出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ゲノム編集を効率化 立命館大など開発、コスト低下に期待

 遺伝子を自由に改変できる「ゲノム編集」を高効率で簡単に行える技術を、立命館大の菅野茂夫助教と徳島大の沢津橋俊講師らが開発した。特定の遺伝子を標的の細胞に組み込みやすくなった。英科学誌サイエンティフィック・リポーツに12日、発表した。

 ゲノム編集は、「クリスパー・キャス9」という技術の登場で、標的細胞から特定の遺伝子を切断する効率が飛躍的に向上した。ただ切断した遺伝子の代わりに別の遺伝子を組み込む際には、誤った場所に入り込む確率が高いなど課題が残っている。

 チームは、ゲノム編集に使う複数の遺伝子の比率を解析し、目的の遺伝子が誤って別の場所に入り込む割合を従来の4分の1まで低下させる条件を突き止めた。さらに特定の遺伝子を組み込む時に用いるRNAを改良し、遺伝子の種類に関わらず同じRNAを使えるようにした。

 菅野助教は「世界で研究が進むゲノム編集のコスト低下につながるはず」と期待する。

【 2018年01月12日 20時40分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      力士と相撲で中1男子けが 京都・舞鶴市長救命の春巡業

      20180423000082

       4日に京都府舞鶴市であった大相撲舞鶴場所で、力士が土俵上で子どもの相手をする「ちびっ子..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯ボランティアの募集開始
      ラグビー、約1万人

      20180423000083

       ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は23日、約1万人の大会ボ..... [ 記事へ ]

      経済

      宇治茶の初市、最高値は1キロ15万円 京都、最多量出品

      20180423000030

       今年の宇治茶の初市が22日、京都府城陽市寺田のJA全農京都茶市場であった。府内の茶業者..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      メタセコイア並木、一斉に新緑 滋賀の観光名所

      20180423000071

       滋賀県高島市マキノ町の観光名所「メタセコイア並木」で、新緑が一斉に芽吹き、すっかり春の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験機器、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]