出版案内
福祉事業団

壁柱補強の木造住宅、震度7耐える 京大防災研で実験

壁柱工法の耐震実験。木造建物1階の四隅の柱を挟むように計8枚の壁柱を設置して行った(京都府宇治市・京都大防災研究所)
壁柱工法の耐震実験。木造建物1階の四隅の柱を挟むように計8枚の壁柱を設置して行った(京都府宇治市・京都大防災研究所)

 間伐材を壁のようにつなぎ合わせた「壁柱」を用いた耐震実験が9日、京都府宇治市の京都大防災研究所で行われた。木造2階建ての建物の1階部分に壁柱を設置しておくと、震度7クラスの揺れに対しても倒壊しないことが確かめられた。

 壁柱は、耐震性の低い木造住宅の耐震補強のための工法として、京大防災研の川瀬博教授のグループと大阪府木材連合会が2008年に共同開発した。9本のスギ間伐材を立てた状態で横につなぎ合わせたパネルを、倒壊を防ぎたい部屋の四隅に設置する。筋交いなどの従来工法に比べて建物の変形に強く、費用も安いメリットがあるという。

 実験では、1階と2階に1部屋ずつある木造建物の1階部分の四隅に壁柱計8枚を設置して、最大で震度7の横揺れを起こした。その結果、建物は一定の変形が生じたが倒壊せず、補強した1階部分は守られた。壁柱の間伐材同士がこすれ合って地震の衝撃を逃がす仕組みがうまく機能したと考えられるという。

 川瀬教授は「壁柱で1部屋だけでも補強すれば、大地震の時はそこに逃げ込むことで圧迫死を避けられる。南海トラフの巨大地震の備えにもなる」と話している。

【 2017年08月09日 22時50分 】

ニュース写真

  • 壁柱工法の耐震実験。木造建物1階の四隅の柱を挟むように計8枚の壁柱を設置して行った(京都府宇治市・京都大防災研究所)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      G20大阪開催を正式発表
      菅官房長官

      20180221000069

       菅義偉官房長官は21日の記者会見で、日本で初めての開催となる2019年の20カ国・地域..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大久保、国武は予選敗退
      スノーボード・21日

      20180221000083

       スノーボード新種目の男子ビッグエア予選で、17歳の大久保勇利(ムラサキスポーツ)と16..... [ 記事へ ]

      経済

      ベネズエラ、仮想通貨流通を開始
      財政危機の打開図るも疑問視

      20180221000075

       【リオデジャネイロ共同】南米ベネズエラの反米左翼マドゥロ政権は20日、独自の仮想通貨「..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      150キロ、こんなに大きい 京都・力奉納の餅展示

      20180221000071

       巨大な餅を持ち上げる時間を競う「餅上げ力奉納」が23日に醍醐寺(京都市伏見区)で行われ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大間原発、進捗率4割弱
      規制委の審査長引く

      20180221000070

       電源開発(Jパワー)は21日、青森県大間町で建設中の大間原発を報道陣に公開した。運転開..... [ 記事へ ]