出版案内
福祉事業団

壁柱補強の木造住宅、震度7耐える 京大防災研で実験

壁柱工法の耐震実験。木造建物1階の四隅の柱を挟むように計8枚の壁柱を設置して行った(京都府宇治市・京都大防災研究所)
壁柱工法の耐震実験。木造建物1階の四隅の柱を挟むように計8枚の壁柱を設置して行った(京都府宇治市・京都大防災研究所)

 間伐材を壁のようにつなぎ合わせた「壁柱」を用いた耐震実験が9日、京都府宇治市の京都大防災研究所で行われた。木造2階建ての建物の1階部分に壁柱を設置しておくと、震度7クラスの揺れに対しても倒壊しないことが確かめられた。

 壁柱は、耐震性の低い木造住宅の耐震補強のための工法として、京大防災研の川瀬博教授のグループと大阪府木材連合会が2008年に共同開発した。9本のスギ間伐材を立てた状態で横につなぎ合わせたパネルを、倒壊を防ぎたい部屋の四隅に設置する。筋交いなどの従来工法に比べて建物の変形に強く、費用も安いメリットがあるという。

 実験では、1階と2階に1部屋ずつある木造建物の1階部分の四隅に壁柱計8枚を設置して、最大で震度7の横揺れを起こした。その結果、建物は一定の変形が生じたが倒壊せず、補強した1階部分は守られた。壁柱の間伐材同士がこすれ合って地震の衝撃を逃がす仕組みがうまく機能したと考えられるという。

 川瀬教授は「壁柱で1部屋だけでも補強すれば、大地震の時はそこに逃げ込むことで圧迫死を避けられる。南海トラフの巨大地震の備えにもなる」と話している。

【 2017年08月09日 22時50分 】

ニュース写真

  • 壁柱工法の耐震実験。木造建物1階の四隅の柱を挟むように計8枚の壁柱を設置して行った(京都府宇治市・京都大防災研究所)

2017衆院選 開票速報

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      「皆さんのおかげ」と金田勝年氏
      「共謀罪」マスコミ批判も

      20171023000007

       激戦となった秋田2区を制した自民党前職の金田勝年氏(68)は22日夜、秋田県能代市の事..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サンガ、金沢とスコアレスドロー J2、闘莉王不在響く

      20171022000202

       サッカーJ2第38節は22日、石川県西部緑地公園陸上競技場ほかで5試合を行った。京都サ..... [ 記事へ ]

      経済

      ハロウィーン、幅広い年代に 京都で商戦活況

      20171021000136

       31日のハロウィーンに向け、京都の百貨店や商業施設で関連グッズの販売が本格化している。..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・時代祭、神事で平安祈る 台風影響で行列中止

      20171022000155

       京都三大祭りの一つ「時代祭」が台風21号の影響で中止されたことを受け、京都市左京区の平..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]