども食堂の「先進地」といわれる滋賀県で、地域住民による開設がさらに広がりを見せている。..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      全国の強豪集いキックオフ びわ湖カップ少年サッカー

      20170816000163

       全国の強豪が集う「びわ湖カップ少年サッカー大会U-11」(滋賀県、県希望が丘文化公園、..... [ 記事へ ]

      経済

      ドンキホーテ、500店舗展開へ
      20年までに、売上高1兆円

      20170816000110

       ディスカウント店大手のドンキホーテホールディングス(HD)の大原孝治社長は16日、現在..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      供養の光、花火と共に 京都・宮津燈籠流し

      20170816000166

       丹後の夏の風物詩「宮津燈籠(とうろう)流し花火大会」が16日夜、京都府宮津市の宮津湾一..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自転車危険個所、マップに表示 立命大でアプリ作成

      20170815000156

       立命館大の研究者などでつくるプロジェクトがキャンパス周辺での自転車事故を防ごうと、イン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中国製混入は「在庫処分のため」
      解熱鎮痛剤不正、和歌山県に

      20170815000144

       解熱鎮痛剤アセトアミノフェン(AA)を製造する国内大手原薬メーカー「山本化学工業」(和..... [ 記事へ ]