出版案内
福祉事業団

母チンパンジーも「産休」 京大発表、雄の子殺し逃れか

タンザニアの森で1カ月群れを離れた後、戻って子育てする野生チンパンジーの母子(中村准教授提供) 
タンザニアの森で1カ月群れを離れた後、戻って子育てする野生チンパンジーの母子(中村准教授提供) 

 野生チンパンジーの雌は出産時に群れから離れる「産休」を取る傾向があることが、京都大理学研究科の西江仁徳研究員や中村美知夫准教授らのグループの調査で分かった。雄による子殺しから逃れるための戦略だとも考えられるという。米科学誌で6日発表した。

 野生チンパンジーは不定期に群れから離れて行動する習慣があることが知られている。研究者の間では、出産前後の雌はその傾向が特に顕著になるといわれていたが、実証はされていなかった。

 グループは、中央アフリカのタンザニア・マハレで行われた過去21年分の観察研究のデータを詳しく解析した。その結果、確認できた94件の出産のうち9割以上の89件で雌は群れから離れていた。期間は平均約23日で、約半年も群れを不在にしたケースもあった。

 チンパンジーをはじめライオンやネズミ、イルカなどの哺乳類では、生まれたばかりの子を雄が殺してしまう事例が確認されている。雄が血縁のない子を殺して雌の排卵の再開を早めさせ、繁殖上の利益を得るためなどと考えられている。西江研究員は「チンパンジーは群れから離れて出産することで、子殺しのリスクを減らしている可能性がある」と話している。

【 2017年10月06日 23時02分 】

ニュース写真

  • タンザニアの森で1カ月群れを離れた後、戻って子育てする野生チンパンジーの母子(中村准教授提供) 

2017衆院選 開票速報

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      愛知・西尾の開票繰り下げ
      荒天で離島の投票箱運べず

      20171023000141

       台風21号の影響で、22日の即日開票を延期した愛知県西尾市(愛知12区)は23日、開票..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      初防衛果たした両王者が会見
      一夜明け安堵の比嘉、拳四朗

      20171023000149

       世界ボクシング評議会(WBC)のタイトルマッチでともに初防衛に成功したフライ級の比嘉大..... [ 記事へ ]

      経済

      ハロウィーン、幅広い年代に 京都で商戦活況

      20171021000136

       31日のハロウィーンに向け、京都の百貨店や商業施設で関連グッズの販売が本格化している。..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      檜皮や庭石確保に職人奔走 京都のウラ側で

      20171023000124

       半世紀ぶりの屋根のふき替えが進む京都市東山区の国宝、清水寺の本堂。約2千平方メートルの..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]