出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

鳥も鳴き声で視覚イメージ? 京大、シジュウカラで確認

認知能力を確かめる実験
認知能力を確かめる実験

 多彩な鳴き方をするシジュウカラが、ヘビを警戒する仲間の鳴き声を聞くと、ヘビの視覚的なイメージを思い描いている可能性のあることを、京都大生態学研究センターの鈴木俊貴研究員が突き止めた。鳥類でも高い認知能力を持っていることを示す。米科学アカデミー紀要に近く、発表する。

 鈴木研究員はこれまでの研究で、シジュウカラには175種類の鳴き方があることを確認している。中でもヘビを見つけて「ジャージャー」と鳴いている仲間の声を聞くと、ほかの個体が集まってヘビを威嚇すると分かっている。

 長野県や群馬県の山林で、計84羽を対象に調査した。「ジャージャー」というヘビを警戒する鳴き声(ヘビ特異音)をスピーカーから流し、初めに近づいてきた個体を観察した。スピーカーから約3メートル離れた木の幹に沿って、ひもをつけた約20センチの木の枝をヘビのように移動させると、シジュウカラは近づいた。

 ほかの鳴き声を聞いて近づいてきた個体に、幹に沿って枝を動かして見せてもほとんど近づかなかった。ヘビ特異音を聞かせ、枝を揺らすなど違う動きをした場合も同様だった。

 こうした結果から、「ジャージャー」という音を聞いた個体は、ヘビを視覚的にイメージして探していると解釈できるという。鈴木研究員は「ヒトが会話に用いる認知能力は、他の動物も持っているかもしれない」と話す。

【 2018年01月30日 05時10分 】

ニュース写真

  • 認知能力を確かめる実験
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      京都市長、地震発生後に渡仏 被害は確認、記念式典出席へ

      20180619000069

       大阪府北部で起きた地震を受け、京都府は18日、京都市上京区の府庁で災害対策本部会議を開..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      競泳の日本勢、欧州GPから帰国
      17歳池江璃花子「自信つい

      20180619000046

       競泳の欧州グランプリを終えた日本勢が19日、成田空港に帰国した。女子で100メートルと..... [ 記事へ ]

      経済

      京都のホテル、キャンセル相次ぐ 大阪北部地震、開店遅れも

      20180618000180

       大阪府北部を中心に被害が出た地震は、京都、滋賀の経済活動にも影響を及ぼした。交通機関が..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「建築界の宝」も無残 大阪地震、モダン住宅聴竹居の見学中止

      20180619000054

       18日に発生した大阪北部地震で、戦前のモダン住宅として知られる京都府大山崎町の「聴竹居..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      政府調査委、地震断層の見解出ず
      震度6弱で臨時会合

      20180618000163

       大阪府北部で18日朝に最大震度6弱を記録した地震を受けて、政府の地震調査委員会(委員長..... [ 記事へ ]