出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

光るつけまつげ、電磁波で発光 立命大教授ら開発

送電機(右手前)からの電磁波を受けて発光するつけまつげ=京都市左京区
送電機(右手前)からの電磁波を受けて発光するつけまつげ=京都市左京区

 音楽に合わせて鮮やかな色の発光ダイオード(LED)が点灯する小型の「光るつけまつげ」を、立命館大理工学部の道関隆国教授と資生堂が共同開発した。重さ約0・2グラムで、電磁波を受信して発光する。実用化は未定だが、パーティーやコンサートなどで新たなファッションとして期待できる。

 「光るつけまつげ」は既に市販されているが、電池やコードが付属している。道関教授らが開発したタイプは、長さ約4センチで直径1ミリと軽量化し、ファッション性の向上に努めた。一定以上の強度で人が電磁波を浴びないよう、電力を制御する送電機も作った。音楽を読み込んで発信を制御することで、リズムを刻んでまつげが発光する。

 人が装着するには安全性の確認や送電技術の向上など課題が残っており、改善に取り組むという。

 資生堂からの依頼を受けて2016年夏から開発に取り掛かった。開発に当たったのは、道関教授をはじめつけまつげや化粧の経験のない男性ばかり。大学院生の西橋毅さん(24)は「女性から助言を得て、電波を受信するアンテナを肌の色に近づけたり、まつげに沿って湾曲させたりと苦労しました」と振り返る。

 人形を使った実演では、まつげが緑や赤に点灯。少し不気味な雰囲気も漂ったが、「周りからの視線を集めて注目されるはず」と西橋さん。「つけまつげをモチーフにした歌もある、きゃりーぱみゅぱみゅさんにもぜひ着けてほしい」

【 2018年01月11日 19時00分 】

ニュース写真

  • 送電機(右手前)からの電磁波を受けて発光するつけまつげ=京都市左京区

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      路上で58歳男性刺される、千葉
      自転車で逃走か

      20180421000008

       20日午後6時45分ごろ、千葉県流山市東初石2丁目の路上で「刺された」と男性から110..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京大アメフット部社団法人、産業ガス大手と契約

      20180420000192

       京大アメリカンフットボール部の一般社団法人「京都大学アメリカンフットボールクラブ」は2..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続落、201ドル安
      アップルが下げ主導

      20180421000005

       【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日続落し、前..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      所有者変遷、伝わる茶道具愛 京都、歴代付属品と展示

      20180420000080

       茶道具は所有者が変遷することが多い。長い間に歴代の所有者が箱や仕覆(しふく)を新調し、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底の岩塊「短期間で化石化」
      頑丈なトンネルに応用も

      20180420000170

       海底に沈んだ生物の死骸を覆って化石化させる球状の岩の塊が、従来考えられていたよりもはる..... [ 記事へ ]