出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

太陽フレア、海側に停電リスク 京大が数理モデル

太陽フレアに伴い送電網へ流れ込む電流(GIC)の大きさを解析した図。黒い丸の大きさが電流量を表している(中村研究員提供)
太陽フレアに伴い送電網へ流れ込む電流(GIC)の大きさを解析した図。黒い丸の大きさが電流量を表している(中村研究員提供)

 太陽表面の爆発現象「太陽フレア」が起こった際に、日本国内の送電網へ流れ込む電流量を解析する数理モデルを、京都大生存圏研究所の中村紗都子研究員らのグループが開発した。海岸沿いで特に大きな電流が発生し、停電のリスクが高いことが分かった。京都府宇治市で開催されている地球電磁気・地球惑星圏学会で19日発表する。

 大規模な太陽フレアが起こると磁気嵐が発生し、そのために送電網へ外から電流が流れ込んで変圧器の損傷などを引き起こすことがある。1989年の大磁気嵐ではカナダで大規模停電が発生し、今年9月の磁気嵐でも影響が警戒された。これまで、日本は低中緯度にあるため磁気嵐の影響は少ないとされてきたが、詳細な検討はなかった。

 グループは、海に囲まれた陸地の形状や複雑な地下構造を考慮した上で、日本の送電網の数理モデルを新たに開発した。解析結果では、電流を通しやすい海水と通しにくい陸地との境界にある海岸線付近では磁気嵐による電流量が大きくなる傾向にあり、特に送電線が集中する関東や関西の都市部では増大していた。

 中村研究員は「磁気嵐によって送電網が受ける影響について、海岸線に囲まれた日本は、大陸上にある地域とは異なる特徴があることが分かった。さらにモデルを改良し、電力網の被害予測につなげていきたい」と話している。

【 2017年10月19日 08時58分 】

ニュース写真

  • 太陽フレアに伴い送電網へ流れ込む電流(GIC)の大きさを解析した図。黒い丸の大きさが電流量を表している(中村研究員提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      特急と接触か、5歳弟死亡
      石川・小松、JR北陸線

      20180525000215

       25日午後6時50分ごろ、石川県小松市のJR北陸線粟津駅付近の線路に「人が倒れている」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バドミントン日本男女とも決勝へ
      団体の国別対抗戦

      20180525000148

       【バンコク共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユ..... [ 記事へ ]

      経済

      カキのノロウイルス、極小の泡で除去 京都の企業が開発

      20180525000198

       電子部品メーカーのトスレック(京都市南区)は25日、極小の泡を使ってカキの内部からノロ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      時代劇・朝ドラ、小道具担い100年 京都・高津商会の歴史

      20180525000098

       旗本退屈男、水戸黄門、必殺仕事人といった京都発の時代劇からNHK連続テレビ小説、「新婚..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      沖縄、推薦取り下げ了承へ
      世界遺産の登録延期勧告で

      20180525000210

       世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)に..... [ 記事へ ]