出版案内
福祉事業団

体内時計の開始時期を特定 京都府医大教授ら

 受精卵から胎児へ至る過程で「体内時計」の働き始める時期を、京都府立医科大の八木田和弘教授と梅村康弘助教らがマウスを使って突き止めた。ヒトでも妊婦の不規則な生活が流産などと関連することが分かっており、原因の解明につながると期待できる。米国科学アカデミー紀要に22日、発表した。

 成体のマウスでは、細胞内のタンパク質が24時間周期で発現パターンを変え、体内時計を持つことが知られている。八木田教授らは、受精卵に近い性質を持つES細胞(胚性幹細胞)では体内時計が働いていないことを明らかにしていたが、受精後に体内時計が機能し始める時期は未解明だった。

 八木田教授らは、マウスが母親の体内で、受精卵から胎児に至る過程を分析。結果、受精後10~12日ではタンパク質発現に周期的なパターンはない一方、17~19日になると観察でき、母親の体内時計とも同期していた。

 さらに周期的パターンの形成に必要な「CLOCKタンパク質」が、受精後17日ごろまでは作られないことも判明した。

 八木田教授は「ヒトでもよく似た過程が生じていると考えられる。母マウスの生活リズムの乱れが胎児に与える影響も調べたい」と話している。

【 2017年08月22日 05時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      石破氏、首相の政治手法に苦言
      「自民の議論を無視」

      20180218000030

       自民党の石破茂元幹事長は18日放送のラジオ日本番組で、安倍晋三首相の官邸主導の政治手法..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      石井智也は大回転1回目35位
      アルペンスキー・18日

      20180218000046

       【平昌共同】アルペンスキーの男子大回転は1回目を終え、28歳で初出場の石井智也(ゴール..... [ 記事へ ]

      経済

      京野菜・ケーキ・漬物…アジアに売り込め 食品輸出拡大へ

      20180218000032

       農水産物や加工品などの食品輸出に取り組む小売り、卸売りの会社が、京都、滋賀で増えている..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      料理人と研究者、京料理の可能性を議論 京都でシンポ

      20180218000014

       「日本料理のテロワール」と題したシンポジウムが17日、京都市中京区のホテルで開かれ、料..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      15の春へ1万1千人超挑む 京都で公立高前期選抜

      20180216000075

       京都府内の公立高入試の前期選抜が16日始まり、中学3年生が第1志望への合格を目指して引..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      甲状腺がん支援の輪を広げて
      新宿の寺で演奏会、患者の手紙も

      20180217000073

       東京電力福島第1原発事故後に甲状腺がんと診断された子どもの療養費を支援するNPO法人「..... [ 記事へ ]