出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ホウセンカのよう?光で内容物放出 龍大グループ結晶開発

内部に蛍光ビーズが詰まった結晶(上)に紫外線を当てると、結晶が壊れてビーズが外に飛び出す(下)=内田教授提供
内部に蛍光ビーズが詰まった結晶(上)に紫外線を当てると、結晶が壊れてビーズが外に飛び出す(下)=内田教授提供

 ホウセンカの実が種子をはじき飛ばすように、光を当てると内容物を外部に放出する結晶を、龍谷大理工学部の内田欣吾教授のグループが開発した。光照射によって薬物を体内の狙った位置で作用させるシステムや光で機能する芳香剤などの開発につながる成果で、ドイツ科学誌でこのほど発表した。

 グループは、光に反応性のある有機分子のジアリールエテンの構造を一部改変した材料を使って、長さ100~500マイクロメートル(マイクロは100万分の1)、幅20~50マイクロメートル、厚さ2~10マイクロメートルの板状で内部が空洞の結晶を作製した。この結晶に蛍光微粒子を詰めた上で紫外線を当てると、瞬時に結晶が壊れて微粒子を放出することを確認した。結晶が光や熱によって壊れたり、大きく移動したりする現象は「サリエント効果」と呼ばれるが、同効果を内部が空洞の結晶で確認したのは世界で初めてという。

 内田教授は「今回の結晶は太陽光でも中身を放出することを確認した。内部が空洞の結晶は光によってゆがみやすい構造であるため、大きなサリエント効果を生んだと考えられる」と話している。

【 2017年09月14日 17時00分 】

ニュース写真

  • 内部に蛍光ビーズが詰まった結晶(上)に紫外線を当てると、結晶が壊れてビーズが外に飛び出す(下)=内田教授提供
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      福岡の繁華街で男性刺殺
      男が出頭「人刺した」

      20180624000108

       24日午後8時ごろ、福岡市中央区大名2丁目の旧大名小学校内の施設で「人が刺された」と1..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      快挙の3連投に「うそやろ」 円盤投げV・湯上

      20180624000112

       日本選手権最終日男子円盤投げ。鋭く飛んだ円盤が、日本記録のラインを越えた。湯上は3投目..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の国際会議10・8%増 4年連続で最多更新

      20180624000034

       京都市内で2017年に開かれた国際会議は前年比10・8%増の308件だったと、京都文化..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      焼肉ドラゴン、パンク侍… 京都撮影の映画、続々と公開

      20180624000036

       京都で撮影された映画の公開が近年にないペースで相次いでいる。在日コリアンの家族を主人公..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発事故の除染進展強調
      中川環境相、日中韓会合で

      20180624000059

       【蘇州共同】日中韓3カ国の環境相による全体会合が24日、中国江蘇省蘇州で開かれ、中川雅..... [ 記事へ ]