出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

母チンパンジーも「産休」 京大発表、雄の子殺し逃れか

タンザニアの森で1カ月群れを離れた後、戻って子育てする野生チンパンジーの母子(中村准教授提供) 
タンザニアの森で1カ月群れを離れた後、戻って子育てする野生チンパンジーの母子(中村准教授提供) 

 野生チンパンジーの雌は出産時に群れから離れる「産休」を取る傾向があることが、京都大理学研究科の西江仁徳研究員や中村美知夫准教授らのグループの調査で分かった。雄による子殺しから逃れるための戦略だとも考えられるという。米科学誌で6日発表した。

 野生チンパンジーは不定期に群れから離れて行動する習慣があることが知られている。研究者の間では、出産前後の雌はその傾向が特に顕著になるといわれていたが、実証はされていなかった。

 グループは、中央アフリカのタンザニア・マハレで行われた過去21年分の観察研究のデータを詳しく解析した。その結果、確認できた94件の出産のうち9割以上の89件で雌は群れから離れていた。期間は平均約23日で、約半年も群れを不在にしたケースもあった。

 チンパンジーをはじめライオンやネズミ、イルカなどの哺乳類では、生まれたばかりの子を雄が殺してしまう事例が確認されている。雄が血縁のない子を殺して雌の排卵の再開を早めさせ、繁殖上の利益を得るためなどと考えられている。西江研究員は「チンパンジーは群れから離れて出産することで、子殺しのリスクを減らしている可能性がある」と話している。

【 2017年10月06日 23時02分 】

ニュース写真

  • タンザニアの森で1カ月群れを離れた後、戻って子育てする野生チンパンジーの母子(中村准教授提供) 
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      架空請求はがき、京都で大量に送付 裁判におわせ現金詐取

      20180625000195

       法務省などをかたった架空請求はがきが、京都府内の高齢者宅に大量に送りつけられている。「..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯、スイスのシャカらに罰金
      セルビア戦でのゴール後の行動

      20180626000009

       【モスクワ共同】国際サッカー連盟(FIFA)規律委員会は25日、スイスのシャカとシャキ..... [ 記事へ ]

      経済

      東京海上、アジア強化へM&A
      収益源を多様化

      20180626000001

       東京海上ホールディングスの永野毅社長(65)は25日までに共同通信のインタビューに応じ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      真夏の暑さ、茅の輪くぐり息災願う 京都・北野天満宮

      20180625000102

       本格的な夏の到来を前に、無病息災を願う「大茅(ち)の輪くぐり」が25日、京都市上京区の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      放射線監視装置の撤去先送りも
      説明会で反対意見相次ぎ、福島

      20180625000176

       原子力規制委員会は25日、東京電力福島第1原発事故後に福島県内に設置した放射線監視装置..... [ 記事へ ]