出版案内
福祉事業団

三重で世界2匹目の珍しいハチ
各地で発見の可能性も

 見つかったホソクビカマバチ属の一種(三田敏治助教提供)
 見つかったホソクビカマバチ属の一種(三田敏治助教提供)

 三重県総合博物館(津市)は12日、国内で生息が確認されていない珍しいハチが同館の敷地で見つかったと発表した。イネの害虫として知られるウンカやヨコバイに寄生するホソクビカマバチ属の一種で、1997年に中国雲南省で発見されて以来、世界で2匹目としている。

 同博物館は「三重での発見は、この種が好む照葉樹林が多く残されているためと考えられ、各地で発見の可能性もある。分布や生態の解明が期待される」としている。

 同博物館によると、見つかったハチは体長約5ミリ。9月9日、敷地内の林で、昆虫調査に参加していた九州大の大学院生が採取した。

【 2017年12月12日 20時36分 】

ニュース写真

  •  見つかったホソクビカマバチ属の一種(三田敏治助教提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      自然保護団体、二審も敗訴
      北海道・希少ウサギめぐる訴訟

      20180117000098

       北海道新得町の佐幌岳でのスキー場開発で、準絶滅危惧種のエゾナキウサギの生息地が失われる..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      清宮は1軍スタート
      日ハム、キャンプ振り分け

      20180117000095

       日本ハムは17日、春季キャンプの1、2軍の選手振り分けを発表し、注目のドラフト1位新人..... [ 記事へ ]

      経済

      冷凍倉庫跡であったか鍋パーティー 京都の食品会社が新サービス

      20180117000083

       京都市中央卸売市場第一市場(京都市下京区)近くの冷凍倉庫跡を鍋パーティーに貸し出す「ナ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の町工場から世界へ インテリアの「パリ・コレ」初出展

      20180117000051

       フランス・パリで開かれる世界最大級のインテリア見本市「メゾン・エ・オブジェ」(19~2..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      米軍医は「提供してもらった」 <持ち去られた被爆者資料>

      20180116000114

       核エネルギーが原爆投下という人類史上に刻まれる悪夢になった1945年。多くの広島・長崎..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      決断の前、家族の思い交錯 <変わる生の形・脳死と救い>

      20180117000096

       交通事故にあったという電話を受けて病院に駆けつけると、妻はベッドの上で眠っているようだ..... [ 記事へ ]