出版案内
福祉事業団

脳科学で子どもの能力開発 京都で産学公プロジェクト

「子どもの能力開発・脳科学研究プロジェクト」の一環で開かれたシンポジウム(木津川市・けいはんなオープンイノベーションセンター)
「子どもの能力開発・脳科学研究プロジェクト」の一環で開かれたシンポジウム(木津川市・けいはんなオープンイノベーションセンター)

 京都府が、企業や研究機関、NPO法人と連携し、脳科学などの最先端技術を活用して子どもの能力開発を支援するプロジェクトを進めている。関西文化学術研究都市に体験型研究拠点を設ける構想も浮上。22日には関連のシンポジウムを木津川市で催し、企業関係者や研究者らに取り組みをアピールした。

 「子どもの能力開発・脳科学研究プロジェクト」。1月に産学公で推進に向けた研究会を発足させた。府や理化学研究所、京都大、島津製作所、NPO法人子供達と最先端科学技術の架け橋(京都市中京区)などが参加している。

 学研都市に立地する研究機関と連携し、脳科学の知見と子供の成長過程との関わりを分析。革新的な教育プログラムづくりのほか、最先端の知育玩具や教材の開発、最適な教育環境の研究を進め、新産業の創出にも結び付ける。

 体験型拠点をけいはんなオープンイノベーションセンター(KICK、木津川市・京都府精華町)に整備する構想も練っている。子どもが学びや遊びを通じて想像力を育み、研究機関が教材開発などを推進できるような環境を想定する。

 22日にKICKであったシンポジウムは、研究会に参加する情報通信サービスの日本テレネット(中京区)が主催し、約60人が参加した。理研の脳科学者水野敬氏が講演し、「小中学生の慢性疲労が学習意欲を低下させ、授業の理解度低下につながる」と指摘。睡眠の重要性を挙げ、夜遅くまでコンビニに行ったり、スマートフォンやパソコンを利用したりせず、睡眠時間を確保すべきだと呼び掛けた。

【 2017年08月22日 22時00分 】

ニュース写真

  • 「子どもの能力開発・脳科学研究プロジェクト」の一環で開かれたシンポジウム(木津川市・けいはんなオープンイノベーションセンター)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      横田早紀江さん「今がチャンス」
      新潟で拉致解決求め集会

      20171118000106

       1977年に拉致被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=が北朝鮮に連れ去られて40年が..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      「ポケットヘラクレス」死去
      重量挙げのスレイマノグル氏

      20171118000138

       【イスタンブール共同】重量挙げ男子で1988年ソウル五輪から3大会連続で金メダルを獲得..... [ 記事へ ]

      経済

      AIスピーカー発売延期
      アップル、年末に間に合わず

      20171118000041

       【ニューヨーク共同】米IT大手アップルは17日、今年12月に米国や英国、オーストラリア..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      彦根城庭園の紅葉、美しさ倍増 滋賀、玄宮園ライトアップ

      20171118000103

       国宝・彦根城の城郭内にある名勝玄宮楽々園(滋賀県彦根市金亀町)のライトアップが18日、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      幼稚園定員割れ、市対応に批判相次ぐ 京都・宇治

      20171117000064

       京都府宇治市の市立幼稚園で大幅な定員割れが続いている問題で、市教育委員会は大久保幼稚園..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      米、温暖化監視衛星を投入
      異常気象の予測精度向上

      20171118000116

       【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は18日、地球温暖化を監視する観測衛星「JP..... [ 記事へ ]