出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

住民が里親、医療人育み10年 滋賀医大の宿泊研修

宿泊研修で、在宅医療に取り組む医師に質問する滋賀医大の学生(大津市・近江勧学館)
宿泊研修で、在宅医療に取り組む医師に質問する滋賀医大の学生(大津市・近江勧学館)

 地域住民が学生の「里親」となり、滋賀に愛着を持つ医師や看護師を育成する滋賀医科大(大津市)の宿泊研修が、今年で10年目を迎えた。医師不足が叫ばれる中、地域医療の担い手確保策として続く全国的にも珍しい取り組みで、これまでに、この制度に登録した学生の中から医師39人、看護師9人が湖国の医療機関に就職した。大学関係者は「卒業生の県内残留率が上がってきた」と手応えを語る。

 宿泊研修は「地域理解・交流事業」として、春と夏の年2回実施。8月22、23日には、医学科7人、看護学科6人の学生計13人が、大津・湖南地域で研修を行った。一行は初日に県庁や三井寺、大津市歴史博物館などを見学して滋賀の歴史を学んだ後、近江勧学館で、在宅医療に取り組む同市の医師と看護師の講演を聴いた。夜は滋賀の地域医療に詳しい里親や教員らを交えた交流会を開き、食事をしながら医療現場の実情などを教わった。23日は比叡山延暦寺や大津赤十字病院などを見学した。

 滋賀医科大がこの制度を始めたのは2008年。11年には外部の人材を交えたNPO法人「滋賀医療人育成協力機構」を立ち上げ、大学内にある「里親学生支援室」と共同で、滋賀の地域医療に従事する医師や看護師を育ててきた。毎年、50~90人前後の学生が制度に登録し、湖国の文化や地域ごとの医療実態を学んできた。11年度に最初の卒業生を送り出した。

 1年から登録し、今夏の研修にも参加した医学科4年の木内亮平さん(28)は「草津市で生まれ育ち、将来的にも滋賀で働きたい。県内在住でも古里について知らないことは多く、文化などを深く学べるのは良い経験になると思った」と参加した動機を語る。同大学里親学生支援室の垰田(たおだ)和史准教授は「制度発足から10年が経過し、地域に根ざして働く卒業生が増えてきた」と話している。

【 2017年08月28日 23時13分 】

ニュース写真

  • 宿泊研修で、在宅医療に取り組む医師に質問する滋賀医大の学生(大津市・近江勧学館)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      住宅火災で高齢男女死亡
      東京・練馬

      20180524000224

       24日午後8時5分ごろ、東京都練馬区錦1丁目の2階建て住宅から出火し、1階約30平方メ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大谷―田中は実現せず
      登板日が28日から変更に

      20180525000003

       【トロント共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(23)の次回登板が27日(日本時..... [ 記事へ ]

      経済

      スバル、初のEVはフォレスター
      主力車で環境対応

      20180524000102

       SUBARU(スバル)が、2021年に発売する初の電気自動車(EV)をスポーツタイプ多..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京町家「長江家」復元完成 手続き簡素化の市制度初

      20180524000196

       京都市下京区の京町家「長江家(ながえけ)住宅」で、内装を150年前の建築当時の姿に近づ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働、地元同意対象拡大を
      福井の市民団体が協定締結要

      20180524000145

       脱原発などを訴える福井県の市民団体が24日、原発再稼働時の「地元同意」の対象を、原発か..... [ 記事へ ]