出版案内
福祉事業団

体内時計の開始時期を特定 京都府医大教授ら

 受精卵から胎児へ至る過程で「体内時計」の働き始める時期を、京都府立医科大の八木田和弘教授と梅村康弘助教らがマウスを使って突き止めた。ヒトでも妊婦の不規則な生活が流産などと関連することが分かっており、原因の解明につながると期待できる。米国科学アカデミー紀要に22日、発表した。

 成体のマウスでは、細胞内のタンパク質が24時間周期で発現パターンを変え、体内時計を持つことが知られている。八木田教授らは、受精卵に近い性質を持つES細胞(胚性幹細胞)では体内時計が働いていないことを明らかにしていたが、受精後に体内時計が機能し始める時期は未解明だった。

 八木田教授らは、マウスが母親の体内で、受精卵から胎児に至る過程を分析。結果、受精後10~12日ではタンパク質発現に周期的なパターンはない一方、17~19日になると観察でき、母親の体内時計とも同期していた。

 さらに周期的パターンの形成に必要な「CLOCKタンパク質」が、受精後17日ごろまでは作られないことも判明した。

 八木田教授は「ヒトでもよく似た過程が生じていると考えられる。母マウスの生活リズムの乱れが胎児に与える影響も調べたい」と話している。

【 2017年08月22日 05時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      京都府知事に市長会が5選出馬要請 本人は明言避ける

      20171122000167

       来春の京都府知事選に向け、府市長会と府町村会は22日、山田啓二知事に5選を目指して立候..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      貴乃花親方、協力要請を拒否
      危機管理委の貴ノ岩聴取に

      20171122000180

       大相撲の横綱日馬富士関の暴行問題で、負傷した平幕貴ノ岩関の師匠、貴乃花親方は22日、日..... [ 記事へ ]

      経済

      京都水族館の隣に大浴場付き140室ホテル JR西

      20171122000157

       JR西日本は22日、京都市下京区の梅小路公園内の旧社宅跡地に、客室140室の新ブランド..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      陶芸や漆芸、新たな試みの造形 京都で創工会展

      20171122000181

       「第29回工芸美術 創工会展」が22日、京都市中京区の京都文化博物館で始まった。来場者..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      デジタル断食で健康増進を 京大、朝原さんらパネル討論

      20171120000143

       学生や教職員の健康増進を目指した京都大のヘルシーキャンパス運動の開始記念フォーラムが2..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      玄海3号機、再稼働2月に
      神鋼データ改ざんで遅れ

      20171122000168

       九州電力が来年1月を目指していた玄海原発3号機(佐賀県)の再稼働について、2月以降に遅..... [ 記事へ ]