出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

体内時計の開始時期を特定 京都府医大教授ら

 受精卵から胎児へ至る過程で「体内時計」の働き始める時期を、京都府立医科大の八木田和弘教授と梅村康弘助教らがマウスを使って突き止めた。ヒトでも妊婦の不規則な生活が流産などと関連することが分かっており、原因の解明につながると期待できる。米国科学アカデミー紀要に22日、発表した。

 成体のマウスでは、細胞内のタンパク質が24時間周期で発現パターンを変え、体内時計を持つことが知られている。八木田教授らは、受精卵に近い性質を持つES細胞(胚性幹細胞)では体内時計が働いていないことを明らかにしていたが、受精後に体内時計が機能し始める時期は未解明だった。

 八木田教授らは、マウスが母親の体内で、受精卵から胎児に至る過程を分析。結果、受精後10~12日ではタンパク質発現に周期的なパターンはない一方、17~19日になると観察でき、母親の体内時計とも同期していた。

 さらに周期的パターンの形成に必要な「CLOCKタンパク質」が、受精後17日ごろまでは作られないことも判明した。

 八木田教授は「ヒトでもよく似た過程が生じていると考えられる。母マウスの生活リズムの乱れが胎児に与える影響も調べたい」と話している。

【 2017年08月22日 05時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      福岡の繁華街で男性刺殺
      男が出頭「人刺した」

      20180624000108

       24日午後8時ごろ、福岡市中央区大名2丁目の旧大名小学校内の施設で「人が刺された」と1..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      快挙の3連投に「うそやろ」 円盤投げV・湯上

      20180624000112

       日本選手権最終日男子円盤投げ。鋭く飛んだ円盤が、日本記録のラインを越えた。湯上は3投目..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の国際会議10・8%増 4年連続で最多更新

      20180624000034

       京都市内で2017年に開かれた国際会議は前年比10・8%増の308件だったと、京都文化..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      焼肉ドラゴン、パンク侍… 京都撮影の映画、続々と公開

      20180624000036

       京都で撮影された映画の公開が近年にないペースで相次いでいる。在日コリアンの家族を主人公..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発事故の除染進展強調
      中川環境相、日中韓会合で

      20180624000059

       【蘇州共同】日中韓3カ国の環境相による全体会合が24日、中国江蘇省蘇州で開かれ、中川雅..... [ 記事へ ]