出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

人間の注意力、訓練で向上 京都・学研ATR、実験で実証

認知機能の回復のイメージ図(ATR提供の図を一部改変)
認知機能の回復のイメージ図(ATR提供の図を一部改変)

 認知機能に関わる脳の各領域のつながりを訓練で調整して注意力を向上させることに、関西文化学術研究都市の国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府精華町)などが7日までに人の実験で成功した。精神疾患や認知症の治療法の開発につながる成果という。

 グループは山下歩研修研究員、ATR認知機構研究所の今水寛所長など。

 脳の活動を細かな部位ごとに見ることができる機能的磁気共鳴装置(fMRI)で、注意力の持続や抑制に関わる二つの領域「左一次運動野」「左頭頂外側部」を調べた。

 実験は20代男女30人に行った。安静な状態で頭の中で右手の指を動かす想像を繰り返し、二つの領域の活動が連動しないときに得点が増える。4日間の実験後、連動性は低下し、別の実験で注意力の持続性が向上したことを確かめた。

 連動したとき得点が増える逆の実験では、注意力の持続性が低下した。脳のつながりを調整することで、注意力を向上させたり、低下させることができた。

 これまでの研究で、同様の実験の学習効果は2カ月以上維持されるという。

 脳の各領域のつながり状態は、自閉スペクトラム症(ASD)や統合失調症などの精神疾患や、認知症に関係していると考えられている。ATRは「脳のどのつながりが重要か分かれば、治療法が開発できる可能性がある」とし、臨床応用に向けては「倫理の専門家や医師とともに慎重に進め、社会の理解を得たい」としている。

【 2017年08月10日 12時00分 】

ニュース写真

  • 認知機能の回復のイメージ図(ATR提供の図を一部改変)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      新潟の小2女児に「忘れないよ」
      殺害事件発生から2週間

      20180521000044

       新潟市の小学2年大桃珠生さん(7)殺害事件は21日で発生から2週間、容疑者の逮捕から1..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      松山英樹は66と伸ばし16位
      米男子ゴルフ、ワイズ初V

      20180521000052

       【ダラス共同】米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソンは20日、ダラスのトリニティフォ..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・阪急洛西口駅西側に複合施設 ホテル含め誘致計画

      20180520000137

       阪急洛西口駅西側にホテルを含む複合型施設を誘致することを、京都府向日市の地権者でつくる..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      綾杉文様の棺、四半世紀ぶりに 京都・山城郷土資料館で展示

      20180521000025

       京都府宇治市の金比羅山古墳で出土した5世紀前半の円筒棺がこのほど修復され、木津川市山城..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      毎日レモン食べれば健康?
      広島、産地の島が検証へ

      20180521000017

       毎日のレモンは健康維持に効果がある―。こんな仮説が、レモン生産が盛んな広島県大崎上島町..... [ 記事へ ]