出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都の紅葉から千年超の気温分析 低温期や温暖化影響

日記などから推定する10月の平均気温
日記などから推定する10月の平均気温

 京都の紅葉(カエデ)の見頃は過去1千年超の中でどう変化してきたか。大阪府立大の青野靖之准教授(農業気象学)は、平安貴族の日記などを分析し、紅葉の時期に関係する秋の気温推定を進めている。見頃が早い年が多かった15世紀半ばや19世紀初頭は低温期だったとみられ、太陽活動が周期的に弱かった影響も考えられる。戦後は見頃が遅くなる傾向があり、温暖化の影響が大という。

 「西山の辺り、紅葉を見る」。999年10月28日(太陽暦換算)の藤原道長の御堂関白記には、こう記されている。1226年11月7日の藤原定家の明月記には「紅葉之盛」とある。

 こうした日記や明治以降の新聞を基に、918~2012年の間で計503年分の紅葉日データを収集。具体的には(1)紅葉の盛り(2)紅葉を見た(3)紅葉した枝を進上した-記述と、(4)紅葉が詠まれた詩歌を集めた。同じ年に複数の記述がある場合は、盛りを明記した(1)から順に選んだ結果、(1)236年分(2)203年分(3)28年分(4)36年分が得られた。

 15世紀と17~20世紀は50年超のデータが集まり、紅葉日は11月16日の前後10日間を中心に推移した。

 さらに、まだ温暖化の影響が少なかった1896~1925年に実際に観測された気温と紅葉日の関係を基に、それ以外の時代でも紅葉日から気温を推定できる数式を作成。10月の推定平均気温をグラフ化した。

 おおむね14~17度台で推移する中、15世紀半ばと19世紀初頭に比較的低温期がみられ、それぞれ太陽活動が周期的に弱まった「シュぺーラー極小期」「ドルトン極小期」にあたるという。

 また、戦後は見頃が11月下旬になる年が増え、「都市のコンクリート化などによる温暖化の影響」とみる。

 青野准教授は、京都のヤマザクラの満開日なども分析し、春の気温の変遷を推定。紅葉と同様、太陽活動が弱まると気温が低くなる傾向があったという。「1千年前からの日記が脈々と残る京都でしかできない調査。太陽活動の盛衰がこれだけデータ的に現れるとは予想外だった」と話す。

 過去の紅葉日などのデータは同研究室のホームページhttp://atmenv.envi.osakafu-u.ac.jp/aono/で公開している。

【 2017年11月03日 12時10分 】

ニュース写真

  • 日記などから推定する10月の平均気温
  • 青野靖之准教授
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      横浜で「宇都宮餃子祭り」
      16店、魅力アピール

      20180420000122

       宇都宮市のギョーザ店16店舗が集まる「宇都宮餃子祭り」が20日、横浜市中区の横浜赤レン..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      春巡業、関脇栃ノ心は順調
      大関とりへ「やってやる」

      20180420000127

       大相撲の春巡業は20日、東京都町田市で行われ、夏場所(5月13日初日・両国国技館)で初..... [ 記事へ ]

      経済

      「昭和」の競輪場、台湾人集客 京都向日町、老朽化逆手に

      20180420000028

       京都向日町競輪場(京都府向日市寺戸町)は、外国人観光客を呼び込もうと、日本の文化やレジ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      世界遺産築いた棟梁、中井正清 京都で肖像画公開

      20180420000130

       江戸初期に二条城(京都市中京区)や京都御所(上京区)などの建築に携わった大工棟梁(とう..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      巨大ナメクジ1都7県に拡大か 京大助教が目撃情報収集

      20180420000115

       雨上がり、外に出てふと物陰を見るとのっそりはっている姿に気づきぞっとする-。ナメクジが..... [ 記事へ ]