出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「リアル×バーチャル」連獅子 芝翫さん親子が映像伝送実験

芝翫さん(右から2人目)と離れた場所にいる3人の子息が同じ舞台で演じているように見えた「リアル×バーチャル 四人連獅子」=京都市中京区・先斗町歌舞練場
芝翫さん(右から2人目)と離れた場所にいる3人の子息が同じ舞台で演じているように見えた「リアル×バーチャル 四人連獅子」=京都市中京区・先斗町歌舞練場

 京都市中京区の先斗町歌舞練場で踊る歌舞伎俳優の中村芝翫(しかん)さん(52)。その横の3人の子息は、実は1・5キロ離れた宮川町歌舞練場(東山区)で同時に踊っているが、あたかも同じ舞台に並んでいるように見える-。東京五輪の2020年に向け、NTTなどがこのほど、疑似3D映像の伝送実験を京都で行った。スポーツやコンサート、演劇などを、離れた場所でも臨場感たっぷりに楽しめるシステムを目指す。

 NTTと松竹が披露した世界初という「リアル×バーチャル 四人連獅子」。宮川町の舞台で踊る橋之助さん(21)、福之助さん(20)、歌之助さん(16)兄弟を撮影した映像が、リアルタイムで先斗町の舞台の透明スクリーンに上映される。先斗町にいる芝翫さんと一緒に約20分間、連獅子の前半を一緒に踊った。

 時間差はほぼ気にならず、踊りに合わせて獅子ゆかりのボタンの花や、長唄の詞章も舞台に投影される。12月の京都・顔見世興行で襲名を披露する芝翫さんは「離れた場所にいるのに、こんなにうまく踊れるとは思わなかった。こうした試みをもっと歌舞伎に取り入れたら面白い」と話した。

 伝送システムは、ブルーバックなど特殊な背景を撮影時に使わなくても、注目したい人物などの被写体を瞬時に切り出し、別会場に光回線で送れる。

 将来的には、チケットが完売になるような人気のスポーツやコンサート、演劇などの公演での活用を想定する。NTTは「東京五輪の頃には、別会場にいながら目の前で繰り広げられているようなライブ映像体験を提供したい」としている。

【 2017年11月15日 17時00分 】

ニュース写真

  • 芝翫さん(右から2人目)と離れた場所にいる3人の子息が同じ舞台で演じているように見えた「リアル×バーチャル 四人連獅子」=京都市中京区・先斗町歌舞練場
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      京都・向日町競輪場、ガラス散乱 大阪北部地震で開催中止

      20180618000198

       18日発生した大阪北部地震の影響で、JR向日町駅(寺戸町)では、改札口付近の支柱が破損..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      スウェーデン1―0韓国
      スウェーデンが押し切る

      20180618000196

       終始優勢に試合を進めたスウェーデンが押し切った。得意の速攻が威力を発揮する展開にはなら..... [ 記事へ ]

      経済

      タンスに眠る着物シェア 京都の起業家が新ビジネス

      20180618000164

       タンスに眠っている着物を預かり、所有者間で互いに利用してもらうビジネス「シェアクロゼッ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      重文モダン住宅も土壁など被害 大阪北部地震

      20180618000187

       京都府教育委員会と京都市の両文化財保護課によると、国宝や重要文化財の地震被害では18日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      政府調査委、地震断層の見解出ず
      震度6弱で臨時会合

      20180618000163

       大阪府北部で18日朝に最大震度6弱を記録した地震を受けて、政府の地震調査委員会(委員長..... [ 記事へ ]