出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

iPSでアルツハイマー予防薬 京大、組み合わせ候補発見

実験のイメージ
実験のイメージ

 アルツハイマー病の原因物質の生産を抑制する既存薬の組み合わせを、京都大iPS細胞研究所の井上治久教授や近藤孝之助教のグループが、患者のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製した神経細胞を用いた実験で見つけた。今後、動物実験で予防などの効果や安全性を詳しく検証する。米科学誌セル・リポーツで22日発表する。

 アルツハイマー病は、大脳皮質の神経細胞が作るタンパク質断片「アミロイドβ(ベータ)」が脳内に過剰に蓄積することが発症原因の一つと考えられている。アミロイドβを減らす新規薬剤の開発が世界的に進められているが、副作用などの課題から製品化には至っていない。

 グループは、患者由来のiPS細胞から作製した神経細胞に1258種類の既存薬を投与し、アミロイドβの生産量を最も効率的に減らす3種類を突き止めた。パーキンソン病の治療薬「プロモクリプチン」、ぜんそくの「クロモリン」、てんかんの「トピラマート」で、これらの混合剤は9人の患者の神経細胞が作るアミロイドβをそれぞれ30%以上減らす効果があることを確認した。

 3種の薬剤は既存薬として一定の安全性が認められているために、新規物質に比べて医療応用しやすいという。

 井上教授は「今後、動物実験を進めるとともに、これらの薬剤がアミロイドβの量を減らすメカニズムを解明していきたい」と話している。

【 2017年11月22日 07時38分 】

ニュース写真

  • 実験のイメージ
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      新潟の小2女児に「忘れないよ」
      殺害事件発生から2週間

      20180521000044

       新潟市の小学2年大桃珠生さん(7)殺害事件は21日で発生から2週間、容疑者の逮捕から1..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      松山英樹は66と伸ばし16位
      米男子ゴルフ、ワイズ初V

      20180521000052

       【ダラス共同】米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソンは20日、ダラスのトリニティフォ..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・洛西口駅西側に複合施設 ホテルや商業ゾーン計画

      20180520000137

       阪急洛西口駅西側にホテルを含む複合型施設を誘致することを、京都府向日市の地権者でつくる..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      綾杉文様の棺、四半世紀ぶりに 京都・山城郷土資料館で展示

      20180521000025

       京都府宇治市の金比羅山古墳で出土した5世紀前半の円筒棺がこのほど修復され、木津川市山城..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      毎日レモン食べれば健康?
      広島、産地の島が検証へ

      20180521000017

       毎日のレモンは健康維持に効果がある―。こんな仮説が、レモン生産が盛んな広島県大崎上島町..... [ 記事へ ]