出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

今季のインフルワクチン原則1回
不足懸念で厚労省呼び掛け

 今季の流行に備えたインフルエンザワクチンの製造量が昨年度の使用量を下回る見通しとなったのを受けて、厚生労働省は6日、13歳以上はワクチンの接種回数を原則1回とすることを徹底し、効率的に使うよう呼び掛けた。

 今季はワクチン株の決定が遅れ、製造量が減る見通しで、不足する懸念が出ている。11月ごろに出荷のペースが鈍ることが想定されるため、国は前倒しを要請することも検討している。

 厚労省は都道府県に対し、13歳以上の接種は1回が原則であることを周知するように通知、ワクチンの供給状況を把握することを求めた。13歳未満は2回接種となっており変更はない。

【 2017年10月06日 18時41分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      山本太郎氏らが垂れ幕
      参院本会議、カジノ反対で

      20180720000215

       カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法が採決された20日の参院本会議で、同法の成..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      高校野球滋賀大会が日程変更  猛暑で健康面配慮

      20180720000219

       滋賀県高野連は20日、皇子山球場で21日から予定していた高校野球滋賀大会の3回戦以降の..... [ 記事へ ]

      経済

      宿泊税で京都の地下鉄整備を 鉄道ジャーナリスト梅原氏

      20180720000165

       京都政経文化懇話会7月例会が20日、京都市中京区のホテルであり、鉄道ジャーナリストの梅..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      酷暑なんの「エンヤラヤー 」 祇園祭後祭曳初め

      20180720000157

       祇園祭後祭(あとまつり)の山鉾巡行(24日)を前に、組み上がって懸装(けそう)品を飾り..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      酒米の吸水、杜氏の勘を可視化 伏見酒造組合と大ガス

      20180720000171

       京都・伏見の清酒メーカーでつくる伏見酒造組合と大阪ガスは20日、画像認識技術を使い、酒..... [ 記事へ ]