出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

壁柱補強の木造住宅、震度7耐える 京大防災研で実験

壁柱工法の耐震実験。木造建物1階の四隅の柱を挟むように計8枚の壁柱を設置して行った(京都府宇治市・京都大防災研究所)
壁柱工法の耐震実験。木造建物1階の四隅の柱を挟むように計8枚の壁柱を設置して行った(京都府宇治市・京都大防災研究所)

 間伐材を壁のようにつなぎ合わせた「壁柱」を用いた耐震実験が9日、京都府宇治市の京都大防災研究所で行われた。木造2階建ての建物の1階部分に壁柱を設置しておくと、震度7クラスの揺れに対しても倒壊しないことが確かめられた。

 壁柱は、耐震性の低い木造住宅の耐震補強のための工法として、京大防災研の川瀬博教授のグループと大阪府木材連合会が2008年に共同開発した。9本のスギ間伐材を立てた状態で横につなぎ合わせたパネルを、倒壊を防ぎたい部屋の四隅に設置する。筋交いなどの従来工法に比べて建物の変形に強く、費用も安いメリットがあるという。

 実験では、1階と2階に1部屋ずつある木造建物の1階部分の四隅に壁柱計8枚を設置して、最大で震度7の横揺れを起こした。その結果、建物は一定の変形が生じたが倒壊せず、補強した1階部分は守られた。壁柱の間伐材同士がこすれ合って地震の衝撃を逃がす仕組みがうまく機能したと考えられるという。

 川瀬教授は「壁柱で1部屋だけでも補強すれば、大地震の時はそこに逃げ込むことで圧迫死を避けられる。南海トラフの巨大地震の備えにもなる」と話している。

【 2017年08月09日 22時50分 】

ニュース写真

  • 壁柱工法の耐震実験。木造建物1階の四隅の柱を挟むように計8枚の壁柱を設置して行った(京都府宇治市・京都大防災研究所)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      地震被災家屋にブルーシート 京都で大雨予報、土砂災害も警戒

      20180619000177

       震度5強の京都府、震度5弱を観測した滋賀県でも20日明け方から昼すぎにかけて大雨になる..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      前田は3回2/3を3失点
      カブス戦

      20180620000023

       ▽カブス―ドジャース(19日・シカゴ) ドジャースの前田は先発して3回2/3を5安打3失..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の大企業、BCP対応生かす 大阪北部地震で

      20180620000040

       18日に大阪府北部で発生した地震を受け、京都の大手企業は、事前に策定していた事業継続計..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国名勝庭園の茶室、壁にひび 大阪北部地震

      20180619000179

       京都府八幡市八幡の国名勝「松花堂庭園」が18日の大阪府北部地震で、府指定文化財の茶室「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      北海道利尻島でヒグマ撮影
      無人カメラに林道歩く姿

      20180619000167

       106年ぶりにヒグマの生息が確認された北海道・利尻島で15日、無人のカメラが林道を歩く..... [ 記事へ ]