出版案内
福祉事業団

脳科学で子どもの能力開発 京都で産学公プロジェクト

「子どもの能力開発・脳科学研究プロジェクト」の一環で開かれたシンポジウム(木津川市・けいはんなオープンイノベーションセンター)
「子どもの能力開発・脳科学研究プロジェクト」の一環で開かれたシンポジウム(木津川市・けいはんなオープンイノベーションセンター)

 京都府が、企業や研究機関、NPO法人と連携し、脳科学などの最先端技術を活用して子どもの能力開発を支援するプロジェクトを進めている。関西文化学術研究都市に体験型研究拠点を設ける構想も浮上。22日には関連のシンポジウムを木津川市で催し、企業関係者や研究者らに取り組みをアピールした。

 「子どもの能力開発・脳科学研究プロジェクト」。1月に産学公で推進に向けた研究会を発足させた。府や理化学研究所、京都大、島津製作所、NPO法人子供達と最先端科学技術の架け橋(京都市中京区)などが参加している。

 学研都市に立地する研究機関と連携し、脳科学の知見と子供の成長過程との関わりを分析。革新的な教育プログラムづくりのほか、最先端の知育玩具や教材の開発、最適な教育環境の研究を進め、新産業の創出にも結び付ける。

 体験型拠点をけいはんなオープンイノベーションセンター(KICK、木津川市・京都府精華町)に整備する構想も練っている。子どもが学びや遊びを通じて想像力を育み、研究機関が教材開発などを推進できるような環境を想定する。

 22日にKICKであったシンポジウムは、研究会に参加する情報通信サービスの日本テレネット(中京区)が主催し、約60人が参加した。理研の脳科学者水野敬氏が講演し、「小中学生の慢性疲労が学習意欲を低下させ、授業の理解度低下につながる」と指摘。睡眠の重要性を挙げ、夜遅くまでコンビニに行ったり、スマートフォンやパソコンを利用したりせず、睡眠時間を確保すべきだと呼び掛けた。

【 2017年08月22日 22時00分 】

ニュース写真

  • 「子どもの能力開発・脳科学研究プロジェクト」の一環で開かれたシンポジウム(木津川市・けいはんなオープンイノベーションセンター)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      「火山灰に覆われ灰色に」
      救助活動の消防隊員会見

      20180124000005

       噴火した草津白根山の本白根山で救助活動に当たった群馬県の吾妻広域消防本部の隊員らが23..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      平昌五輪代表の宇野ら調整
      四大陸選手権きょう開幕

      20180124000010

       【台北共同】欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権は24日に台北..... [ 記事へ ]

      経済

      日本生命社長に清水氏
      市場縮小や低金利に対応

      20180123000191

       日本生命保険は、筒井義信社長(63)が代表権のある会長に就き、後任に清水博取締役専務執..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      竹細工の戌が参拝者出迎え 京都・子守勝手神社

      20180123000062

       子守勝手神社(京都府長岡京市粟生)の境内に今年の干支(えと)の戌(いぬ)をかたどった竹..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      くまモン、京都で「ありがとうだモン」 被災地支援の高校訪問

      20180123000023

       熊本県のPRキャラクター「くまモン」が22日、熊本地震で被災した同名の高校の支援や交流..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖、早めに「深呼吸」 湖底に酸素供給、生物に好環境

      20180123000159

       滋賀県は23日、琵琶湖の北湖で酸素を多く含んだ表層の水が湖底の水と混ざり合う現象「全層..... [ 記事へ ]