出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

iPS細胞の培養装置を販売 京大とパナ開発

販売を開始したiPS細胞自動培養装置の試作機(京都市左京区)
販売を開始したiPS細胞自動培養装置の試作機(京都市左京区)

 京都大の岩田博夫名誉教授とパナソニックは23日、共同開発したiPS細胞(人工多能性幹細胞)の自動培養装置の販売を始めたと発表した。コンパクトな大きさで価格も抑えた。安定的なiPS細胞の供給を実現して、創薬の活性化などに結びつけたいという。

 大きさは横幅2・7メートル、奥行き1・1メートル、高さ2・4メートル。iPS細胞の多能性を維持したまま、培養を行うことができる。熟練した研究者の手技を分析し、機器の動作に反映させた。画像を解析して細胞の状態を判定し、自動的に培地交換できるようになっている。

 受注生産で装置に備える機能を選べる。価格は4千万~5千万円。販売元の同社は初年度は5台の納品を目標とし、5年後には年間15台を目指すという。創薬分野に加え再生医療の基礎研究での活用も見込まれ、ターゲットは主に製薬会社となる。

 同社は「研究者の負担が軽減されることで、培養以外の研究に力を注げるようになるはず」としている。

【 2017年08月23日 22時20分 】

ニュース写真

  • 販売を開始したiPS細胞自動培養装置の試作機(京都市左京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      滋賀「立民県連の新モデルに」  設立に向け枝野氏が講演

      20180520000132

       立憲民主党の枝野幸男代表が20日、滋賀県近江八幡市内で講演した。設立準備が進む党の滋賀..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      辞意より原因の究明を
      スポーツ庁の鈴木長官

      20180521000003

       アメリカンフットボールの日本大選手が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の技体験、地張り提灯作りに挑戦 東京・六本木で催し

      20180519000112

       京都の地張り提灯の技に触れるワークショップが19日、東京都港区であった。定員の6倍を超..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国宝唐門、装飾見上げ通り抜け 西本願寺・修復工事前に開門

      20180520000114

       西本願寺(浄土真宗本願寺派本山、京都市下京区)で20日、国宝に指定されている唐門が開門..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      規制庁、東電に原発運転可能判断
      柏崎刈羽、住民に説明

      20180519000101

       原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽..... [ 記事へ ]