出版案内
福祉事業団

環境と調和の都市文明へ宣言 京都議定書20周年

京都議定書誕生20周年を記念して「京都宣言」を発表した地球環境京都会議(10日午後5時40分、京都市左京区・国立京都国際会館)
京都議定書誕生20周年を記念して「京都宣言」を発表した地球環境京都会議(10日午後5時40分、京都市左京区・国立京都国際会館)

 先進国に温室効果ガスの削減義務を課す京都議定書の誕生20周年を記念する「地球環境京都会議」が10日、京都市左京区の国立京都国際会館で開かれた。京都議定書とパリ協定を踏まえ、環境と調和した持続可能な都市文明の構築を目指す「京都宣言」を発表した。

 京都議定書は1997年12月11日に京都市で開かれた気候変動枠組み条約第3回締約国会議(COP3)で採択された。昨年発効したパリ協定は、今世紀後半の温室効果ガス排出実質ゼロを掲げ、途上国も取り組む枠組みとなった。

 地球環境京都会議はCOP3の会場となった京都国際会館で「気候変動への更なる挑戦 京都議定書からパリ協定へ」をテーマに京都市が開催し、18の国・地域から約1千人が参加した。

 京都宣言には温室効果ガスの大排出源である都市の「責務」が盛り込まれた。都市は国家や市場の原理に任せるだけでなく、権限と財源を確保した上でリーダーシップを発揮する必要があると明記された。

 基調講演で、総合地球環境学研究所の安成哲三所長が「各国の都市や企業体が協働する『真の低炭素化』が求められている」と強調した。分科会は、環境問題に取り組む世界1500以上の都市でつくる国際組織「イクレイ」のジノ・ヴァン・ベギン世界事務局長や加盟自治体の代表のほか、アルピニストの野口健さんなどが参加した。都市間連携などの3テーマで議論した。

【 2017年12月11日 12時20分 】

ニュース写真

  • 京都議定書誕生20周年を記念して「京都宣言」を発表した地球環境京都会議(10日午後5時40分、京都市左京区・国立京都国際会館)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      自然保護団体、二審も敗訴
      北海道・希少ウサギめぐる訴訟

      20180117000098

       北海道新得町の佐幌岳でのスキー場開発で、準絶滅危惧種のエゾナキウサギの生息地が失われる..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      清宮は1軍スタート
      日ハム、キャンプ振り分け

      20180117000095

       日本ハムは17日、春季キャンプの1、2軍の選手振り分けを発表し、注目のドラフト1位新人..... [ 記事へ ]

      経済

      冷凍倉庫跡であったか鍋パーティー 京都の食品会社が新サービス

      20180117000083

       京都市中央卸売市場第一市場(京都市下京区)近くの冷凍倉庫跡を鍋パーティーに貸し出す「ナ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の町工場から世界へ インテリアの「パリ・コレ」初出展

      20180117000051

       フランス・パリで開かれる世界最大級のインテリア見本市「メゾン・エ・オブジェ」(19~2..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      米軍医は「提供してもらった」 <持ち去られた被爆者資料>

      20180116000114

       核エネルギーが原爆投下という人類史上に刻まれる悪夢になった1945年。多くの広島・長崎..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS移植で「有害事象」 網膜に合併症、新たに手術

      20180116000183

       理化学研究所などのチームは16日、他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った移植手術..... [ 記事へ ]