出版案内
福祉事業団

光合成遺伝子スイッチ先祖返りも 京都府立大教授ら解明

植物の進化と光合成遺伝子のスイッチの変化
植物の進化と光合成遺伝子のスイッチの変化

 京都府立大と京都府立植物園が、同園内で育てられているシダやマツなどの植物を使って光合成遺伝子の進化を調べている。遺伝子の機能をオンオフするスイッチが、植物の進化の途中で急に先祖返りする場合もあることが分かるなど、植物の命を支える光合成の仕組みの謎に迫っている。

 椎名隆・府立大生命環境科学研究科教授や松谷茂・府立植物園名誉園長らの共同研究。光合成に必要なタンパク質をつくる遺伝子は約40種類あるが、各遺伝子はタンパク質の作製を指示するプロモーターと呼ばれるスイッチを持っている。このスイッチの構造は4億8千万年前に植物が陸上に進出してから基本的に変わっていないが、光エネルギーを化学エネルギーに変換するタンパク質をつくる遺伝子「psbD」だけはスイッチが変化したことが分かっており、研究ではこの変化の過程を調べることにした。

 椎名教授らは、植物園内などの18種類についてpsbDのスイッチの構造を解析した。その結果、陸上進出後の初期の植物であるヒメツリガネゴケは、現在のスイッチの構造の原形を獲得しており、さらに進化した裸子植物のクロマツ、被子植物のシロイヌナズナで現在のスイッチの典型形となっていた。一方、裸子植物の出現前に登場したシダ植物のヘラシダは、裸子・被子植物とは異なる独自の構造を持っていることや、裸子植物のグネツム属では陸上進出前の緑藻類と同じ原始形に戻っていることも分かった。

 椎名教授は「植物は乾燥や直射日光などのストレスに耐えるように進化してきた。今後、光合成遺伝子のプロモーターの進化がストレスに対する反応とどのような関係があるか調べたい」と話している。

【 2017年08月19日 22時00分 】

ニュース写真

  • 植物の進化と光合成遺伝子のスイッチの変化
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      都教委「いじめ判断極めて困難」
      高1自殺で調査

      20170926000070

       東京都教育委員会は26日、2015年9月に自殺した都立高校1年の男子生徒=当時(16)..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ラグビー活性へ、Jリーグの視点 元浦和社長、関西協会書記長に

      20170926000060

       かつてラグビーの三菱自工京都の選手として活躍し、サッカーのJ1浦和で社長を務めた橋本光..... [ 記事へ ]

      経済

      テレワーク、京都で広がり 子育て女性、障害者ら支援

      20170926000058

       IT技術を活用してオフィスから離れた場所で働く「テレワーク」が、京都の事業所に普及しつ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      洋画の秀作一堂に 京都で「関西美術院の画家たち展」

      20170926000071

       洋画を学ぶ教育施設「関西美術院」(京都市左京区)ゆかりの作家を集めた「関西美術院の画家..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「世界に開かれた京都精華大に」 新学長にウスビ・サコ氏

      20170925000129

       京都精華大は25日、竹宮恵子学長(67)の任期満了に伴う次期学長に、西アフリカ・マリ出..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大飯原発の再稼働に同意
      福井・おおい町長が表明

      20170925000064

       関西電力大飯原発が立地する福井県おおい町の中塚寛町長は、25日午後に開かれた町議会の全..... [ 記事へ ]