出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

卵子の元、ES細胞から作る 京大、マウスで仕組み解明

卵母細胞のできる過程
卵母細胞のできる過程

 卵子の元となる「卵母細胞」ができるのに必要なビタミンなどを、京都大医学研究科の斎藤通紀教授と大学院生の宮内英孝さんらがマウスのES細胞(胚性幹細胞)を使って突き止めた。ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から卵母細胞を作る技術に応用できる可能性がある。国際科学誌に19日、発表した。

 卵子と精子はいずれも「始原生殖細胞」からできる。しかし始原生殖細胞から卵子や精子になるのに必要な因子が不明なため、卵巣や精巣の細胞と一緒に培養する必要があった。

 グループは、増殖させた始原生殖細胞が次の段階である「卵母細胞」になるために必要なタンパク質などを検索。結果、骨形成因子BMPとビタミンAを受精後10~12日に加える必要があると判明した。卵母細胞が卵子になるのに必要な特殊な細胞分裂「減数分裂」の開始も確認できた。BMPとビタミンAを加えるタイミングがずれると、正常な発生はなかった。

 今後は、卵母細胞から卵子になる過程に必要な因子や、精子の元となる細胞のできるメカニズムを解明したいという。斎藤教授は「ヒトとマウスでは発生の仕組みで違いがある」とした上で、「ヒトの生殖細胞を試験管内で作る技術にも応用したい」としている。

【 2017年09月19日 20時20分 】

ニュース写真

  • 卵母細胞のできる過程
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      大雪山連峰で山開き縦走登山会
      残雪の中にかれんな花々、北海

      20180624000080

       北海道の大雪山連峰で24日、山開き縦走登山会があった。霧が出てあいにくの天気だったが、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本陸上200m、飯塚と福島V
      110障害の金井ら日本新

      20180624000066

       ジャカルタ・アジア大会代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権最終日は24日、山口市の維新み..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の国際会議10・8%増 4年連続で最多更新

      20180624000034

       京都市内で2017年に開かれた国際会議は前年比10・8%増の308件だったと、京都文化..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      焼肉ドラゴン、パンク侍… 京都撮影の映画、続々と公開

      20180624000036

       京都で撮影された映画の公開が近年にないペースで相次いでいる。在日コリアンの家族を主人公..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発事故の除染進展強調
      中川環境相、日中韓会合で

      20180624000059

       【蘇州共同】日中韓3カ国の環境相による全体会合が24日、中国江蘇省蘇州で開かれ、中川雅..... [ 記事へ ]