出版案内
福祉事業団

iPSで不妊マウスに子 京大など成功、染色体正常に

性染色体変異マウスからの子どもの誕生
性染色体変異マウスからの子どもの誕生

 通常は2本の性染色体が3本ある不妊マウスから正常なiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り、子どもを誕生させることに、京都大医学研究科の斎藤通紀教授や大田浩助教と、英国の共同研究グループが成功した。iPS細胞を作製する過程で、一定の割合で1本の性染色体がなくなり正常なiPS細胞ができた。通常より染色体が多いために起こる病気の治療法開発などにつながる成果で、米科学誌サイエンスで18日発表する。

 性別を決定する役割を担う性染色体は通常、両親から1本ずつを引き継ぐ。ただし、受精卵ができる段階で3本になることがあり、その状態で生まれると不妊などの症状が出ることがある。

 グループは、性染色体が3本あるために無精子症などが起こる男性の病気「クラインフェルター症候群」をマウスで再現し、その皮膚細胞からiPS細胞を作製すると、12%の細胞で性染色体の1本がなくなり2本のiPS細胞ができることが分かった。性染色体が3本のiPS細胞から精子は作れないが、2本の場合は可能で、人工授精によって健康な子どもが生まれた。

 クラインフェルター症候群や、性染色体以外の特定の染色体が3本あるために発症するダウン症の患者の皮膚細胞からiPS細胞を作ると、約1%の割合で染色体が2本になることも確かめた。斎藤教授は「iPS化によってなぜ性染色体が3本から2本になるかは不明だが、染色体や遺伝子の変異を原因とした不妊の研究基盤となる」と話している。

【 2017年08月18日 03時00分 】

ニュース写真

  • 性染色体変異マウスからの子どもの誕生
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      「火山灰に覆われ灰色に」
      救助活動の消防隊員会見

      20180124000005

       噴火した草津白根山の本白根山で救助活動に当たった群馬県の吾妻広域消防本部の隊員らが23..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      両角友「動きやすい」
      五輪ユニホーム発表

      20180124000004

       カーリングの平昌冬季五輪代表ユニホームの発表会見が23日、東京都内で行われた。メーカー..... [ 記事へ ]

      経済

      日本生命社長に清水氏
      市場縮小や低金利に対応

      20180123000191

       日本生命保険は、筒井義信社長(63)が代表権のある会長に就き、後任に清水博取締役専務執..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      竹細工の戌が参拝者出迎え 京都・子守勝手神社

      20180123000062

       子守勝手神社(京都府長岡京市粟生)の境内に今年の干支(えと)の戌(いぬ)をかたどった竹..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      くまモン、京都で「ありがとうだモン」 被災地支援の高校訪問

      20180123000023

       熊本県のPRキャラクター「くまモン」が22日、熊本地震で被災した同名の高校の支援や交流..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖、早めに「深呼吸」 湖底に酸素供給、生物に好環境

      20180123000159

       滋賀県は23日、琵琶湖の北湖で酸素を多く含んだ表層の水が湖底の水と混ざり合う現象「全層..... [ 記事へ ]