出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

光合成遺伝子スイッチ先祖返りも 京都府立大教授ら解明

植物の進化と光合成遺伝子のスイッチの変化
植物の進化と光合成遺伝子のスイッチの変化

 京都府立大と京都府立植物園が、同園内で育てられているシダやマツなどの植物を使って光合成遺伝子の進化を調べている。遺伝子の機能をオンオフするスイッチが、植物の進化の途中で急に先祖返りする場合もあることが分かるなど、植物の命を支える光合成の仕組みの謎に迫っている。

 椎名隆・府立大生命環境科学研究科教授や松谷茂・府立植物園名誉園長らの共同研究。光合成に必要なタンパク質をつくる遺伝子は約40種類あるが、各遺伝子はタンパク質の作製を指示するプロモーターと呼ばれるスイッチを持っている。このスイッチの構造は4億8千万年前に植物が陸上に進出してから基本的に変わっていないが、光エネルギーを化学エネルギーに変換するタンパク質をつくる遺伝子「psbD」だけはスイッチが変化したことが分かっており、研究ではこの変化の過程を調べることにした。

 椎名教授らは、植物園内などの18種類についてpsbDのスイッチの構造を解析した。その結果、陸上進出後の初期の植物であるヒメツリガネゴケは、現在のスイッチの構造の原形を獲得しており、さらに進化した裸子植物のクロマツ、被子植物のシロイヌナズナで現在のスイッチの典型形となっていた。一方、裸子植物の出現前に登場したシダ植物のヘラシダは、裸子・被子植物とは異なる独自の構造を持っていることや、裸子植物のグネツム属では陸上進出前の緑藻類と同じ原始形に戻っていることも分かった。

 椎名教授は「植物は乾燥や直射日光などのストレスに耐えるように進化してきた。今後、光合成遺伝子のプロモーターの進化がストレスに対する反応とどのような関係があるか調べたい」と話している。

【 2017年08月19日 22時00分 】

ニュース写真

  • 植物の進化と光合成遺伝子のスイッチの変化
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      文化財の住宅、障害者働く飲食店に 京都・長岡京

      20180527000050

       障害者支援に取り組む一般社団法人「暮らしランプ」(向日市)などはこのほど、京都府長岡京..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サーフィン15歳松田が女子優勝
      一宮千葉オープン

      20180527000049

       サーフィンのプロ最高峰チャンピオンシップツアー(CT)の予選シリーズ(QS)一宮千葉オ..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の空き町家再生へネット出資 宿泊施設改装へ取り組み

      20180527000043

       インターネット上で資金を募るクラウドファンディング(CF)を活用し、京都市東山区にある..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      かやぶき音楽堂に優雅なメロディー 京都・南丹

      20180527000038

       鮮やかな新緑に包まれたかやぶき音楽堂(京都府南丹市日吉町)で26日、「初夏のかやぶきコ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      先端教育や朝鮮語習得に力 京都朝鮮初級学校、移転から5年

      20180526000088

       在日朝鮮人の児童らが通う「京都朝鮮初級学校」が京都市伏見区の現在地に移転し、新校舎が完..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      皇太子さま「緑と水、大切さ理解を」 滋賀でみどりの愛護式典

      20180526000058

       第29回全国「みどりの愛護」のつどいの式典が26日午前、滋賀県長浜市田村町の長浜バイオ..... [ 記事へ ]