出版案内
福祉事業団

凡語:経ケ岬灯台

 きょうは「あかりの日」。米国の発明家エジソンが白熱電球を実用化した日にちなむ。京都府北部の丹後半島では経ケ岬灯台が夜の海を照らし続ける▼明治時代に海運振興政策の一環で近畿地方最北の地に建設された。塔や建物の石材は140メートル下の海岸から切り出され、運び上げる作業には地域の住民も協力した難工事だった▼全国で5灯台にしかない第1等レンズを使用し、40キロ先まで光を届ける。レンズの重さは5トンもある。安定して回転させる水銀槽式回転機械は国内最古の外国製で、今も現役だ▼約30年前まで海上保安庁職員が住み込みで点消灯させていた。古い写真には宿舎が立ち、三輪車に乗る幼子の姿も見られる。現在は舞鶴海上保安部が遠隔で24時間管理に当たる▼科学技術が進歩し衛星利用測位システム(GPS)で自分の位置が分かる時代。でも「船乗りに灯台は欠かせない。真っ暗な海で光に安心する」と舞鶴海保の担当者は説く。陸地を感じる目印となり、光の個性で母港が分かるという。あかりの意外な力を教えられる▼灯台は来年で開設から120年になる。恒例の内部公開は28日にあり、迫力あるレンズを間近で見られる。海保では「守灯精神」が受け継がれてきた。崖上に立つ姿を現地で目にし、その歴史や精神を強く感じた。

[京都新聞 2017年10月21日掲載]

【 2017年10月21日 16時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      57年「砂川事件」土屋氏が講演
      「沖縄の大きな負担知って」

      20180224000136

       東京都砂川町(現立川市)で旧米軍立川基地の拡張に反対し、基地に立ち入ったとして有罪とさ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      近江高、今季初の紅白戦 鍛錬の成果アピール

      20180224000146

       選抜高校野球開幕まで1カ月を切った24日、近江は同高グラウンドで大会に向けて初の紅白戦..... [ 記事へ ]

      経済

      大手が注目、京大発半導体ベンチャー 社長はバイオ専攻

      20180224000031

       京都大発の半導体ベンチャーFLOSFIA(フロスフィア、京都市西京区)が、大手メーカー..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      陽気誘われ春の香り 京都・滋賀各地で梅見頃

      20180224000128

       連日の陽気に誘われ、京滋各地で梅が見頃を迎えている。約150本が並ぶ京都市下京区の梅小..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      新設の御所東小で内覧会 京都、児童増で4月開校

      20180224000137

       4月に開校する京都市上京区の御所東小で24日、校舎の内覧会があり、地元住民や保護者らが..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]