出版案内
福祉事業団

住民が里親、医療人育み10年 滋賀医大の宿泊研修

宿泊研修で、在宅医療に取り組む医師に質問する滋賀医大の学生(大津市・近江勧学館)
宿泊研修で、在宅医療に取り組む医師に質問する滋賀医大の学生(大津市・近江勧学館)

 地域住民が学生の「里親」となり、滋賀に愛着を持つ医師や看護師を育成する滋賀医科大(大津市)の宿泊研修が、今年で10年目を迎えた。医師不足が叫ばれる中、地域医療の担い手確保策として続く全国的にも珍しい取り組みで、これまでに、この制度に登録した学生の中から医師39人、看護師9人が湖国の医療機関に就職した。大学関係者は「卒業生の県内残留率が上がってきた」と手応えを語る。

 宿泊研修は「地域理解・交流事業」として、春と夏の年2回実施。8月22、23日には、医学科7人、看護学科6人の学生計13人が、大津・湖南地域で研修を行った。一行は初日に県庁や三井寺、大津市歴史博物館などを見学して滋賀の歴史を学んだ後、近江勧学館で、在宅医療に取り組む同市の医師と看護師の講演を聴いた。夜は滋賀の地域医療に詳しい里親や教員らを交えた交流会を開き、食事をしながら医療現場の実情などを教わった。23日は比叡山延暦寺や大津赤十字病院などを見学した。

 滋賀医科大がこの制度を始めたのは2008年。11年には外部の人材を交えたNPO法人「滋賀医療人育成協力機構」を立ち上げ、大学内にある「里親学生支援室」と共同で、滋賀の地域医療に従事する医師や看護師を育ててきた。毎年、50~90人前後の学生が制度に登録し、湖国の文化や地域ごとの医療実態を学んできた。11年度に最初の卒業生を送り出した。

 1年から登録し、今夏の研修にも参加した医学科4年の木内亮平さん(28)は「草津市で生まれ育ち、将来的にも滋賀で働きたい。県内在住でも古里について知らないことは多く、文化などを深く学べるのは良い経験になると思った」と参加した動機を語る。同大学里親学生支援室の垰田(たおだ)和史准教授は「制度発足から10年が経過し、地域に根ざして働く卒業生が増えてきた」と話している。

【 2017年08月28日 23時13分 】

ニュース写真

  • 宿泊研修で、在宅医療に取り組む医師に質問する滋賀医大の学生(大津市・近江勧学館)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      新公文書館の建設計画案判明
      政府、480億円に費用圧縮

      20171119000004

       政府による新たな国立公文書館の建設計画原案が18日、判明した。当初最大850億円とした..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      米女子ゴルフ上原は54位に後退
      CMEツアー選手権フ第3日

      20171119000018

       【ネープルズ(米フロリダ州)共同】米女子ゴルフの今季最終戦、CMEツアー選手権は18日..... [ 記事へ ]

      経済

      AIスピーカー発売延期
      アップル、年末に間に合わず

      20171118000041

       【ニューヨーク共同】米IT大手アップルは17日、今年12月に米国や英国、オーストラリア..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ダムに映える深紅のモミジ 京都・美山で祭り

      20171119000021

       京都府南丹市美山町の大野ダム周辺で18日、「第29回もみじ祭り」(同実行委員会主催)が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      幼稚園定員割れ、市対応に批判相次ぐ 京都・宇治

      20171117000064

       京都府宇治市の市立幼稚園で大幅な定員割れが続いている問題で、市教育委員会は大久保幼稚園..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]