出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

風力発電、湧水など調査求める 滋賀県審査会

 滋賀県米原市と岐阜県関ケ原町にまたがる山林を候補地とする「仮称米原風力発電事業計画」について環境保全の観点から審議する滋賀県環境影響評価審査会が11日、大津市の県合同庁舎で開かれた。イヌワシなどの生態系や湧水など水環境への影響を詳しく調査することを事業者に求めることで意見を集約した。

 事業者が提出した「環境への配慮書」に対する質疑など、昨年12月の同審査会に続く2回目。委員会は鳥類や植物、水質、文化財などの学識経験者12人で構成、11人が出席した。

 審査会では、日本イヌワシ研究会や米原市が県などに提出した意見書も参考に事業者に考えを聞いた。委員からは、イヌワシの調査は最低2年間とする▽工事期間の濁水だけなく、醒井地区の湧水への長期的な影響についても調べる-などを求める意見が出た。

 事業者のジャパン・リニューアブル・エナジー(東京都)は「イヌワシなど稀少(きしょう)生物に重大な影響が回避できない場合は、事業の中止も考えている」と回答した上で、「現地調査を実施した上で判断したい」と述べた。

 県は、審査会の意見を基に「知事意見」をまとめ、月内にも事業者に送付する。今後、事業者は環境影響評価法に基づき環境アセスメントの方法を伝える「方法書」を策定する手続きに入る。県環境保全課によると、一般的に風力発電施設の着工には、配慮書提出から3~5年かかるという。

【 2018年01月11日 22時40分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      地震被災家屋にブルーシート 京都で大雨予報、土砂災害も警戒

      20180619000177

       震度5強の京都府、震度5弱を観測した滋賀県でも20日明け方から昼すぎにかけて大雨になる..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      イニエスタ「監督交代忘れたい」
      スペイン、イランとの第2戦

      20180620000017

       【カザン共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグB組で、20日にイラ..... [ 記事へ ]

      経済

      パナ、家電の海外売上高6割に
      22年度までの目標

      20180619000147

       パナソニックは19日、家電分野の海外売上高比率を2022年度までに6割に引き上げる目標..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国名勝庭園の茶室、壁にひび 大阪北部地震

      20180619000179

       京都府八幡市八幡の国名勝「松花堂庭園」が18日の大阪府北部地震で、府指定文化財の茶室「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      北海道利尻島でヒグマ撮影
      無人カメラに林道歩く姿

      20180619000167

       106年ぶりにヒグマの生息が確認された北海道・利尻島で15日、無人のカメラが林道を歩く..... [ 記事へ ]