出版案内
福祉事業団

今季のインフルワクチン原則1回
不足懸念で厚労省呼び掛け

 今季の流行に備えたインフルエンザワクチンの製造量が昨年度の使用量を下回る見通しとなったのを受けて、厚生労働省は6日、13歳以上はワクチンの接種回数を原則1回とすることを徹底し、効率的に使うよう呼び掛けた。

 今季はワクチン株の決定が遅れ、製造量が減る見通しで、不足する懸念が出ている。11月ごろに出荷のペースが鈍ることが想定されるため、国は前倒しを要請することも検討している。

 厚労省は都道府県に対し、13歳以上の接種は1回が原則であることを周知するように通知、ワクチンの供給状況を把握することを求めた。13歳未満は2回接種となっており変更はない。

【 2017年10月06日 18時41分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      被爆体験者の敗訴確定
      最高裁、387人認めず

      20171218000080

       原爆投下時に国が指定する地域の外にいたため被爆者と認められない「被爆体験者」388人が..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      平幕宝富士が9月の結婚を発表
      24歳の歯科助手と

      20171218000076

       大相撲の平幕宝富士(30)=本名杉山大輔、青森県出身、伊勢ケ浜部屋=が18日、東京都江..... [ 記事へ ]

      経済

      JR北海道への支援、国に要請
      鉄道路線の維持で高橋知事

      20171218000074

       経営難に苦しむJR北海道の鉄道路線を維持するため、北海道の高橋はるみ知事は18日、石井..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      スイス村でスキー場開き 京都・京丹後

      20171218000056

       京都府京丹後市弥栄町野中のスイス村スキー場で17日、スキー場開きが行われ、関係者がシー..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      金融知識フル活用、守山高V エコノミクス甲子園滋賀大会

      20171218000025

       高校生が金融や経済の知識を競う「エコノミクス甲子園」の滋賀大会が17日、大津市のホテル..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      高校生招きiPS細胞実験教室
      作製10周年、記念イベント

      20171217000111

       京都大iPS細胞研究所は17日、山中伸弥教授による人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)作..... [ 記事へ ]