出版案内
福祉事業団

ヒトの生殖細胞形成、iPSで過程解明  京大などが解明

 ヒトの生殖細胞が形成されるメカニズムの一端を、京都大の斎藤通紀・医学研究科教授や小島洋児・iPS細胞研究所助教らのグループが、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って解明した。同じ哺乳類でもヒトとマウスでは、初期の生殖細胞が作られる過程で異なる遺伝子が機能していた。不妊症の原因解明にもつながる成果で、米科学誌セル・ステムセルで6日発表する。

 ヒトの精子や卵子などの生殖細胞が受精卵から体内でどのようなメカニズムで形成されるかを実際に観察することは難しい。斎藤教授らは、ヒトiPS細胞から初期の生殖細胞である始原生殖細胞をシャーレ上で作製することにすでに成功しており、その過程を詳しく解析した。

 その結果、ヒト始原生殖細胞ができるには4種類の遺伝子の働きが必須であることを突き止めた。このうち、腸の形成などにも関与するEOMES遺伝子は最も早い時期から機能し、生殖細胞形成の鍵となる役割を担っていることも分かった。

 マウスの場合も四つの遺伝子が必須だが、ヒトと共通する遺伝子は二つだけだった。斎藤教授は「ヒトとマウスでは、生殖細胞ができるメカニズムが異なることが分かった。ヒトiPS細胞から精子や卵子を作製し、その形成過程の全容を明らかにしたい」と話している。

【 2017年10月06日 01時10分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      G20大阪開催を正式発表
      菅官房長官

      20180221000069

       菅義偉官房長官は21日の記者会見で、日本で初めての開催となる2019年の20カ国・地域..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大久保、国武は予選敗退
      スノーボード・21日

      20180221000083

       スノーボード新種目の男子ビッグエア予選で、17歳の大久保勇利(ムラサキスポーツ)と16..... [ 記事へ ]

      経済

      ベネズエラ、仮想通貨流通を開始
      財政危機の打開図るも疑問視

      20180221000075

       【リオデジャネイロ共同】南米ベネズエラの反米左翼マドゥロ政権は20日、独自の仮想通貨「..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      150キロ、こんなに大きい 京都・力奉納の餅展示

      20180221000071

       巨大な餅を持ち上げる時間を競う「餅上げ力奉納」が23日に醍醐寺(京都市伏見区)で行われ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大間原発、進捗率4割弱
      規制委の審査長引く

      20180221000070

       電源開発(Jパワー)は21日、青森県大間町で建設中の大間原発を報道陣に公開した。運転開..... [ 記事へ ]