出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

チンパンジーもじゃんけん理解 人間の4歳並み認知力

じゃんけんを学ぶチンパンジー。勝ちの方を選んで画面に触れると、干しぶどうのほうびがもらえる(京都大霊長類研究所提供)
じゃんけんを学ぶチンパンジー。勝ちの方を選んで画面に触れると、干しぶどうのほうびがもらえる(京都大霊長類研究所提供)

 チンパンジーもじゃんけんを理解できることを、京都大の松沢哲郎高等研究院特別教授や霊長類研究所大学院生の高潔さんらのグループが実験で確かめた。優劣が循環するような複雑な関係を人間以外でも理解する能力が備わっていることを示す結果で、国際科学誌に10日発表した。

 京大霊長研の7匹のチンパンジー(14~38歳)に対し、「グー」「チョキ」「パー」のうち2種類をモニター画面で見せて、勝ちの方を触ると報酬の干しぶどうが得られるようにしてじゃんけんを学ばせた。48回で1セットの訓練を平均で約300セット繰り返すと5匹が90%以上、残りの2匹も70%以上の正解率になった。

 「『パー』は『グー』に勝って、『グー』は『チョキ』に勝つ」というような直線的な関係はすぐに理解したが、「『グー』に負ける『チョキ』は『パー』に勝つ」というように循環する関係を学ばせるのに時間がかかったという。

 人間社会は関係が複雑で、時に循環するような優劣関係があるが、チンパンジー社会は厳格で、直線的な優劣しか存在しない。ところがチンパンジーには、じゃんけんの理解を始める人間の4歳程度と同じくらい柔軟な認知能力があることが示されたという。

 松沢特別教授は「チンパンジー以外の動物でもじゃんけんを理解できるか調べたい」と話している。

【 2017年08月10日 21時50分 】

ニュース写真

  • じゃんけんを学ぶチンパンジー。勝ちの方を選んで画面に触れると、干しぶどうのほうびがもらえる(京都大霊長類研究所提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      更生へ治療的司法「実現目指す」
      センター設立1年シンポ

      20180721000117

       薬物や万引などの再犯を減らすため、刑罰より更生支援を重視する「治療的司法」を対象とした..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      エンゼルス大谷は1安打2得点
      アストロズ戦

      20180723000029

       ▽エンゼルス―アストロズ(22日・アナハイム) エンゼルスの大谷は「5番・指名打者」で出..... [ 記事へ ]

      経済

      米財務長官「保護主義でない」
      G20の結束強調

      20180723000015

       【ブエノスアイレス共同】ムニューシン米財務長官は22日、20カ国・地域(G20)財務相..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・伊根にサイクリング休憩施設 丹後初、愛車の整備も

      20180723000026

       サイクリングの愛好家が休憩や自転車の整備などに活用できる施設「エイドステーション」が、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      酷暑続く京都、小学校のアイドル「高齢ヤギ」点滴で命つなぐ

      20180721000049

       京都府長岡京市友岡1丁目の長岡第四小で飼育するヤギの「シロ」が、炎天下で懸命に命をつな..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      手術用「スマート治療室」完成
      医療機器連携でミス削減

      20180721000078

       手術室で使う多種多様な医療機器を連携させた「スマート治療室」を日本医療研究開発機構(A..... [ 記事へ ]