出版案内
福祉事業団

今季のインフルワクチン原則1回
不足懸念で厚労省呼び掛け

 今季の流行に備えたインフルエンザワクチンの製造量が昨年度の使用量を下回る見通しとなったのを受けて、厚生労働省は6日、13歳以上はワクチンの接種回数を原則1回とすることを徹底し、効率的に使うよう呼び掛けた。

 今季はワクチン株の決定が遅れ、製造量が減る見通しで、不足する懸念が出ている。11月ごろに出荷のペースが鈍ることが想定されるため、国は前倒しを要請することも検討している。

 厚労省は都道府県に対し、13歳以上の接種は1回が原則であることを周知するように通知、ワクチンの供給状況を把握することを求めた。13歳未満は2回接種となっており変更はない。

【 2017年10月06日 18時41分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      声からし「最後のお願い」 衆院選、京都・滋賀の街頭

      20171021000148

       衆院選(22日投開票)の選挙運動が最終日を迎えた21日、京都や滋賀の候補者がそれぞれの..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、酒井高はフル出場
      ハンブルガーSV0―1で敗れる

      20171022000018

       【ハンブルク(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで酒井高徳と伊藤達哉のハンブルガ..... [ 記事へ ]

      経済

      ハロウィーン、幅広い年代に 京都で商戦活況

      20171021000136

       31日のハロウィーンに向け、京都の百貨店や商業施設で関連グッズの販売が本格化している。..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      神輿練り歩き、お祭りムード 京都・亀岡祭のおいで祭り

      20171021000086

       亀岡祭の本祭に向けて、京都府亀岡市上矢田町の鍬山神社からご神体を横町の御旅所・形原神社..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]